ホホエマシイ旅人

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧




アリゾナ アリゾナ

おー、寒い。
日本に戻りました。
もう、秋ですね。
ロスに滞在した後、アリゾナのセドナという所に行って来ました。
最近、日本ではスピリチュアルポイントとしてセレブの間で話題らしいです。

b0026633_731382.jpg

今回の旅のお伴はタエちゃん、リック、ショーゴ君。

b0026633_7315423.jpg

地球エネルギーを深呼吸。

b0026633_732465.jpg

セドナエアポートにはハリウッドセレブが自家用機でやって来るそうで。

b0026633_7321362.jpg

ハイキング。休憩。日向と日陰で気温が10度くらい違うんですよ。

b0026633_732238.jpg

トカゲ発見。パチり。

b0026633_7323352.jpg

アリゾナと言えばサボテン。こんなにデカイ!


セドナは「ボルテックス」という地球エネルギーを感じられる世界的スポット。
てなわけで、ロックの上で瞑想している方や、涙を流して大地に感謝している方、
日々の垢を落としに来ている方が沢山いるんです。
で、わたしがそれにすっかりはまったかと言うと、
ん...。
やはり私は日本人。源氏24代のサムライの血を引く私。
いやー、笑ってしまうほど、なーんにも感じませんでした。アハハハ。
もっとも、私はこの風景にそそられてここに来たわけで、目的が違うので良いのですけど。
ロックに触れると温かいんですよ。
「これがボルテックスよ」
って言うけれど、私の高校レベルの理科と地学の知識から言わせると、
赤土というのは酸性なのです。何で赤いかと言うと、鉄分の「サビ」なのです。
となると、鉄分ということは、熱伝導率が良いわけです。

とはいえ、あの雄大な景色が人々の心を癒すのは確か。
皆様も一度、セドナで深呼吸してみてください。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-31 07:51 | voyage

ロス到着

ただいまロスにおります。
メキシカンとフライドチキンですでに肥満一直線モード。
脂肪が胸に付くことを祈るしかありません・・・。
飛行機の中でプラダを着た悪魔を見ました。
友人は「ありえない」と言って笑っていましたが、
私にはある意味で現実過ぎて、失笑です。

ロスの光は無邪気で穏やかです。
珍しく「写真、撮りたいな」とフツフツしています。
明日が楽しみ!!
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-24 15:05 | voyage

C3、冬眠か?

昨日はさわやかなお天気でしたね。
甥っ子の野球観戦がてら、お友達のコンブ様と九十九里に行って参りました。
シーズンオフの大人の九十九里は情緒豊かでございます。
片貝海岸名物の焼き蛤とホタテを食して、さらに南下。
目指すは勝浦漁港で戻りカツオ!
「角煮が食べたい」
と言っていたコンブ様の願いが引き寄せたのか、
勝浦市街を迷っていたC3号は一軒の佃煮屋さんに到着。
ばっちり「カツオ角煮、マグロ角煮」の看板あり。
私達ったら、なんてついているのでしょう。
十分に、というか、ほぼ全種類の試食を終え、
コンブ様は数種類ご自宅とお友達用に購入。

さてと、浜にサンセットでも見に行きますか。とC3に鍵をさしたところ、
未だかつてない、素っ気ない反応。
カツッ.....。そして室内灯がダウン。
あれれれ。エンジンがかからない。これはこれは、もしかして。バッテリーーー!!
何でこんな時に。それも、何の前触れもなしに。
トランクからバッテリーケーブルを取り出して、佃煮屋さんのお車に繋がせてもらい、
エンジンスターーーートーーー!! とはいかず、反応無し。
これは素人では無理と判断。
保険会社のロードサービスが40分ほどで到着。
その間、佃煮屋さんでお茶をいただき、まったり。
若女将も旦那さんも「いいよー、うちは平気だから。ゆっくり待ってて」と、にこやか。
アー、なんて素敵な人達。
勝浦の佃煮「近江」。みなさん、おいしいです。行ってください。
やって来たサービスのお兄さんは悪戦苦闘のご様子。
「外車なんで、設定が難しいんですよ」
と電話でシトロエンのメカニックとやり取り。なんだか時間がかかりそうな御様子。
そういえば、私達の勝浦の目的は「カツオ」のはず。
「カツオ」食べずして帰るわけには行きません。

「あのーー、終わりそうになったら電話いただけますか」
と、お兄さんに携帯番号を渡して、その場を離れ、地元の人でにぎわう定食屋さんにGO!
カツオ定食。まーーーー、なんて、濃厚なのでしょう。うまい!!!
わがC3のため、日も沈んだ佃煮屋の駐車場でたったひとりで車と格闘しているお兄さん。
ごめんなさい。カツオ、めっちゃ美味いです!

「エンジンがかかったんですけど、切るとまたかからないので、
早くバッテリー交換してください。ただ、このバッテリーは珍しいですからね」
とのこと。えーーーっ、千葉までノンストップで帰らなきゃいかんの?
シトロエンのディーラーさんに電話をかけると、
「じゃあ、勝浦に近い車屋さんにバッテリーの在庫があるかどうか調べますねー」
と素敵なご返事。
この時、19時。何としてでも閉店前に到着となければなりませぬ。
297号大多喜街道をいざ北上!
この道、普段はバイクのツーリングロードとして名高い、アップダウンの山道。
電灯無しの真っ暗闇。
「こんなところで止まったらどーするよ」と、アクセル拭かし気味。
「あのー、鴨川にあるらしんですけど」
としばらくしてディーラーさん。
鴨川って、勝浦より奥じゃないの。反対方向よ。
山道越えてしばらく国道を走っていると電飾発見。イエローハット!
おー、神よ。
「あー、特殊なので、うちでは出来ませんねー」
と、あっさり崖に落とされる。

これは気合いで千葉まで走って、仕方ない、明日、レッカーしてもらうか。
あっ、そういえば、いつも行く近所のオートウェーブは21時までやっていたはず。
なんとか爆走すれば間に合うかも。あとは在庫があるかどうか。

「在庫ありますよ。今どこですか?」
「えーと、千葉まで39キロってところです」
「9時過ぎてもかまいませんよ。待ってますから。気をつけていらっしゃってください」
と、素敵なお返事。きゃーーーっ! 助かった!

オートウェーブ到着20時58分。
駐車場の誘導係の人に車を見るなり、
「お待ちしてましたー!!」
とニッコニコで言われ、奥に進むと4、5人の従業員のお出迎え。
パリダカのゴールのような暖かい歓声。
いやーー、涙でそう。はぁ、一安心。

沢山の人に助けられました。
いやー、みんな、とっても親切!
これは全て、愛くるしいC3のおかげ。
こんなトラブルも可愛いのです。

コンブ様、次回はちゃんと落ち着いて参りましょう。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-22 22:12 | car

学校って

嫌な事件ばっかりですね。
福岡の中学生。


そう言えば、中学二年生の頃。
「ああ、面倒くさいな。バカバカしいな」
って、それまで皆勤でまじめに通っていた学校に、フワフワッと嫌気がさして、
突然行くのを辞めた時期がありましたね。たった10日くらいですけど。
担任の先生が新卒の女の体育の先生で、ちっともクラスをまとめられない。
今で言う、「学級崩壊」。
女子校でですよ! ひどいもんですよ。私立なのに。
みんなぶらぶら立ち歩いて、ちっとも先生の話を聞かず。
授業中うるさくて、集中出来ない。
何で自分がこんなクラスに入れられてしまったんだか...。
勉強したいチームは仕方なく耳栓して完全に自習モード。
2年8組。って言うだけで、校内での評判悪し。
ある朝、とうとうパンチパーマの生活指導教諭が怒鳴り散らして教室に殴り込み。
生徒の前でその新任を罵倒したわけです。
それも結構ズタズタに。
涙ためて耐えているんですよ、その新任の先生が。
それをさらに、クラスの子がおもしろおかしくネタにしてたり。

なんか、その事件を冷静に見ていたら、学校全てがバカバカしくなって、
そんな日に限って、総武線で痴漢にあったりするものだから、
「もう、いいや」
って、次の日から、途中の駅で降りて、フラフラっと本屋とかで時間をつぶして、
昼頃に学校に顔出して、すぐにお腹が痛いと言って帰る。の繰り返し。
問題を起こしたとか、勉強についてけないとか、いじめられたとか、
そんなことは一切なし。
平気で人を馬鹿にして、あざ笑って、戒める。
ただ、あの教室にいるだけで、苦しかったのですよ。

それからしばらくして、
新任の先生は、体調を崩されて一身上の都合で退職。

その場にいた誰もが、「事の重大さ」に鈍感だったのです。
みんな、普通に大人になっているんでしょうね。
すっかり、忘れてるんだろうな。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-17 00:08 | 何となく

引っ越ししたい

「世帯を抜けー!」
と父に怒鳴られたので、近いうちに住民票やら、免許証やら、保険証やら...
なんだか面倒な申請をいろいろしなくてはなりません。
いっそうのこと、遠くに引っ越したい気分です。
部屋番号しか変わらないんですよ。

というか、怒鳴られる意味がよく分からないんですよ。
国民健康保険の請求というのは、一世帯収入まとめた金額で来るんです。
もちろん、区役所の保健課に問い合わせれば、一人一人の金額を教えてくれます。
ただ、お役所ワークといいますか、それぞれの口座から引き落としということは、
出来ないのだそうです。(これが問題の発端)
去年退職して、国民年金の仲間入りをした3階の住人達の保険の引き落としは、
すでに国民健康保険歴8年の私の口座に加算されるようになったのです。
つまり、世帯分が私の口座から引き落とされているのです。
前々から母には伝えていたんですけど、お財布は父が管理しているらしく、
「今度ねー」
なんて言われて、もう10月。そろそろ、払ってもらおうかな。
それで、3階の住人分の保険料を私が徴収しに行って、
なぜか、おやじの雷がズドーーーーーーーン!!!
怒り出すと、本当に誰も止めれないのですよ。
っていうか、なんで怒られてるんだか。
借金取りが怒鳴られる。おかしくない?

で、訳が分からず、最後には、
「世帯抜けば、別々に請求が来るだろうが! はやく抜けーーー!!」
と、罵声。

我が家には、こんな不条理なことがよくあります。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-15 22:35 | 何となく

夜ピクとゴーイング

新幹線移動の必需品。
iPodと本。
新幹線の密閉された空気が本当に苦手で、(匂いもダメ)
長時間高速エレベーターに乗っているかのような感覚を回避するために、
まずは耳栓代わりにiPod。
最近のお気に入りはゴーイング・アンダー・グラウンド。

今週の本は、本屋大賞をとった恩田陸の「夜のピクニック」。
(仙台に行く旅路で、仙台出身の作家の本を手にするなんて、いい感じー!)
この本が、本当にさわやかで良いのですよ。まったく毒がない。
24時間、80キロを歩くという高校の行事の中で、
友人同士で少しずつ心のうちを語り始めたり、すれ違いを埋めたり、
卒業までにやっておかなくてはならないことを、ひとつずつクリアして行く男女。
ただ歩くだけなのに、何か特別。
イメージ的には、キャンプファイヤーの後の語らい。

そんな、生き生きとした文章を目で追っていたら、もう、胸がいっぱい。
小説に夢中になって耳に音楽が流れていることをすっかり忘れていたのに、
歩行祭のゴールに近づいた時に、名曲、
ゴーイングの「同じ月を見てた」が流れ出して、
さらに感極まって、最高のクライマックスに大号泣!
ああ、なんてシンクロ! 素敵すぎる。

この本、映画化されてただいま上映中です。
今日は空き時間があり、レディスデーだったので、
「フラガール」を見たい気持ちを抑えて、
「夜のピクニック」を見て参りました。

キャストはイメージ通りの100点満点。
もう少し、スタンダード演出してほしかったなぁ。と長澤監督に不満。
音楽はゴーイングではなくて、モンキーマジック。
絶対にゴーイングのほうがあってるのにーーーぃ。

b0026633_2184489.jpg


この二人の役者に注目してくださいな。
多部未華子と石田卓也。
なかなか良いです。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-11 21:14 | movie

ライフセーバー

今年もやって参りました。
全日本ライフセービング大会。
台風一過の絶好のお天気!
海へと掛けて行く彼らの姿はまさに圧巻。芸術品。
自他ともに認める「尻フェチ」の私。
こんなに一級品が間近に見られて、そして無料!
海の安全のため、海を楽しむ人々の命のため、日々、鍛錬に勤しむピュアな闘志。
いいじゃないですか。最高じゃないですか。
お金にならなくたって、こんなに胸を張れるスポーツは他にありません。

チーム館山のカズ君の依頼で、名ばかりのオフィシャルカメラマンになった私。
砂まみれになって激写して参りました。


b0026633_18595347.jpg

b0026633_190434.jpg

b0026633_1901449.jpg

b0026633_19215878.jpg

b0026633_19214316.jpg


b0026633_1903581.jpg

b0026633_1902594.jpg


チーム館山は入賞!!
来年もやったるでー! と富士山に誓って、長ーい彼らの夏が終わりました。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-09 19:16 | 何となく

自由だぜー。

天気悪いですねー。
台風来てますな。
明日から出張で仙台に行って参ります。
アシスタントを連れて行けないから、引っ越し同然の荷物、機材フルセットを抱えて、
東京駅まで行かねばなりませぬ。しんどいな...。おまけに雨。滑りそうで怖い。

こんな台風をわくわくしている男、ライフセーバーのカズ氏。
週末に三浦海岸でライフセーバーの大会があり、今からアドレナリン大放出。
去年、応援に行ったのに、なんと、予選落ち。おいおい。
今年はそのリベンジ。(ブログの2005年10月9日の日記を参照)
カズさん、ちょっと、頑張ってー。
私もカメラもって仙台から駆けつけるからさー。

そして、ロンドンからメール。差出人はアレックス。
なんと、もう、ロンドンは飽きてしまったらしい。
これから3週間、ヨーロッパ各国に旅に出て、11月初めに日本に来る予定。とのこと。
えーーーっ!? また来るのかい。

みんな、自由すぎるねー。
私が一番、自由?
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-05 23:38 | 何となく

チャリンコ暴走族

バイクを失って、なんだか心寂しい日々を送っていた私。
穴埋めにとは言っては何ですが、楽天のポイントが溜まっていたので、
自転車を買ってしまいました。
送料込みで12800円。安過ぎです!

小学生の頃、同級生がキキララちゃんの可愛い自転車に乗る中、
私は当時は珍しい本気モードのブルーのBMXに乗って、
野山を走り倒すチャリンコ暴走族だったのです。
なぜ、そんなけったいなものに乗っていたかというと、
たまたま、母の勤め先で輸入販売していて、普通の自転車よりも安く買えたから。
確か5000円だったと思う。
そのころは、映画「E.T.」の少年達がBMXに乗って空へと飛んで行ったから、
友達には「この自転車、月に飛んで行けるんだよ」と、アホな自慢をしていました。

さて、今回のチャリンコでは月には行けそうにないですが、
コンビニにはマッハで着きそうです。

b0026633_23382471.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2006-10-03 23:44 | 何となく

ボウリング部

仲良し撮影チームでボウリングに行って参りました!
本当に久しぶりのボウリング!
思えば、中学生の頃、「ボウリング合コン」なるものを男子校とよくやっていて、
うっかりハイスコアを出してしまい、男子のメンツ丸つぶれなんてこともよくありました。
上手い? 
いえいえ、一応、ソフトボールをやっていたもので、下手投げにはちょっと覚えがあるのですよ。
ただ、ゴルフと一緒で少しでも邪念が入ると、キュルキュルキュルーーーとガーター。
精神力です。

集まった四人は、エディター・えばっちん、ヘアメイク・ともちゃん、スタイリスト・アリアリと私。
毎度、子供服の撮影で、のびのびほんわか脱力系な皆様です。
みんな口を揃えて「あんまり上手くないですぅ...」と控えめ。

いざ、はじまると、あああ、おかしすぎる。
キャラを裏切らない超低速ミラクル投球の連続。
私達がゲラゲラ腹を抱えて笑いの渦にどっぷり浸かっていると、
隣りのレーンでは、ひとり、黙々とワイシャツ姿のビジネスマンが、
大汗をかきながら助走をつけて激しい投球!
会社で何かあったんだろうか...。
逆隣のレーンでは、爆乳お姉さんが彼と来ていて、ミニスカートで投球するものだから、
目のやり場に困り、参る。

我々のゲームはもちろん私の圧勝でございます。フフフフ。
皆様、100を目指して頑張ってくださいな。
えばっちん、次こそ、スペアをとりましょう。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-01 12:50 | 何となく

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧