ホホエマシイ旅人

巻かれてしまった

信条。

大きいものには巻かれない。

あまちゃんの春子が言うところの、

「死んでも巻かれない」


クリエイターたるもの、反骨精神を失ったら、身も心も売ったも同然。
しかーし、散らつくマネーの偉大さには萎える。。。


それで、Kでいうところの、大きいものと言えば、SMさん。


初参戦しちゃったよね〜、SMタウン、東京ドーム。

私の信条ってこんな簡単に崩れんのね。


とりあえず、感想を。

やっぱり生の東方神起は別格だった。

Rockなジョンヒョンが偉いカッコいい。

踊りと踊りのつなぎの所作が熊川哲也みたいなウニョクは美しい。

太いものには巻かれないBreak the ruleアンバーが羨ましかった。

袖で東方神起のステージを真剣に見つめるルナに可能性を見た。

そんなにデニムの会社に気を遣わなくてもいいのに、ソシ様。

合間のSM啓蒙ビデオでテンション維持出来ず。あんなに出演者がいるのだから誰かがしゃべってくれた方が嬉しい。

ボアちゃんが稼いだお金でこんなに後輩が育っているよ。と言ってあげたかった。

以上。


4時間半50曲。夢の国。
ディズニーランドに行って来た気分ですよ。

あんなに凄い舞台を見せてくれるのに、一部のファンがプライベートまで制限して彼らの自由を奪っている現状に、泣けて来ましたよ。
舞台上の彼らだけを愛すること。それは出来ないことか?


4万5千人に人酔い気味で。
やっぱり2千くらいが一番良いな〜。 


もう大きいものには巻かれないぜ〜!
[PR]



# by akaring-sun | 2013-10-28 22:37 | 隣のエンタメ

単独コンサ

白状します。


実は、私、チェジュの前にソウルに行ってました。


b0026633_2328457.jpg



Sistar Live Concert S


b0026633_23291512.jpg

えへへ。


なんてたって3連休!
行けちゃいますよ、スケジュール的に!
新幹線で大阪往復するのと変わりないですからね、渡航費。

チケット前売りがinterparkだったんですけど、発売日近くなってもEnglish対応にならなくて、ハングルOnly。ブアガルさんのチケットは当初からEnglish対応で即決出来たんですけど、このSistarは最後までハングルのみ。これが、海外ファンには不満の極み!
韓国全般の予約に言えることなんですけど、申し込む時に名前と住民番号を入れなくちゃいけないんですよ。ハングルが読めたとしても、住民じゃないから申し込めないわけです。これで、今回は出遅れましたよ〜(泣) 発売時間にPCの前に居れたのに。。。良い席があっという間に埋まって行くのを眺めている悲しさと言ったら。。。で、ソウルの同級生にチケットを翌日代わりに取ってもらって、なんとか2階席の最前列をGET!!! ま〜、1階の見きれ席より全体が見渡せるだろうから良いかも!というか、Sistarクラスでも即日完売とならないところは、少々料金設定が若い子にはお高い(日本円で9千円)のと、無料のイベントがたくさんあるから、お金を払って聞きに行くというのはよっぽどの思い入れがないとしないってことですかね。トップアイドルでも厳しいな〜、音楽で食べて行くってことは。

会場に向かうと、入り口前にちょっとレベルが違いますオーラを出している練習生らしき軍団。君たち、私達の前に立つんじゃないぞ。関係者は後ろじゃ。(ブアガルさんの時の悲運を思い出す)

2階席。これが、めちゃめちゃ近い!国際フォーラムの1階席中段くらいの近さ。こんなの味わったらドームなんて無理だな。。。階下に人の集中を浴びている女子二人。KARAのニコルとジヨンだった。あら、お二人にも会えて得した気分〜。

暗くなって、「Give it to Me」でスタート!

新大久保ファンミ以来の生Sistar!!!
ひゃ〜、やっぱりSistarは4人並ぶと本当にバランスが良い!

日本人のファンは大人しいって、よく言われるじゃないですか。音楽番組とか見ていても、韓国のファンの公式応援とか絶叫とか激しくて、ビックリすることが多いでしょう? だから、コンサートもオープニングからとんでもないムーブメントが起きるんじゃないかとビクビクしてたわけです。そしたら、なんと、

着席。


えっ、まじで?
全員に配られたファンクラブ様からのペンライトの振りもまちまち。

ヨロブン、ここは立って踊ってブンブン降らなきゃあかんぜよ〜!

着席でも、我々はノリノリですけど。

サプライズゲストに、なんと、Kwillとペク・チヨン。


同じ事務所のKwillはある程度予測してたけれど、まさか、ペク・チヨンの生歌が聴けるなんて!それも、アイリスのOST「잊지 말아요(忘れないで)」ですよ。
そこに、観客みんなが、「ペク・チヨン」って、公式応援並に揃えて声を掛けたのですよ。これがね〜、泣けた。ちょっと彼女は悲しいこと続きだったでしょう?こんな多勢の前で笑顔で、「後輩のSistar応援してね」なんて、他人のことを気遣う余裕なんてないはずなのに。マイク持つことが幸せ。っていう顔をしてた。本当に歌が好きなんだな〜、この人は。

Sistarもエンジン全開。汗だく。
いつものようにボラちゃんは、甲子園球児のように胸元の汗をガシガシ拭いておりました。おまけに、見ようとしてるわけじゃないけど、なんせ2階席は上からなので、ソユの胸の谷間がストライクで、ええ、拝ませていただきました。羨ましゅうございます。

ソロのステージは、ボラちゃんのイヒョリ姉さんが最高でしたよ。Miss Koreaを持って来るとは!ヒョリンもソユもボーカルアベレージ高いから想像通り羨望のステージ、ダソムのウィスパーボイスもコリーヌベイリーにフィットしてた。ダソムの可愛い顔をちゃんと見たかったのになぜか後ろのスクリーン不調。残念。たまにハウリングしたりで、ちょいとスタッフぬるいぞ、仕事が!

で、後半になったら、なんと4人が警備員連れて客席に。
我々2階席前列でしたので、目の前の通りをボラちゃんが行ったり来たり!

というか、手を伸ばしたら、ちゃんと目を見てハイタッチしてくれたよ!!

ボラちゃん、ありがとうーーー!

そういえば、新大久保のハイタッチで、「メリー・クリスマス〜」って答えてくれたのはボラちゃんだった。

いつもいつも、ありがとう〜。

最後最後で、ソユが「イロナジュセヨーーー(立ってくださいー)」と言って、全員スタンダップ! ここからアンコールまで、私達はマサイジャンプ炸裂! 隣りに座ってたお母さんと中学生くらいの女の子も私達につられてジャンプ! そう出なくっちゃ! 「So Cool」で踊らなくてどーするの!



b0026633_0303968.jpg

b0026633_0304964.jpg

b0026633_0305622.jpg



単独コンサートはやはり楽しい。


b0026633_03132.jpg



Sistar Forever!!!
[PR]



# by akaring-sun | 2013-10-20 00:08 | 隣のエンタメ

ドライブ アイランド 2

b0026633_23372065.jpg

b0026633_23373399.jpg

b0026633_23375014.jpg


カフェではずーっと映画のOSTが心地よく流れてて、「あっ、これ線路歩いてたときの曲!」って、映画の上映時間分座っていたい衝動に駆られる。。。
店員さんがGUESSのTシャツ着てて、笑えた。
あの当時、偽物が出回ってたものね〜。
応答せよ1997でもこのGUESSエピソードが出て来ますね。
このスペルのせいで、どれだけ純朴少年が涙したことか。。。

名残惜しくカフェを出たら、辺りの道はもう真っ暗。
幹線道路まではナビを頼りに石垣に挟まれた細い道を注意深く進行〜。
左見て、右見て、教習車並みにゆっくりGO!
地元の車は、黄色はもちろんGO。赤は止まれなかったらGO。赤で止まったけど青になるのを待ちきれなかったらGO! 自由すぎるだろーー。 ただし至る所にオービスがあって、その度に減速。カメラに狙われちゃ逃げられないもんね。罰金はシビアだね。

さて、チェジュの宿は、Doldam Guest House。
着いてそうそう、「ペゴパヨ〜!」生死の境かってくらいな渾身の叫び。
チェジュのお肉と言ったら、豚肉!
お宿のテラスでジュージュー。
脂身が甘くて豊潤。
エゴマの葉に包んでいただきます。

b0026633_22243964.jpg

b0026633_22244428.jpg


ここのオーナー夫妻のホスピタリティーが穏やかで優しくて。
常に、「どう?」って笑顔で気にかけてくれる。
さすが、トリップアドバイザー90%以上のハイスコア!
レンタカーを運転して宿にやって来る女性は珍しいらしく、ちょっとバックで駐車しただけで「Good Driverね」と褒められた〜。ハハハ。

流してる音楽の趣味も素敵で、IUがニューアルバムでフューチャリングしているベテラン歌手のチョベクホの声がギターの旋律と共に聞こえて来て、車の中でIUの曲を聴いていた私達には、「あっ、あの声!」と、シンクロニシティーに興奮。「チェ・ベクホでしょう? あの音楽」って聞いたら、「よく知っているわね〜」ってCDを見せてくれた。
以前、「ランニングマン」のロケでBoAちゃんが「お水ください〜」って突然、宿に立ち寄ったんだって。スターだから、ちょっと気後れして頼んだら、快く、サインもしてくれたし、写真も一緒に撮ってくれたし、「彼女はReally Really ナイスパーソン!」と、奥さん。
夫婦で直島に旅行に行く予定なのだそう。
直島をチョイスするところがまた素敵。
日本を好きになってくれるといいな〜。

b0026633_22461137.jpg

中庭のハンモックでゆらゆら〜。


b0026633_22463130.jpg

二階の部屋からの眺め。穏やかな凪がキラキラ。

b0026633_2305660.jpg

b0026633_231171.jpg

またチェジュに行ったらここに泊まります!

島の西端へ出発〜。
メインの観光スポットが東側に集中しているからか、西へ行くほど大きな観光バスとすれ違うことが少なくなって、レンタカーでしか行けない穴場へ向かう私達、はじめて来たくせに「ちょっと、偉くない?」と自画自賛モード。
窓を開けて海沿いを走っていると、それまで濃いネイビーだった海面が、突然、エメラルドグリーンに!

ひゃっほ〜!
今まで見たドラマにも映画にもこんなグリーン出て来なかったよー。
テンションアガルーーー!

ちょっと小道にハンドル切って、寄り道。

b0026633_23184157.jpg

風もなく、風力発電の羽はお休み。

b0026633_23182650.jpg

サボテン畑と石垣とエメラルドグリーン。このコントラスト、ファービュラス!
これで赤いサボテンのお花とか咲いてたら、私、棘に刺さってでも飛び込んで行くわ。

飛行機で隣りに座ったチェジュのお母さんが「ヘリムの海はキレイ。びゅーてふる」って、大絶賛してた。

お母さん〜、ヘリムビーチ、ホントにホントに、びゅーてふる!


b0026633_23103595.jpg

グラマーあまさん

b0026633_2310416.jpg

チェジュの守り神、トルハルバン。
たくさん幸せがやって来ますように〜。


あー、楽しかった!

また行くぜよ、チェジュ!

あんにょ〜ん。
[PR]



# by akaring-sun | 2013-10-17 23:44 | voyage

ドライブ アイランド 1

ちょっくら、に出てました。

ここ、どーこだ?

b0026633_22193375.jpg

b0026633_22192774.jpg



済州島(チェジュ)だよ〜


こんなに海がキレイなエメラルドグリーンだなんて!
もうすっかり、チェジュの虜になりました。


b0026633_22331390.jpg


右側通行、左ハンドルだけれど、ここはソウルじゃなくてチェジュ島。ひたすら一本道の島の道路ならどうにかなるでしょう。というわけで、効率よく回るためにレンタカー。借りた車が私好みの可愛い車で、しかも、このブルー!ハングル案内のナビゲーションに誘導されて、目的地に到着〜。すばらしや。ドライブGOGO!!!


朝10時、空港から出発〜。
BGMは、ガインさんとヒョヌ君の「Brunch」からのアイユのニューアルバム「Modern Times」。Best Mach!!! ドライブには音楽が必要!

先ずは、コスタリカ、グアテマラ等々、世界のZip Lineをホッピングしている私。チェジュにもあると聞いたら、やらずに帰るわけには参りません。


b0026633_2239171.jpg

b0026633_22392872.jpg



茶畑の上を滑空。爽快なりーーー!!!
火山の島だからですかね〜、顔に受ける空気がとってもフレッシュで、心地いいー。


運動したら、お腹が減ります。
ただケーブルを滑っただけだから何の力も使ってないけれど。


b0026633_2255574.jpg



アワビ粥。
やっぱり、チェジュに来たら海産物
底の方に柔らかでぷりぷりなアワビちゃんがごっそり!
海に感謝、あ〜、美味い。

港に車を置いて、フェリーに乗って牛島(ウド)に向かいます。
ロマンチックアイドルで、ヘジョンちゃんが馬に乗って絶叫していたところです。例えがマニアックすぎてすみません。。。


b0026633_230682.jpg



島一周するバスに乗って、探検開始。
もちろん馬にも乗りました。何にもレクチャーなく、いきなりギャロップです。
黄金のすすきと青空と海が馬上からの眺め。これはとっても贅沢。

b0026633_22422472.jpg

b0026633_22422086.jpg

b0026633_22421388.jpg



次に向かうのは、念願の目的地。


b0026633_23152099.jpg



大好きな映画「建築学概論」のロケ地、ソヨンの家のカフェ。

ナビに登録がなくて、港周辺の細い道を行ったり来たり。たどり着いたのが、「ソヨンの家の駐車場」。カフェじゃなく、駐車場。ま〜、正解ですけどね。
駐車場は港のペンションの前にあります。海を左手に、石垣沿いに歩いて行くとカフェがあります。みなさん、こちらに駐車してくださいね〜。カフェの前の道、お客さんの車で大変なことになってました。


b0026633_2326747.jpg



オムテウンとハンガインが寝そべってたテラス。
ウギョル風に言うと、ナウンとテミンの初対面のテラス♡
ロープが張られて芝には入れませんでした。
寝っこがって再現したいところだったのに、残念〜。
みんな、考える事は同じなんでしょうけど。


b0026633_23353143.jpg



オムテウンが窓を大解放して、チェジュの海が開けるシーン。
この窓ですよ〜。


b0026633_2329399.jpg



陽が落ちて、ロマンチック。


b0026633_23314218.jpg



ほら、車が邪魔してる。



そして、そして、なんで、ノーマルに私が登場してるかって?!

ハコフグ忘れて来たんだよね〜。しょぼん。


続く。
[PR]



# by akaring-sun | 2013-10-16 23:46 | voyage

蔵出し

全国のカミリアのみなさん、元気出して〜。

b0026633_1331696.jpg

b0026633_1334148.jpg

b0026633_1344697.jpg
b0026633_1351466.jpg

b0026633_1353192.jpg

b0026633_1354431.jpg

b0026633_1355831.jpg

b0026633_13427100.jpg

b0026633_1372736.jpg

b0026633_137583.jpg

b0026633_138019.jpg



走り続けるのも良いし。
新しい目標に向かうのも良いし。
一旦、立ち止まるのも良いし。

いい子ちゃんのKARAには、素敵な未来がありますよ。
[PR]



# by akaring-sun | 2013-10-05 01:41 | 隣のエンタメ

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧