ホホエマシイ旅人

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧




クビレッタさん

昨日はすごい雨でしたね。

マドンナのパーソナルトレーナーで有名なトレーシーがDVDの発売を記念して、
表参道でイベントをやるとのことで、チバコさんと行って参りました。

トレーシーご本人登場。
世界一の完璧主義者、マドンナを指導出来るだけあります。
こちらも完璧です。
二の腕と腹筋の芸術的なフォルム。
人間界の頂点であります。

その後、中村真衣ちゃん合流して、青山のトルコ料理屋さんへ。
店に入った瞬間、またまた芸術的なフォルムの女性がお出迎え。
ベリーダンサーのお姉さんが、客席を回って艶っぽく踊っていました。

「くびれたいーーーー」

ケバブにかじりつく私。

というか、アカリング、運動しなよ。
と言うようなオリンピアンズの視線。

ですよね〜。
緊張感が足りないのよね、フォルムに。
トレーシーのDVD、やってみるべ。
[PR]



by akaring-sun | 2009-05-29 20:02 | 何となく

グアテマラ 4日目の午後

キャノピーですっかりご機嫌のアカリング。
ホテルをチェックアウトして、サンタクルスという湖畔の村に移動するため桟橋へ。
待っていたボートは既に満席。
大きなバックパック抱えた私の乗る場所など見当たりませんが、
「乗れ、乗れ」
と、船頭のおっちゃんが手招き。
乗った場所は、鳥羽一郎が片足重心で立っていそうな船の先っぽ。
足下には竹で編まれたカゴ。その中にはピヨピヨ鳴いてるヒヨコさん。
「そのうち食べられちゃうんだろうな〜」
なんて思っていたら、バシャーーーーンと頭から水かぶって、びしょぬれ。
向かい合わせに座っていた先住民の衣装を着たおばあちゃんに笑われる。
もう〜。

サンタクルス到着。
本日のお宿は桟橋前のLa Iguana Perdida。シングル、7ドル。
今回の旅でいちばんのお気に入りの宿。

b0026633_201930.jpg
b0026633_2012561.jpg
b0026633_2015252.jpg


ここは、ただただ湖を眺めてのんびり。何もしないのが贅沢。
ハンモックに寝転んで、伊坂幸太郎のチルドレンを読破。

b0026633_2095948.jpg


ここの宿のアイドル娘としばし遊ぶ。(正しくは、遊ばれる)

b0026633_2055659.jpg


そして、ドアを開けるといる猫と遊ぶ。(正しくは、遊ばれる)

b0026633_2074567.jpg


夕飯の時間。
アメリカ人スタッフの陽気なお姉ちゃんが、鍋をお玉でカンカンカンとたたき、
食堂に集合の合図。
「ベジタリアンはこっち、なんでも来いって言う人はこっち」
世界中から集まった腹ぺこトラベラー大行列。
ベジタブルスープ、スパイシーなタコスと豆サラダ。うまい!
食事の後は、UNOで5連敗。
オーストリア、スウェーデン、イングランド、グアテマラ、アジアからは私だけ。
旅の醍醐味は異文化交流。

b0026633_203037100.jpg


たのすぃ〜。
[PR]



by akaring-sun | 2009-05-16 20:10 | voyage

グアテマラ 4日目

すっかり時差ボケ。
夜8時半就寝、朝4時起床。

本日は、コスタリカで目覚めたcanopyをする日。
コスタリカでは、濃霧の中を突き抜けて、景色を見渡す開放感の微塵も無く終了。
晴天を祈るばかり。

朝8時。街から1キロ離れたアティトラン自然保護区へ。
はじめ、歩こうかと思ったけれど、山の上にあるので、ここはケチらず、初トゥクトゥク。
ホテル前の海岸沿い通りで暇そうなトゥクトゥク兄ちゃんっと交渉。

「そこまでだったら15ケツァールだよ」

そりゃ、高いでしょ。
なら、歩く。と、そんな素振りを見せたら、

「10でいいよ」

だって。やったね。
で、乗りました。
ガタガタガターーーーー、ズドン、ズドン。
石畳を猛スピードで突進。
カーブなんて、スローインどころかマックスインなので、いつ横転するのかヒヤヒヤ。
そんな兄ちゃんも、山の途中でスローダウン。

「どうだ、きれいだろう?」

と、自慢げにアティトラン湖の眺めのいい所でストップ。
おお、確かにすばらしい。
ついでにお兄ちゃんもパチリ。
「グレッポ!(かっこいい)」なんて言ったら、はにかんでた。可愛いのぉ〜。

b0026633_11111489.jpg


b0026633_11134797.jpg


自然保護区到着。入場料とCANOPY合わせて23ドル。コスタリカの半額。
朝早かったこともあって、他の客もまだおらず、インストラクターのマリオ&ルイージの3人でスタート。

b0026633_11273357.jpg


こんな装備でまずはポイントまでトレッキング。
ゼーハーゼーハーいいながら、マリオ&ルイージ(本当にスーパーマリオみたいな出で立ち)について山登り。

「アカリングは独身なのかい?」
「そうだけど」
コノテの質問には慣れています。この際、何でも聞きやがれ。てな、やけっぱち態度。
すると、思いもかけない返答が。

「離婚したの?」

な、わけないじゃん。
その発想って。

さぁ、ようやくCANOPY。
神様ありがとう!
晴れ渡った青空。感謝。



爽快です!
ヒャーーー、気持ちいいーーー!!!
飛んでるよ。鳥だ。鳥になった。
[PR]



by akaring-sun | 2009-05-12 11:39 | voyage

グアテマラ 3日目

O型の私、わりとあっさりした性格。
(関係ないけれど、グアテマラ人の98%はO型。ちなみにABはいないらしい)
シャトルに乗ったら数分で朝のバトルは忘れ、
それとは逆に、ぼったくりアホ坊主に勝ったという優越感で、ニンマリ。
三十路女をなめちゃ、あかんぜよ。

これから向かうチチカステナンゴは、マヤの原住民の方々がカラフルな民族衣装を着て開く市場が有名なところ。ベトナムのサパの花モン族を思いだします。サパは生活密着型でしたが、こちらはいささか観光向けになって来ているような。まぁ、それでも、彩り豊かな物を見ると幸せな気持ちになります。

到着したら、寄って来るわ来るわ、物売りの民が。
2時間あまり、ずっと後ろを付け回され、初め、700ケツァール(約8500円)と言っていたのに、最後は300ケツァール(約3700円)に値切った。
たぶん、それでも高いんだろうけど、作るのに3ヶ月掛かって言うから、まぁ、仕方なし。
私ってば非情だわ。
見てよ、この刺繍。めちゃめちゃハートフル。
(追いかけ回されて迷惑してたくせに、本当は、めっちゃ、欲しかったのさー)

b0026633_1223166.jpg


歩き疲れて、再びシャトルに乗って、今度は湖の街・パナハッチェルへ。
グアテマラは火山の国でして、わりと標高が高いところに街があるので、気温がグッと下がります。
ぶるぶる車内で震えながら、隣りに座っているオランダ人カメラマンと談笑。

「マヤの人に写真を撮らせてもらうために、毎回毎回、チップを渡してたら、お金がなくなっちゃったよ」と彼。

しっかり、グアテマラ少年を機材運搬アシスタントとして雇っていた。
本物の撮影旅行なのね。
私はホリデイ99%、おまけにコンパクトデジカメ大活躍のゆるすぎるカメラマン。反省。

パナの宿は湖を見渡せる静かな場所に佇むCasa Ramos。
トイレ・シャワー付き、シングルで16ドル。かなりお勧めな宿でございます。
パナの街は、地元グアテマラ上流階級人のバカンスでとってもにぎやか。
湖の近くはとっても呼吸が楽しい。
これってマイナスイオン効果なのかしら?
グアテマラに来て、やっと落ち着けた日でありました。

b0026633_1414881.jpg


b0026633_142126.jpg


マンゴー、美味い!!!
1個、15円ほど。旅の間の貴重なビタミン補給。
さー、これでやる気が出て来た。グアテマラを楽しもう!
[PR]



by akaring-sun | 2009-05-10 01:43 | voyage

グアテマラ 2日目

アトランタからグアテマラシティまで3時間。
気を失ったかのように寝ていたので、カリブ海を見下ろすこと無く到着。
やっと、着いたよ。グアテマラ。

税関手前で、マスクを耳にぶら下げている係官に笑顔でインフルエンザの検疫表を渡される。
メキシコと陸続きであっても、日本の騒ぎとかなり温度差があるのよね。
空港を出て、シャトルに乗って、世界遺産の街、もとい、沈没の街、Antiguaへ。

今日の宿はEl HostalというB&B。
ブッキングサイトで評判が良かったので、あらかじめ予約しておいたのだけど、
ま、何か起きますよ。ここはグアテマラ。

到着して、レセプションのお姉さんは英語も出来て、とっても感じがいい。
翌日、Chichiのマーケットに行って、その後、湖の街パナハッチェルまで行きたいから、
シャトルの予約をしたいというと、エージェントにすぐ電話で予約を入れてくれて、
「ここの人、私より英語がうまいから、直接確認して」
と受話器を渡されて、
「朝6時にホテルの前に。Chichiまで10ドル、ChichiからPanaまでも10ドル。トータル20ドルよ」
とのこと。

青空。この街は、町並み以外、「観光」するところはない。
とにかくぶらぶら。
爆音で石畳を走り抜けるチキンバス、流しのトゥクトゥク、ゆるい感じのバックパッカー。
スペイン統治時代の遺産を除けば、南アジアっぽいと感じる。
豆のスープとナチョスを向かいのカフェで食べて、睡魔。
夕方だというのに、宿に戻って、早々とベッドに入る。

b0026633_23552422.jpg


ドミトリー、1泊、10ドル。グアテマラにしては高い。
おまけにミックス。つまり男女相部屋。
この年になると、そんなことはお構いなしになる。
いや、むしろラッキーなどとアホなことを思う。
それもはしゃいで子供みたいに2段ベッドの上を選ぶ。
夜になって、写真の足の先のベッドに、アメリカ人のカップルが到着。
「起こしてごめんね。僕たち、すぐに外に出るからね」
と、なんだかとっても感じの良いカップル。
「いってらっしゃい。楽しんで」
と、寝ぼけながら多分そんなことを言って、再び寝入る。

夜中の1時くらい。
廊下から、
「FuxxxxxxxxK!」 と言う声と共に、ドーンッ。ドアを蹴った音。
それから、
「なんなのよ、このクソトイレ! 」とあたってみたり、
「あんた、帰りたいの?!」と突っかかってみたり。
酔っぱらいの主は、あのカップルの女性の方。
「ハニー、落ち着いて。いい子だよ」
暴れる彼女をなだめる彼氏。優しいーー。
目が覚めてしまい起き上がると、右斜め前方の上のベッドにイケメンさん。
彼も目が覚めてしまったらしい。
怒るどころか、カップルの会話がおかしいので、二人して「困ったもんだね」と笑ってしまった。

あっという間にシャトルの時間。
カップルはいつの間にかベッドで爆睡。おつかれさまでございます。
レセプションには、お昼にいなかった若いお兄さん。

「シャトルと宿で50ドルです」

はい???
なにがどうなってそうなるのさ。宿が10ドルで、シャトルが20ドル。合計30ドルでしょ。
シャトルの引換券にもちゃんと10ドルって書いてあるじゃないか。

「君はSolo(一人)トラベラーだから、倍の20ドルなんだよ。だから50払え。」
「それは間違いだよ。40もする訳ないじゃないか。メキシコに行けちゃうよ!」
「いや、君がここで40払わないと、シャトルには乗れないよ」

って、丁寧に計算機たたいて40という文字を見せ付ける。
ちょっと、あんた、私は公文式で育ったのよ。計算は得意なのよ。馬鹿にしないで。

「じゃあ、いま、エージェントに電話して。24時間対応してるでしょ。電話!」

と、かなり強く言ったら、

「あー、40を20にしたのは、この僕さ。だから、5ドル、チップ払え」

アホか!!!
わたくし、レセプションの台、蹴りました。
すると、、眠そうなイギリス人のお兄さんが、
「どうしたの?」と部屋から顔を出した。

「He cheated me!! ( 彼は私をだました)」

というと、出て来てくれた。これで一件落着かと思えば、今度は、このアホ坊主、

「スペイン語話せるかい? 彼女に5ドルチップ払えって言ってくれよ」

だって。10ドルの宿で5ドルのチップって、何パーセントよ。
わたくし、再び、蹴りました。
イギリス人のお兄さんも呆れて、部屋に戻りました。

グットタイミングでシャトルのクラクション。
頭来たけど、レセプションに30ドル置いて、出て来た。
イライライラ。
あー、これは誰かに話さないとすっきりしない。
シャトルの客はみんな爆睡。
旅の始めにこんなことされちゃ、これからもピリピリせざる終えないよ。
まったく、もう。
[PR]



by akaring-sun | 2009-05-09 01:05 | voyage

グアテマラ 1日目

恐怖の成田空港からスタート。
なにが恐怖かって、インフルエンザじゃなくてテレビニュースのカメラ。
チェックイン終わらせて、うろうろしてたら遠くから撮られている気配。
レンズを向けるな。勝手に撮るな。
ノーメイクなのさ!

まずはユナイテッドの特典航空券でシアトルへ。
15時間のトランジットの後、デルタ航空の格安でアトランタを経由してグアテマラシティへ。
は〜、いかに安く。とは言え、スケジュール&ルーティングがめちゃくちゃ。
32時間ですよ。ハハハ。

さて、まずは15時間シアトル。
マリナーズの試合でもあれば、イチローさんを拝みたい所だけれど、ロードに出ていて残念。
空港で荷物を預けて、おなかも空いたのでバスに乗ってダウンタウンのフィッシュマーケットへ。

b0026633_7372795.jpg
b0026633_7374256.jpg
b0026633_738157.jpg


シアトルのオイスターはプリプリでミルキー。
本当は生でいただきたかったのだけど、今後の旅を考えてフライで我慢。
うまい! うまい! あ〜、ポン酢がほしい。
雨がパラパラ降って来て、セール中のMacy'sに避難。
これがショッピング魂に火をつけてしまい、キラキラのクラッチバッグ購入。
こんなとこで荷物を増やしてどないすんねん。

ヴェトナム料理屋さんでフォーを食べて、夜10時、再び空港へ。
隣のN.Y.行きゲートが騒がしい。
「本日、パイロットのパトリックが病気のためフライトキャンセルとさせていただきます」って。
ひょえー。アトランタ便じゃなくて、良かったよ。
他にパイロットはいないのかいな。スタンバイしてないものなのね。
アトランタには時間通り到着。
デルタ航空はスカイチーム。エリート会員の私はラウンジが使えるんですわ。
グアテマラシティ便までの2時間、ラウンジでコーヒー飲みながらネットして、うたた寝。

遠いな〜、グアテマラ。
[PR]



by akaring-sun | 2009-05-08 08:06 | voyage

グアテマランラン

さっき、帰ってきました。

と言いますか、どこに行くとも何も言っていませんでしたが。
中米のグアテマラへ、またまたお一人様、やけっぱちな旅をしておりました。

取り急ぎ、帰国報告まで。
ついでに、成田空港でインフルの検疫も問題なし。
近々、私に会う方、ご心配なく〜。

b0026633_17455025.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2009-05-07 17:45 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧