ホホエマシイ旅人

<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧




フォアグラの夜

恒例のakaringSOHO、年末パーティー。

今年頑張った人大賞のチアキちゃん(選考理由・出産)に、
「何が食べたい?」と聞いたら、「食べたことないフォアグラ」とのこと。
ここは、稲毛。フォアグラなんてものを売っている店が存在するのかいな???
想像するだけ時間のロスです。迷わず、千葉そごうの地下食品売り場へGO!

ありました、ありました。フォアグラ缶。ワイン売り場にひっそりと。

145グラム。6980円。

思考回路ショート。
98円で買うツナ缶と同じ容量なり。
しなければいいものを、「1グラム45円か〜」なんて計算をしてしまい、
伸ばした手を引っ込めて、しばし悩む。
んーーー、こんな機会を逃したら、いつ出会えるか分からんぞえ。
エーーーーイ。
年末だ! 買ってしまえーーーー。
完全に頭のネジゆるみました。財布もゆるみました。
フォアグラだけで退散して、残りは近所のスーパーで。という計画は何処?
鮮魚売り場で、鯛一尾。精肉売り場で黒豚さん。デパ地下の魔力にどっぷり。

(おしながき)
かつおのカルパッチョ。サーモンと水菜のサラダ。鯛の香草釜焼き。
キノコと手羽の鍋&黒豚火鍋。いくらとシャケの混ぜ御飯。
バルサミコのフォアグラソテー。

夕方4時。一番にやって来たのは、上田画伯。まずは、鯛の釜焼きの下ごしらえ。
「自慢の筋肉でメレンゲ作って!」と、卵の白身と泡立て器を託してクッキングスタート。
その間、私は極寒のベランダでBBQコンロに炭おこし。荒技、ドライヤー投入。
使う筋肉が違うと言いながらも、持ち前の集中力でほんの数分で滑らかメレンゲ完成。
その後、二人でススまみれになりながら、なんとか火おこし成功。
香草を敷いた鯛をメレンゲ塩で固め、ホイルでくるんで炭火にドボン!
おおお〜。ちょっとしたアトラクション。1時間ほどお待ちくだされ〜。

夜7時。気づいたら、我がSOHOにちびっ子含め20人。
年末の忙しい時期に、お越しいただきありがとうございます〜。
この日は、フィギアスケートフリーの日。
浅田真央のやり切った表情に、拍手喝采!
この時の稲毛アスリート女王衆(画伯、文机子姉さん、秦さん、マイコ嬢)の見る目と言ったら。
私はリンクのお客なんですけど、彼女達は真央ちゃんなんです。この説明、伝わる? 
戦いの舞台に上がった者にしかわからない、何かがあるんですね〜、きっと。

鯛の釜焼き、完成〜!
激うまっ!

そして、忘れてはならない145グラム。
フォアグラさん。
バルサミコに醤油をたらして、やさーしくソテー。
クラッカーの上に乗せて、さぁ召し上がれ。
どう? チアキちゃん! 続いて女王衆も飛び上がってパクリ。

うまーーーーーーーーーーーい!!!

年に一度!
これくらい、いいのだ!
美味しいもの食べて、大好きな仲間と笑えたら、めっちゃ幸せ!


b0026633_18131039.jpg
b0026633_18132637.jpg
b0026633_18133795.jpg
b0026633_1813492.jpg


来年もご贔屓に〜。
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-29 18:14 | 夢のSOHO

WEB戦略会議

上田画伯と来年のWEB戦略会議。

戦略?
秘策などありません。
会議?
ただ、なーんでもないことを話したいだけです。

なので、こんな自由な体勢です。

b0026633_11572090.jpg


そうそう、先日、思いつきで、
上田画伯、マイコ嬢とガチンコボウリング大会を開催しました。

わたくし、オリンピアン&国体選手に勝ちましたーーー!!!

フフフ、三十路の底力を侮る事なかれ〜。
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-24 12:05 | トライアスロン

ウルトラ高血圧

頭痛持ちのakaring。
たまに不機嫌な顔をしているのは、頭が痛いからですよん。
寒くなると、これがまた、厳しい。おまけに、なんか息苦しい。
「どうにかしてください〜」と久しぶりに病院に行って来ました。

「血圧計ってみようか」と先生。

シュポシュポシュポ。首を傾げる先生。
シュポシュポシュポ。またまた首を傾げる先生。
シュポシュポシュポ。ほぉ。と納得する先生。

「上がひゃくきゅうじゅう...下がひゃく...」

上が190。下が100。
ウルトラ高血圧ですよ。

「高いね〜」と言って、脈をとる先生。またまた首を傾げる。

「レントゲンと心電図とろうか」

胸部のレントゲン撮った後、ペタペタと胸部、足首、手首にパッド装着。
波動がロールペーパーに印字。
お〜、なんか嘘発見機みたいだよ。
なぜか、大興奮の私。

興奮したのがいけなかったのか、診断結果、不整脈多発。
そりゃ、息苦しいはずですよ。

お酒もタバコも夜遊びもしません。肥満体型でもありません。
自炊好きなので、わりと食生活はマトモです。
何を改善すればいいんですか???

「なるべくノンストレスな生活を心がけてください」だって。
私ほど、ノンストレス生活送ってる人はそういないと思われますが。

おばぁちゃん ← 高血圧
オトン ← ウルトラ高血圧

「それ、遺伝。仕方ないね〜」と、平均血圧のオカン、ニヤリ。
なんですの、その、自分のせいではない的な笑みは。

高血圧の事実で、頭痛が吹っ飛んだ。
低血圧女子は色気があるけれど、高血圧女子ってどうなの?

うわっ、今、ニュース見たら、

東龍がパイオニアに勝った!

興奮してさらに血圧上がっちゃったよ。
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-18 20:55 | 何となく

全力プレー

東九州龍谷高等学校 vs NECレッドロケッツ
天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会のファイナルラウンド。

3 - 2
フルセットで東九州龍谷高等学校が勝利。

何をやっとんじゃ、NEC。
不況で部の存続が厳しい実業団が多いのに、士気を下げてどないすんねん。

さすが東龍。春高の王者。
高校生はいつ何時でも全力プレー。
奇跡でなく、必然の勝利。

おそらく、次の相手はパイオニア。
ベテランの佐々木みきと成田郁久美に火をつけたかもね。
東龍旋風巻き起こるか。

バレーボールやサッカーはプロ、実業団、学生が一緒に戦える場があって良いですね。東龍のメンバーはこの一試合で、何千日分の練習に値する経験と強さを得たんじゃないかと思います。
やっぱり、鉄は熱いうちに叩け。十代はどんどん吸収します。
これが良しと分かっていながら、お互いの変なプライドと古いシステムに固執している野球界に未来があるのかと。

ちなみにこの大会の優勝賞金1000万、準優勝400万。
社会人なら、死に物狂いでとりにいくのが、本能ってものでしょ。

次の試合が楽しみ!
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-17 20:40 | 何となく

せぶんてぃーん講話

眼鏡をかけた冴えないアッシャー、ウチの甥っ子君、高校球児。
めでたく昨日、17歳になりました。
じゅうななさい。
なーんてみずみずしい響き!

最近のアッシャー君のブームは、「大人の話を聞いてみよう」という、
なーんだかとっても前向きな姿勢。
そろそろ、大学受験ですからね。
何を学べば、何になれるのかと、彼なりに考えているようです。
身近にいる人間が私のような自由人なので、社会の仕組みなど、
ちっとも見えて来ないようで。

そこで、誕生日に、第一弾、ゲスト。

お友達の理学療法士のカンちゃん。
責任感の固まりというようなとってもハートフルで、真っ直ぐなお兄ちゃんです。

高校→大学→専門学校→「感謝される仕事」。

講演料を払わねばってなくらいの、濃い話。
学校と部活だけの狭い世界が、ちょっと広がったことでしょう。
どーもありがとうございます!!!

第2回ゲストは誰にしようかな。
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-14 20:23 | 何となく

馬に人参

オラ〜。

スペイン語教室に通いたい度、120%のakaringです。
英語も適当なのに新しい言語に走って良いものか。

教室と言えば、本日はちばちゃんランニング教室。
あいかわらず、「辛い、苦しい、もう限界」と一番に歩いてます。へなちょこです。
生まれながらにして、「ここさえ我慢すれば」という根性を持ち合わせておりませんので、「辛いな」と思ったら、即、立ち止まります。まったくもって、頑張りが足りません。

馬に人参。
akaringに向井理。

標的が必要よね。

なーんて、しかられそうです、皆様に。
底辺にて頑張ります。
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-08 23:42 | 何となく

ゆーらゆら

これなーんだ?

b0026633_2037252.jpg


ハンモックチェア。
コスタリカから大事にもって帰ってきました。

読書スペース完成。
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-06 20:41 | 夢のSOHO

We are the world.

タマリンド5日目。

出発前にもう一目見ておこうと、朝6時、ビーチへ。

b0026633_2324976.jpg


また来ちゃうね、絶対。
部屋に戻ると、いつもはレセプションの前のベンチに寝ている猫が、バルコニーから入って来た。私が帰るの分かってんのかいな? お別れ言いに来てくれたのね。

b0026633_2355186.jpg


朝9時50分、コスタリカ国内を網羅するサンサ航空で首都サンホセへ。
行きはシャトルバスだったけれど、ここは奮発して飛行機で。
ゴルフ場の奥にあるタマリンド飛行場はとってものどか。

b0026633_2392787.jpg


メインターミナル? と言うべき、建物。

b0026633_23101984.jpg


バッゲージクレイムの係官? と言うべき、おっちゃん。

b0026633_23124894.jpg


コックピットでパイを食べながら操縦する女性パイロットさん(右)。

b0026633_2314722.jpg


サンホセとは逆方向だけれども、「ほら、最高だろ〜」と、海を旋回してくれる。
コスタリカの豊かな自然が一望できるので、小さい飛行機が大丈夫な方におすすめ。

b0026633_2317576.jpg


1時間弱でサンホセ到着。遊覧飛行並みの機体でしょ。
国際線ターミナルへ歩いて移動。
アトランタ行きをゲートで待っていたら、聖歌隊が歌っていてなかなか良い演出。
クリスマスも近いですからね。
それで最後に歌ったのが、『We are the world』。
こんなにこの歌が心にじんわり染み入るとは。涙。
地球の裏からやって来て、いっぱい素敵なことに出会って、最後はこの歌なんて。
あー、コスタリカ。
やっぱり最高。気持ちがやさしくなるね、この国は。


[PR]



by akaring-sun | 2009-12-05 23:33 | voyage

Keep in your smile.

オラ〜。
ホテル近辺の人達と顔見知りになってきました。
道を歩けば「はろ〜、akaring〜」と、手を振ってくれます。
アジア人ゼロなので、目立ってるのかもしれません...。
朝、ビーチを歩いていたら昨夜送ってくれたシカゴファミリーにばったり。
「これ、読んでみて」と渡された冊子は、教会の会報誌だった。
どうりで、ナイスファミリーなわけだ。手を差し伸べるよね。ありがたし。
そういえば、あの時、ユー、ゴッドって言ったら、お父さんが真面目に「私は神ではありません」と丁寧に訂正した。そりゃ、そうだよね。ともあれ、感謝!

タマリンド4日目。
午後からカタマラン(ヨット)のサンセットツアーに参加。
無人島まで行き、甲板からダイブしてスノーケリング。
ティオマン島やタヒチの海を知っているakaringには、ちょっと物足りない透明度だけれど、ぷかぷか水面浮いて頭上を飛ぶペリカンを見ているだけで、大満足です。

b0026633_12395179.jpg

b0026633_12401064.jpg
b0026633_12402462.jpg


フォトグラファーだと言ったら、みんなに「夕日の撮り方、教えて!」とカメラを渡され、船上フォトスクール開催。ついでに、フロリダから来たご夫婦が結婚記念日だというので、夕日をバックに二人の写真を撮ってあげた。

ゴージャス! ファービュラス!

と、賞賛の嵐。マダムはクリスマスカードに使うと大喜び。

「ぜひ、フロリダに来て。私の友達のドナルド・トランプ紹介するから。彼はいくつか雑誌もやってるはず。」
「あの大富豪のトランプ?」
「そうよ〜。ご近所さんなのよ」
うわっ、なんか桁外れな世界の人かもしれない...。
夕日が更に赤くなり始めたら、マダムが穏やかな顔で、
「akaringはウチの娘と同い年ね。娘はニューヨークに住んでたんだけど、3年暮らしてた彼と別れて落ち込んでたから、来年はフロリダに戻って来るの。絶対に彼女にとっては良い選択よ。プリーズ、Keep in your smile。akaringもいい人生が送れるわ」
と、温かく私の手を握って言うわけ。
泣かせないでよ〜。素敵な言葉。 『Keep in your smile.』

b0026633_12404865.jpg

b0026633_1241539.jpg


参加者全員、「帰りたくなーい」と、下船。あ〜、本当に素敵なクルーズだった。

ホテルに帰ると、泣かせる出来事が。

レセプションのルイスが「akaringにアルゼンチンかそっちの方の男のお客さんが来たよ〜。部屋に届け物が置いてあるからチェックして」とのこと。
はじめは何のことか分からなくて、「アルゼンチンの男が部屋に入ったから、物がなくなってないかチェックしろ」というような理解をしたんだけど、とんでもない。

ベッドサイドテーブルに、CD-Rとお手紙。主はシードさん。昨日のガイドさん。

自慢のサイバーショットで撮影した写真をCDに焼いてくれて、
さらに、昨日の詫びだと、40ドル入っていた!

お金なんて良かったのに。私は私で楽しく無事に帰れたし。
なんて、ハートフル!

さて、日本に帰る準備。明日の朝、タマリンド出発。
あ〜、名残惜しい。
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-03 13:32 | voyage

リアル アドベンチャー

急流下りの後、施設のレストランでビュッフェ。

b0026633_2148464.jpg


ガイドのシードさん。ベネズエラ出身。ラテンの人にしては、とっても静かなお兄さん。
他のツアーのガイドは制服を着て外で待機しているんだけど、彼はこのように普段着。そしてアクティビティにも参加して、お気に入りのサイバーショットで私の写真ばっかりとっているので、カップルのように思われる。

マリンバの生演奏を聴きながらお腹いっぱいになった後は、ウォーターフォールへトレッキング。
この場所。本当に奇跡!
滝の音、水の感触、木漏れ日の光、舞う蝶。パーフェクト。
滝壺にダイブしてしばらく水に浮いて上を見上げて、「幸せだな〜」って感じていたら、
シードさんが、「Happy! Here is REAL!」って、目をウルウルさせて感動してるし。
30時間かかっても、ここには頑張って来てみてください。

b0026633_21495831.jpg
b0026633_21501616.jpg


最後は、冷えた体を暖める泥スパ&温泉。

b0026633_21585515.jpg


一人でサウナに入ってたら、ミネソタから来た女二人旅チームに、
「彼は? 」と聞かれ、
「ガイドだよ」
「え、プライベートガイドなの? キュートじゃない、彼。いいわね〜」だって。

さぁ、日も落ちてきそうだし、帰りますか。
従業員4人がバス停まで乗っけてってというので、ワゴンはにぎやか。

「音楽、誰好き?」iPod片手にシードさん。
「ビヨンセ」と言ったら、流れて来た曲は私が大好きなPV「シングルレディ」。
助手席でノリノリの私。後ろの4人もノリノリ。
最高だね〜。

と、思っていたら、何にもない荒野の砂利道でエンジンストップ。
二度とエンジンかからず。オー、ジーザス。天を仰ぐシードさん。
4人組は「歩いて行く」と、すたすた退散。
通りかかったおじさんとシードさん、私。

b0026633_2292368.jpg


夕日、きれいだな。
シードさんは慌てていろんなところに電話したり、おじさんは車の下にもぐったり。
このまま朝まで道にいた。なんてことになっても、笑い話になって面白いじゃない。
別に急いでないし。

暗くなる寸前、車のライト。コスタリカに似つかわないレンジローバー。

「大丈夫かい? 」

と、家族連れのアメリカン。

「何処まで行きますか? 」と、私が聞くと、願っていた奇跡のワード。

タマリンド。

ユー、ゴッド!!! 叫んでしまいました。
シードさん、「彼女だけ、タマリンドまでお願いできますか?」と、すると快く「YES」

シードさんを残して去るのは心もとないけれど、ご家族の車に便乗。ありがたし。
シカゴからバケーションで来たファミリー。
レンタカーでコスタリカを2週間まわっているとのこと。
あー、ハートフルアメリカン。
お父さんの、ハイスピードな運転で宿には予定時刻より30分早く到着。

いろんな奇跡はあるもんだね〜。
シードさん、大丈夫だったかな。

(本日のアクティビティ)

アドベンチャーツアー  160ドル
ヒッチハイク              プライスレス
[PR]



by akaring-sun | 2009-12-02 22:22 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧