ホホエマシイ旅人

初心忘れるべからず

 あまりに寒くて車の暖房を入れてしまった。。この間まで冷房をつけると燃費が悪くなると、ブーブーたれていたのに、もう暖房。極端すぎ。地球が怒っているとしか思えない。
 撮影後、スタジオさん(スタジオ付きのアシスタント)にいつからカメラマンをやっているのか聞かれ、「23歳の3日前。もうちょっとで丸6年。」と答えたら、一言、「負けた。」と言われた。まあ、あんまりいい気持ちはしなかったけれど、特に言い返す気にもならなかった。実のところ、私はもがいて踏ん張ってカメラマンになった。という訳ではない。気がついたらカメラマンになっていた。というのが正しい。アシスタント時代は学ぶことがいっぱいあって、怒られることがあっても毎日充実していて、貧乏でも楽しかった。もがいて踏ん張っているのは、むしろ今だ。寝て起きたら、写真が上手くなってたらいいなぁ。と、真剣に思ったりする。本当にプロか?と自分に突っ込みたくなる。イチローが262本記録して、私はとっさに数えた。独立して1093本の仕事をこなしていた。そして思った。何本のフィルムを撮って、何回シャッターを押したのだろう。そう考えたら、今まで働いてくれたカメラとレンズ達がとても愛おしく思えてた。裏切らない相棒。イチローが言っていた。「道具を大切にしないと上手くならない。」と。
 明日はオフ。カメラの掃除をしよう。
 
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-06 01:02

ゲーテの格言

 サプライズビデオは大成功でした。本当は自分の言葉で格好良くめでたい言葉を述べたかったのだけど、やっぱりボキャブラリーの無さと経験不足で、Mちゃんに贈る言葉は偉人の格言を拝借することにした。

 なぜ遠くばかり行こうとするのか? 見よ、良き物は身近にあるのを。ただ幸福のつかみ方を学べば良いのだ。幸福はいつも目の前にあるのだ。

 ゲーテ。たしか倫理の教科書にちょこっと載っていた人。彼は幸福を見つけられたのだろうか。そうでなくても、この言葉で幸福に気づいた人は全世界に何万といることだろう。今日のパーティーに集まった12人も気づいてしまった。
 欧米にはお祝いの席で詩の朗読をすることが多いけれど、日本ではとてもアンポピュラーで気恥ずかしいこと限り無し。言葉の力は偉大なり。
 自分で編集しておきながら、ゲーテにグッと来てしまった。ゲーテ、サイコー!
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-05 13:59

心地よい週末

 今日もウイングスは勝ちました。ついに決勝です。叔母は明日もビデオカメラを持って試合へ駆けつけます。一番いい笑顔が撮れますように!
 Mちゃんのサプライズビデオも完成間近。曲も入れて最後のエンドロールのみ。約十分の大作です。喜んでくれるかしら? ちなみに最初の曲はホット・スタッフ。梅宮アンナが出ていたダイエットコークのCMで流れていた70'sの名曲。よっちゃんがデザインしてくれたタイトルCGもチョーオシャレ。Mちゃんのお嫁入り道具に入れてほしい逸品。フフフ。
 
 
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-03 01:29

エンターテイナーになりたい。

 徹夜中。何をやっているのかと言うと、お友達のMちゃんのサプライズ誕生日パーティーで流すどっきりビデオの編集をしております。Mちゃんは私と同い年。ビューティーライターとして日々、着実にキャリアを重ねております。Mちゃんはとっても頑張り屋で気を使い屋。そして乙女です。最近、体調を崩して、あんまり元気のなかったMちゃんに喜んでもらえるように、なんとか試行錯誤して元気の出るビデオを作っています。
 人を喜ばすのって本当に楽しい。これは見たら、どんな顔をするんだろうな。とか、これで絶対に涙してくれる。とか、いろいろなことを期待してしまいます。私はそんな妄想を抱いている時が、とても幸せで、性に合っていると実感します。オタクですかね?
 エンターテイナー。堺正章? たまにいるでしょ、何でも出来る人。憧れちゃうんです。欲張り過ぎかな? 男の人のタイプも、そんな感じ。常に人を感動させたり、喜ばせたりするのが好きな人。どこかにいませんか? そういう人と一緒にいたら、いっつもHappyだと思うんだけど。
 2年前に劇団ひとりさんを撮影したことがあって、強烈に感動したのを覚えてる。撮影前も後も周囲を引き込んで笑わせていました。お笑いの人って、実際は物静かな人が多くて、撮影嫌いだったりするのです。やっぱり、彼はブレイクしましたね。撮影していて、「この人好きだなー。」と思ったのは、妻夫木くんと、劇団ひとりさんだけです。カメラマンの特権。ピントを合わせてシャッターを押してる時だけ、視線を独り占め出来るということ。いいでしょ。
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-02 03:23

大人に見られたい

 ひょんなことから歌舞伎町のタイ料理屋でご飯を食べることになった。歌舞伎町。原宿の竹下通り同様、あまり好んでは歩きたくない所。キャバクラの店先にはチラシを持ったお兄さん。「込み込みでありありで4000円。」と熱心に勧誘している。何が込みで、何がありなのだろう。さっぱり分からない。お客さんを見送るド派手できれいなお姉さん達。たぶん私よりもずーっと年下。悔しいほど、色気があって、男の人に甘える術を知っている。なんだか、私に無い物をたくさん持っている。歌舞伎町で生きて行くということは、選ばれし民。そんな気がした。
 学生時代に小さな塾で講師のバイトをしていた。中高生に英語と国語を教えていた。ある日、父兄からクレームが来てクビになった。「顔が幼いから先生らしくない。」と。今となっては、ひどいこと言うなー。と、笑い飛ばせるけれど、当時は本当にショックだった。悔しいから、バイト代で化粧品と黒っぽい洋服を買ってなんとか大人になろうとしたけれど、それと言って効果はなかった。カメラマンになった時も似たような思いをした。独立をしたのは23歳。どこの現場でもアシスタントに間違えられた。6年目の今でも多々ある。何が人を大人に見せるのだろう。30歳目前、少しは年相応に見られたい。仲良しのヘアメークのアブちゃんには「化粧しても変わらない。」と、断言された。そーなのねー、やっぱり。悪あがきはやめた方がいいのねー。ああ、大人に見られたい。
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-01 02:59

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧