ホホエマシイ旅人

仮名打ち名人

 旅先で友達になったナイスガイ(日本では全くもてないというのに、国を出ればあら不思議)から、メールが時々やって来る。私の英語力は読めて、聞けて、書けず、話せず。という不都合な程度。だから、返事を書くとなると、1日がかりで辞書と格闘して、最近はDVDの英語字幕の引用をしたり。おそらく、文語と口語がちぐはぐに混ざった文になっているのだろう。
もっともっと厄介なのが、私はキーボードを仮名打ちでなれていることだ。ローマ字打ちがスタンダードだなんて、大学生になってから知った。小学生の時にNSXというテレビに繋いで出来るパソコンを買ってもらってから、私は当たり前のように仮名打ちをして来た。仮名打ち歴20年。直すに直せない。だから英語で何かを入力となると、3倍以上の時間がかかり、人差し指がキーボードの上を彷徨うこともしばしば。
今日はベトナムの寝台特急で出会ったシドニーのアレックス君にメールをしなければ。何時間かかることやら。
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-13 23:55 | 何となく

安定せず

ADSLの調子が悪くて、作業をしている間に回線が切れ気味。ソネットに問い合わせしたら、我が家の回線に何か邪魔をする物が付いている可能性があるとのこと。なんだそれ?って感じ。盗聴でもされてるの? なんだかなー。保安機が付いているかどうかマンションの管理会社や東京ガスに問い合わせても、「電話回線ねぇ...。」と、寝耳に水といった感じ。せっかく47Mの高速にしたのに、余計にストレスでござる。
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-12 13:12 | 何となく

コラーっ、台風め!

 どえらい雨でしたね。夕方5時に新宿を出た時には視界5メートル。ワイパーの意味なし。おまけにC3は強風でゆらゆら揺れる始末。「戦後最大」という言葉にいささか耳慣れしていた今日この頃。参りました。神保町の交差点で40センチ水没。亀戸でさらに水没。完全に水害。通りに面した酒屋さんは土嚢を積み上げ、江戸川の河川敷には消防庁のダイバーがスタンバイ。「おー、映画みたいだ。」と、ハンドルを握りながら外界を観察。車高を低くしている城東付近のヤンキー車が立ち往生。C3は難なく水をかき分けてスイスイと大きな池と化した靖国通りを前進。こういう時にステイタス高級車のゲレンデやカイエンの威力を発揮するというのに、一台も見かけず。こんな日にはセレブは外出しないのか? 当たり前か...。
 家に帰ると我が愛車2号・プラネット(イタリアン・バイク)が横倒しになってるではありませんか!!! 強風でバイクが倒れるなんて...。そして、ヨッコラショと腰を入れて持ち上げようとしたら、びくともせず、ただ背中にピキンと痛みが走ったのみ。あああぁぁぁ、痛い。起こすのを諦め、バイクを見なかったことに。はぁ、サイテー。
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-10 00:51 | car

クロネコシゴトニン

 平子りさちゃんに久しぶりに会いました。4月のL.A.出張以来で、「ギャー!!!」とか「キャー!!!!」とかお互いに第一声は歓喜の叫びでした。いやいや、相変わらず、キュートでセクシー。同性ながら照れてしまいます。さすがです。そしてサバサバして気遣い満点のハートフルな性格も健在。りさちゃん、サイコーです。やっぱりカッコいい人に会うと、こちらも幸せパワーのお裾分けをいただいたようで、なんだかご機嫌です。
 「キャラッ8」を買いました。優香、篠原涼子とオセロの松島でやっている「グータン」というテレビ番組で出した本。知ってます? 精神カウンセラーの先生が監修している本で、体型や骨格、体質などで分析した動物占いみたいな感じかな。私はクロネコシゴトニンでした。抜粋すると、「完璧主義が多く、一人でできる仕事が向いている」「職人的な仕事が一番」「一点集中型で凝り性」とのこと。大当たり!!! 小学生の時、既に会社の0Lにはならないと確信していた私。こういうものは、生まれつきなのでしょうか。レゴブロックで一人で黙って6時間も言葉を発することなく遊んでいた幼少時代を思うと、そんな気がして来た。もともと持って生まれて来る性格ってあるんじゃないかな。
 
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-08 00:07 | 何となく

テスト発見

 さっきの地震、とっさにダイニングテーブルに頭を隠してしまった。まさに頭隠して尻隠さずの状態。我が家は物が多い。棚という棚の上には物が積み重なっていて、見た目ではその内容不明の箱達がつっかえ棒の役割を果たしているかのように思える。冷静に考えれば、その箱ひとつの落下で命を落とし兼ねない。あの箱の中身はいったいなんなのだろう。
 今では引き延ばし機がデーンと乗っかっている我が青春の友・学習机。四番目の引き出しは、ここ10年の間、開かずの扉。おそるおそる開けてみた。紙の匂い。それも藁半紙の匂い。中学から高校にかけての答案用紙とプリントがコクヨの紙のバインダーに束ねられていた。何でこんな物を取っておいたのか。一言、言わせてもらえれば、テストを返されてくしゃくしゃに丸めて捨てる程の点は取っていなかったということくらいだ。なんて雑な字で書いているのだろう。こんなテスト一枚のために、徹夜をして、一喜一憂していたなんて。
 歴史の答案。西郷隆盛の「隆」の字を「降」と書いて、おもいっきりバッテンを食らっていた。こんなミスも認めてくれないなんて...せめて三角でももらっていたらちょっとは日本史を好きになっていたかもしれないのに。ちょっと恨む。こんなテストひとつの間違いで、いろいろなことを思い出した。クラスの子の家が火事になったとか、夏休み明けに不良になった子とか、なぜか私にファンレターをくれた後輩とか。忘れていたというか、思い出さずにいたと言うべき事柄。そういえば、同窓会という物に行ったことがない。ああいう物は誰が企画をして行われるのだろう。もしかしてクラス委員が発起するものなのだろうか。だとしたら、私が言い出さないと行われないということか...。
 
[PR]



# by akaring-sun | 2004-10-07 01:13

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧