ホホエマシイ旅人

ムルラバ帯同記2

29日のレース当日。
朝からスコール。
エリートの前に早朝から行われている一般のレースはみんなずぶ濡れ。

b0026633_2248223.jpg


雨が止んだと思ったら、今度は風。
スタート地点のヨットハーバーは、お天気のせいで演歌が似合いそうな寒々しさ。
会場に北京の金メダリスト、スノーシル発見。それも、マイク持ってます。
地元オーストラリアの選手にインタビューしてました。
って、出場予定じゃなかったかいな? スノーシル。
2ヶ月前にサーフィンしてて肋骨怪我したんだって。見たかったのになぁ〜。

b0026633_22535582.jpg


スタート前。選手は腕組みするコーチと最終確認したり、ストレッチしたり。
とりあえず、何をすればいいかしらん?
 タオルでも持って、横に立ってればいいか。おどおど。
ボクシングで、たまに場違いなセコンドがいるでしょ。まさにあんな感じ。ハハハ。

b0026633_22582583.jpg


b0026633_23491.jpg


b0026633_2343045.jpg


毎度のごとく、画伯はきわめてコンパクトなので見つけやすいです。
水泳みたいにコースロープがある訳ではないので、泳ぎだしたらルートの確保と、位置取りで水面下のバトルがあるそうです。現に、レース後の画伯の背中に爪の引っ掻き傷がーーー。こんな傷、ドラマで不倫がばれたシーンでしか見た事ないよ〜。つくづく、トライアスロンはタフなスポーツだと思い知らされます。

レース後、一瞬だけ悔しそうな顔をして、すぐに大きな収穫と課題が見つかったのか、
スーパーポジティブアスリートは満足そうにakaring特製おにぎりを頬張ってました。
どんな時でも常に前を見るのが強い秘密。さすがです。

そして、もちろんこの夜も炭水化物&タンパク質祭り。
オージービーフの特大ステーキで締め。

ムルラバ、楽しかったな〜。
[PR]



by akaring-sun | 2009-03-31 23:14 | トライアスロン

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧