ホホエマシイ旅人

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧




優しくなれないものか?

社会的制裁が厳しいな。

十分でしょ。返すって言ってるんだから。
もっと早くさっさと謝れば良かったものを。過ちが増えてしまいました。
これからもっと多くの人を笑わせて、たくさん納税してもらいましょう。
これで仕事減ったら、誰も幸せにならない。

「もし」とか「たられば」は無いけれど、現実に、子供は生まれてくる親を選べないわけです。それを恨むとか妬むとか、「生きてるだけで丸儲け」 なので、クサクサ言うつもりも無いけれど、仮に彼が、裕福じゃなくても、中級階級程度の家庭に生まれていれば、こんな事例に関わることなんて無かったはず。

お金がない下積み生活を経て、やっとレギュラー番組を持てるようになって、自分の家庭を持って、弱肉強食の世界だから日々戦いで、それでも人を笑わせるのが好きだから頑張って、気づいたら自分も病気して、またあの地獄の貧乏生活に戻ってしまうかもしれないと不安になって。

と、実際は人としては何もおかしいことはしていないのですな。むしろ、人間的。

ここに、オカンの存在が加わる。

すると、世間の解釈はまったく違うことになる。


ここで頭に浮かんだのが、ジャンバルジャン。
ひとかけらのパン。

「貧しさ」故の過ち。


ひとかけらのパンで犯さなくて済むことはたくさんある。


こんな有名人を半ば利用して不正受給を防ごうキャンペーンをするくらいなら、天下り先でのほほんと、慈善に参加するわけでもなく、寄付をするわけでもなく、弱者に手を差し伸べないおっさん達を追求して欲しいわ。


がんばれ、河本。
[PR]



by akaring-sun | 2012-05-26 16:05 | 何となく

ドゥグンドゥグン〜

やっと明日から「最高の愛」が地上波で始まるよ。
フジTV韓流α。
トッコジン&クエジョンの笑いとLOVEに癒されてくださいませ。

とりあえず、国宝少女のドゥグンドゥグンを聞いて気分を盛り上げよう!




さて、録画予約と。

あんにょん〜
[PR]



by akaring-sun | 2012-05-21 22:13 | 何となく

日食ね〜

ちっとも日食イベントにテンションが上がらないakaringです。

なにが凄いのかがピンと来ないんだな...、時折やってくるこのドライな魂。
いつもの、周りがキャーキャー言うことに簡単には乗っからないあまのじゃく病ですな。

みなさん、目を大事に。
うっかり見上げてはダメですよ。
[PR]



by akaring-sun | 2012-05-20 18:31 | 何となく

東京は眩しい

帰国して、翌日から日常に舞い戻り。
渋谷で撮影してレインボーブリッジ通って湾岸を運転して帰宅。
東京の夜の眩しい光。
こんなに煌煌と照らす必要って、なんなんだろう。

コスタリカの森の自然織りなす配色が懐かしい。
人工的な光に照らされたコンクリートジャングル。
同じ地球上なのに、なんてこった。

引き返す勇気。

これ以上、進めてはダメ。
起きる前に計画したことを、 職務遂行という理由だけで続行するお役人さん。
どんな未来を想像しているのですか?
そこに色は存在しますか?

NOという勇気。
自分の健康も幸せも勇気がなければ、誰かの甘い認識に飲まれてしまう。

勇気。
[PR]



by akaring-sun | 2012-05-15 16:32 | voyage

サンディエGoーーーー!

計画、準備、実行、継続、努力、努力、努力。


重々、知っている仲とはいえ、やっぱり、この女子の説得力には脱帽。


b0026633_0481230.jpg



サンディエゴにて。
レースまであと5時間。


ロンドンオリンピック公式スポンサーのP&Gが、選手を支える母親の愛の努力を讃えたCM。金メダルはすべてのお母さんに! 素晴らしい作品。

お弁当を作ってくれてありがとう。
ユニフォームの洗濯ありがとう。
送り迎えありがとう。
いつもいつも味方でいてくれてありがとう。



[PR]



by akaring-sun | 2012-05-12 00:51 | トライアスロン

Costa Rica dos

旅の記録、2。

Drake Bay空港から、迎えのタクシーでCabin Manolo到着〜。
シングル、シェアバスで1泊15$。
部屋には扇風機、蚊帳、清掃も合格点。部屋の前のテラスにはハンモッグと、洗濯物用のロープ。シャワーとトイレも部屋のすぐ横に男女別々にある。ビーチへ歩いて5分。スーパーや食堂、Barのある通りには、坂を上がって3分。なかなか便利。レセプションのお兄ちゃんは英語が堪能。ツアー会社もやっているから、コルコバード、カーニョ島などのアクティビティのスケジュールを上手く組んでくれる。

隣の部屋にはイギリス人の若者カップル。2人ともごっついタトゥーが入っていて、女の子はスキニーでキーラ・ナイトレイみたいな美人で謎めいた子。勝手に私は彼女を「ドラゴンタトゥーの女」とあだ名を付けた。容貌はパンチの効いた2人だけれども、とっても静か。話し声が上品。2人は昼間ビーチで日焼けをし、夕方のスコール時になるとテラスのハンモッグでユラユラ揺れていて、ドラゴンタトゥーの女は時々雨宿りしにくるハチドリに目を輝かせている。横から2人を見ていると、トランアンユンの映画みたいな、何とも言えない2人の間の空気とテンポがあって、それはそれは、アジアから来た旅人、ちょっと旅愁ハートでしたよ。

午後は乗馬をすることにする。川を渡って滝を見に行く。
馬を連れてやって来たのは、16歳くらいの細くてまだあどけない男子。まったく英語が話せない少年と2人っきり、いや、馬2頭と共に2時間のホースライディング。
とりあえず、知っているスペイン語フル稼働で自己紹介。これも、たった1分で終了。私が理解するかしないかは別として良くしゃべるラテン気質でもなく、思春期の少年は老馬にまたがって黙っている。もう仕方ない、風景を楽しむか...。川には白いサギが羽休め。馬は川にザブザブと入って行く。それにしてもお尻が痛い。あ〜、明日、コルコバードをトレッキングするのに、こんなんで筋肉痛になったら情けない。
滝近くに到着すると、「泳ぐ?」とジェスチャーの彼。けっこう流れ早いですけど??? というか、水着なし。「じゃ、帰ろ」と、ほんの3分で滝見学終了。そして同じ道を戻り、彼とアディオス〜。はにかみ笑顔。



b0026633_9435718.jpg


b0026633_946157.jpg


b0026633_947352.jpg


b0026633_948162.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2012-05-11 09:49 | voyage

Costa Rica uno

ブエナス!

1週間コスタリカにいて、まったく時差ボケが直らないakaringです。
夕方6時くらいに寝て、朝?夜中2時に目が覚める。
なんとか夜明けまで寝ていようと踏ん張ってもせいぜい4時半。
鳥や猿よりも早起きしてますわ。
夕飯の時間まで起きてられないから、当然のごとくスキップミール。
で、痩せたのかと言うと、まったく、そんな感じも無い。
アイスの食べ過ぎ。ジュースの飲み過ぎ。本末転倒。

旅の記録その1。

ユナイテッドで成田からヒューストン。12時間半くらい。パリ、ロンドンと同じくらい。なんでか中国人乗客が多い。この飛行機は上海発なのか? 寝ようとしたら、すぐ横の通路で立ち話するおじさんの声がでかくて、眠れず。これが後を引くことになるなんて!!!
ヒューストンで4時間半トランジット。乗り継ぎだろうと入国審査受けなきゃならないアメリカなので、4時間半くらいあっという間。テキサスだからレンジャーズのグッズでも買おうかと思ったけれど、ここはヒューストン。アストロズの本拠地なので、レンジャーズ見当らず。
ヒューストンからサンホセ。こちらはあっさり4時間弱。機内サービスがスペイン語に変わって、なんだか嬉しい。機内食のホットドックがおかしなくらい焦げていた。なんで???

サンホセ到着。相変わらず、入国審査のおじさん、フレンドリー。
スタンプ押して「アリガトー(空手ポーズ」そして、ウィンク。
もわぁ〜ん。南国の空気。夜の8時半。オフィシャルのオレンジ色のタクシーでサンホセ中心地ではなく、空港近くのアラフェラにあるMaleku Hostelへ向かう。Malekuに泊るのは5回目。Hostelbookerのランキングも常に上位。朝食込み、15$、スペシャルなところは、空港へ送ってくれるサービスがあって、北東方面のバス停が徒歩2分。皆、夜遅い便で到着して、翌朝、各地へ出発というパターンなので、とっても便がいい。相変わらず女性客80%。ラウンジは、これから旅が始まる者と、これで旅を終える者が互いに情報交換。

翌朝7時。宿のおじさんのおんぼろバンで空港まで送ってもらい、8時のSANSA AirでDRAKE BAYへ。大抵のバックパッカーは、コカコーラバスターミナルから、バスで5時間、船に乗り換えて1時間半というルートをとるらしい。30$くらい。ここは、akaring、旅の初めから疲れることをしたくはありまへん。それも、なかなかいい大人なので、115$はたいて飛行機選びます。若かったら迷わずバスだけどね。
 このSANSA、以前タマリンドから乗ったことがあるのだけど、小さいプロペラ機。チェックインカウンターで、まずは預ける荷物を計量、その後、手荷物と人間も計量。私の前に並んでいたアメリカチームが幅がある人が多かったので、係の姉ちゃんは「一応、計りに乗って、はい、ありがとう」と、さくっと終了。

遊覧飛行的にサンホセ近辺の火山を旋回して、ブルーの海を横断。40分ほどで、DRAKE BAY着陸。この空港が、また、ホントに質素で。滑走路が砂利道。そして、滑走路を徒歩で渡って、はい、さようなら。
この必要最低限さが、コスタリカの良いところ!

b0026633_929174.jpg

b0026633_9305352.jpg
b0026633_9285018.jpg

b0026633_9284622.jpg

b0026633_9313197.jpg
b0026633_9321451.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2012-05-08 09:36 | voyage

見上げればナマケモノ

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

勢い余って、コスタリカに来ちゃってます。

パナマ国境近くのコルコバード国立公園におります。

b0026633_651132.jpg


見上げればナマケモノ。

ああ、幸せ。

地球に住まわせてもらっていることを忘れずに。

Save the nature.
[PR]



by akaring-sun | 2012-05-04 06:54 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧