ホホエマシイ旅人

<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧




ヒュッゲねー。

アンデルセン。
ロケバスを止めてスタッフがおやつに買いに行くことが多い、業界関係者御用達、
表参道交差点にある赤い看板のパン屋さん。
おととい、岡田美里さんと撮影をご一緒した時に、
ロケバスの中でスタッフが手にしていたパンとペットボトルのお茶を見つけて、

「ヒュッゲって書いてあるわー!!」

と、愛らしい感嘆の声を上げた。

「そのペットボトルのHYGGEってデンマーク語で家庭的なおもてなしとか、心地よい優しさとか、デンマーク人が一番大切にしている言葉なの」

へぇー。なんかとっても響きもいいし、使いたくなる言葉。

「あのカフェ、ヒュッゲねー」
てな感じ。

きっと、どこかの雑誌が
ヒュッゲな暮らし。
みたいな特集をするんだろうな。
今のLOHASブームみたいにね。

明日からニーハオのお国の上海に行ってまいります。
まだパッキングしてません。
明日の朝、やります。
では。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-29 23:57 | 何となく

公務員向き?

そう言えば、そんなこと言ってたかな..。
3階の住人達はこの土日、部活のある甥っ子を置いて岩手に里帰りしていました。
「ねぇ、akaring。夕飯、ちゃんと食べさせてよね」
と言われたのは、たしか3週間前。
すっかりベルリンで抜け落ちてしまい、土曜日は私はのんきに友人宅で朝方までParty。

やばい、餓死しているかも。
なんて、中学生だし。
コンビニで適当に買って食べてるでしょ。
あれ、でも中学生男子、家に一人っていいのかしら?
女の子なんか連れ込んじゃったりして...。(まださすがにそれはないか)
エロビデオなんか見たりして。(これくらいは許してあげよう。なんて寛容な叔母なんでしょう)

ちょいと反省して日曜の夕飯は外食に連れ出した。
(育ち盛りにはありがたい、家計の見方イタリアン食べ放題)

「昨日の夜、何、食べたの?」
「ご飯に納豆掛けて、いろいろ」
「朝は? 」
「牛乳とパンとスクランブルエッグ」

スクランブルエッグ?! なんだそのオシャレなメニューは。
そんなんうちの朝食で出たことないぞ。目玉焼きに醤油が定番だったのに。

「自分で作った」
「作ったの?! それって普通に目玉焼き作ろうとして、ぐちゃぐちゃになったからスクランブルになったとかじゃなくて? (どこまでも失礼な私)」
「じゃない。それくらい作れる」

ほぉー。なんだ、やるじゃん。これからの男は料理くらい出来ないとね。

「あっそう。電気付けっぱなしで寝たんじゃないの? 」
「ちゃんとお風呂わかして入って、11時には寝て、7時に起きた。けっこう、一人暮らしって楽しいね」

ほぉー。なんか、つまらない。なんだ、その自立しきった発言は。

「ねぇ、郵便貯金、始めたいんだけど。何が必要なの? お年玉とか貯金した方がいいと思うんだよね」

はぁ?
なんかキャラかわってない?
今時の13歳ってこんな感じ?
わからんのぉ。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-27 18:57 | 何となく

涙、涙の春高バレー

女子の決勝。
すばらしかった。
こんな試合は二度と見られない。
実況の三宅アナウンサーの声も裏返っていましたね。

早々と全日本メンバーを擁する優勝候補の八王子実践や共栄学園、九州文化が姿を消してしまい、決勝に上がって来たのは、名門・京都橘と大分の東九州龍谷。

どちらも拾って繋ぐ全員バレー。
ワンハンドでレシーブしたボールがきれいにセッターに返る正確さ。
ジャンプサーブでコーナーを攻めてくる勇気。
二段トスでも決めてくるエースの信頼度。

誰も集中力の途切れたボンミスを犯さない。
バレーの神様もじっと息をのんで見守っていただろう。
と思う、決勝戦であるべき好ゲーム。

制したのは、東九州龍谷。

「勝ちたい」と願ってコートに立っていた他のチーム。
「勝つよ」と誓ってコートに立つことになった、この東九州龍谷。

コートに立つ彼女たちの背中が、目に見えない何かでつながっていて、
相手チームを越えて、違う何かを見据えている16歳、17歳の瞳。
何だろう。この凄み。

全国大会に出るチームが、
全国優勝するチームになった、
たった大会3日前のある出来事。
共に全国への切符を勝ち取って、共に代々木のセンターコートに立つと思っていた、
チームメートが心筋炎で急逝。
突然、彼女達の前からいなくなってしまった。

大人になったって、人の死を理解するのは時間も労力も必要で、
それをこんな状況で、こんなタイミングで、こんな若さで、
どんなにしんどかっただろうと 、計り知れない。

b0026633_0494825.jpg


優勝、おめでとう。
さらに強くなったチームの絆を大切に。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-27 00:56 | 何となく

幻のフィッシュスープ

あの味を再現!
そう、あの感動を忘れないうちに再現せねば。
打ち合わせが22時からだったので、夕飯を食べてから行こうと、Let's cooking!!

タマネギいためまーす。マッシュルームいためまーす。ジャガイモいためまーす。
水入れまーす。ブイヨン入れまーす。
真ダラとイカ入れまーす。
塩、こしょう、バジル、オレガノ、ローズマリー、クミン。
(この辺は適当に家にあったスパイスぶち込む。これが後々...)
ベランダのプランターで茂っていたイタリアンパセリをみじん切りにしてIN。

で、味見。
なんか、とってもオリエンタル。
決してヨーロピアンなお味ではない...。ん.....。

で、結局、このオリエンタルからは脱却出来ないと判断して、
タイカレーのペーストとココナッツミルク、
最後にヨーグルトとイチゴジャムを1さじ。

それで出来上がったのは、

b0026633_020585.jpg


どこから見てもカレー。
食してもカレー。
悔しいけれど、カレーとしては美味。

あの味を忘れる前にリトライせねば。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-25 00:23 | 何となく

以外と平気なのです

「海外に一人で行く」
と言うと、大抵の人は驚く。そして、
「何かあった時に一人では不安じゃない? 」
と決まって言ってくるので、私は
「何かあった時に友達を置いて逃げられないでしょ」
と答える。相手はさらに、
「一人じゃ、ご飯とか困るでしょう」
と「自分は一人旅などあり得ない」主張を曲げない。
「日本で牛丼屋に女一人で行く方が勇気がいるよ」
と、いつまでも平行線。
私になんと言ってほしいのか...。

ベルリンで何を食べていたかというと、

1日目
朝  バルザックコーヒー(スタバみたいな)でブルーベリーマフィン&ラテ。
昼  魚屋さんのイートインでサーモンのマリネとポテト大盛り。
夜  イチゴ1パック

時差ボケで5時に起床。粉雪降る中、お散歩をしてコーヒー屋で朝食。
3時過ぎに食べたポテト普通盛り(だけどXLサイズ)でお腹が空かず、
夜は近くのスーパーで見つけたイチゴを贅沢に一人で食べ尽くす。

b0026633_188625.jpg

ラベルにTOYAMAと書いてあるのは、もしかして日本の種なのかしら。
"とよのか"みたいに甘くはなかった。要コンデンスミルクな酸味。

2日目 
朝  相変わらず、バルザックコーヒー。
昼  バウハウス博物館のカフェでサンド&カプチーノ
夜  無し

時差ボケ絶好調! ホテルに17時に戻ってちょっとベッドで横になっていたら、
目が覚めたのは4時だった。あー、化粧も落とさず、服着たまま寝てしまった。
日本でもやらない失態。

b0026633_1814239.jpg

さすがバウハウス博物館のカフェ。椅子がトーネット。気取った感じはまったくなく、
観光客よりも地元の人が新聞読んだりしてましたよ。

3日目
朝  パン屋で甘いシロップのかかったクロワッサンとラテ。
昼  ギャラリーラファイエットのデリカテッセンでフィッシュスープ&バケット
夜  りんごとトマトジュース

バルザックをのぞいたらいつものお姉さんがいないので、近くのパン屋に行ってみた。
ラテは薄かったけれど、パンは絶品。
昼はフランス系デパートの地下のイートインでランチ。
大好物のオイスターも冷ケースに並んでいたけれど、ちょいと我慢。
夜は街でリンゴをかじって颯爽と歩いている人を良く見かけたので、
真似してスーパーでリンゴを購入。
イチゴ同様、酸っぱい。

b0026633_18234231.jpg

とっても複雑なスパイスのアンサンブルなのですよ、このフィッシュスープ。
レシピを聞いてくれば良かったな。

4日目
朝  バルザックコーヒー。ここのラテはやっぱり美味しい。
昼  クスクスプレート&ミントティー
夜  やはりドイツに来たら最後のしめはホットドッグ

b0026633_18273853.jpg
b0026633_18275425.jpg
b0026633_1828815.jpg

ミッテ地区でクスクス料理屋発見!!! チュニジアを思い出してしまう。迷わずIN。
こんなにボリューミーで5ユーロ。

夜、食べてないって?
労働したわけじゃないし、遅めのガッツリランチだったので空腹にならないんですよね。
お酒も飲まないし。空腹より睡眠。
夜出歩くことなく、早朝散歩。
老人です。かなり。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-24 18:46 | voyage

戦利品

b0026633_143990.jpg


戦利品の一部。
550ユーロ。
航空券以外の予算。
もちろん宿泊代と食事代もここから捻出。
意外と余裕があって、気づいたら細々といろんなものを買い込んでました。

EAMESの椅子はさすがに買って来られないので、名刺入れで我慢。
緑のアンペルマンは一輪挿し。
DDRのメッセンジャーバッグは甥っ子に。
紺の革のジャケットはバイク用に。
ファイヤーキングもどきのお皿は3ユーロ。

一番の戦利品は何かな..
15ユーロのフィスラーの鍋かな。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-24 01:14 | voyage

I Love 飛行機

ハンガーフライト。

今回、初めて乗ったBA(英国航空)に勝手に私が付けたキャッチコピー。
なんと12時間半のフライトで2食(ひとつは軽食)しか出されなかったのです!!
成田を午前11時に出て、約2時間過ぎにお決まりのチキンorビーフの食事。
それで本読んだり、映画見たり、隣に座っていた女の子と話したりして9時間。

「お腹空いたよね..9時間絶食はキツいよね。でもそろそろご飯出るよね」

なんて話していたら、やはり、他の乗客もソワソワ。
耐え切れずに反対隣の大きな体の黒人さんが立ち上がって後方のキャビンへ。
トイレかと思いきや、手にはカップヌードル・シーフード。
空腹には堪え難い、おいしそうな匂い。

あーーー、隣で食べられるとツライ。
ここで食べていいのか? 食べるべきか、待つべきか。
んーーー、迷う、迷う、迷う。

すると、その隣のオニールさん(黒人さんの名前)がどうぞと、ビスケットをくれた。
やさしぃぃぃぃ。ありがとう。こんな飢えた娘たちを気遣ってくれて。
それからしばらく、本当に長い時間に感じた1時間後、着陸まで45分という時。
それも私が空腹を忘れるために見始めたキャメロン・ディアス主演の「イン・ハー・シューズ」
のまさに、ちょうどいいところ。
涙がタラーン。ああ、なんて素敵なお話なのぉぉぉ。
と、鼻がズルズル感動絶頂期になんと、映画が途切れて、

「皆様、これからお食事をお配りいたします」

おーーーーーーい!!!
どれだけタイミングが悪いんじゃい!!

まー、帰りは帰りで、ホームステイ帰りの中学生の団体に囲まれて、
とっても騒がしく一睡も出来ず。
隣に座ったお兄さんはとっても潔癖性で食器はもちろん
テレビのボタンまで除菌ティッシュで拭いていて、
反対隣のネパール人のお兄さんはたまに私の顔をじっと見るので気持ち悪かった。

飛行機に乗るといろんなことがありますねー。
でも、私は飛行機が大好きなのです。

日本航空
全日空
日本トランスオーシャン航空
サベナベルギー航空
スイス航空
フィンランド航空
エアフランス
シンガポール航空
キャセイ・パシフィック航空
ユナイテッド航空
コンチネンタル航空
アメリカン航空
デルタ航空
アラスカ航空
フィリピン航空
大韓航空
アシアナ航空
KLMオランダ航空
ノースウエスト航空
チュニジア航空
TAPポルトガル航空
サウスウエスト航空
ハワイアン航空
バージンアトランティック航空
アリタリア航空
英国航空

以上。搭乗歴。
いつの日か世界NO.1と言われるエミレーツ&カタール航空に乗ってみたい!
両方とも関空発っていうのがね。
なんと言っても我が家から成田へ車で30分。
来週は上海。
どの航空会社なのかな。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-23 23:20 | voyage

ベルリン now and then

アロー!
ベルリンから帰って来ましたよ。
あーーーーっ、楽しかった!!
充実の5日。

b0026633_14532921.jpg


あの日のことを覚えてる?
ベルリンの壁に群衆が押し寄せて、歓喜した日のこと。
ここから始まったニューワールド。

b0026633_15254298.jpg


ちなみにこのブランデンブルグ門は東側からの図。
もっと早くにこの地に訪れていれば良かった。と、ちょっと反省。
ベルリンの壁は一夜にして築かれて、一夜にして崩壊。
街の至る所には壁を語る遺産があちこちに。

b0026633_15141746.jpg

ポツダム広場の展示。
もうちょっと刑務所の壁みたいに高いのを想像していたけれど、低くてビックリ。
b0026633_15155245.jpg

チェックポイントチャーリー。ソ連(東)とアメリカ(西)の境界だったところ。
観光客向けに両国の軍服姿の人が立ってパフォーマンス。

今回、泊まったミッテという地区は旧東側に位置していて、
共産圏の香りが漂うものがゴロゴロ。
今にして思えば、とっても微笑ましいデザインも。

b0026633_1542081.jpg

b0026633_15331392.jpg

アレクサンドル広場にそびえ立つ東ドイツの象徴・テレビ塔。

b0026633_1538138.jpg

ベルリンのアイドルとなったアンペルマンと言う名のシグナル。

今日はこの辺で。
それにしてもドイツという国。
今まで本当にいろいろな国を旅して来たけれど、こんなにもノンストレスな国は無かった!
時間通りに交通は動いているし、清潔だし、レジ係の仕事は速いし、英語も通じるし、
そしてコーヒーが美味。
せっかちな日本人を納得させてしまう唯一の国なのでは?

時差ポケは続く。
チュース!
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-22 15:43 | voyage

冬休み

すっきり!
野球もメキシコに勝ったし。
確定申告も終わったし。
パッキングも済んだし。

ユーロ貯金を引き出しに神保町の三菱東京UFJに行ったら、

「こちらは旧東京三菱の店舗なので、こちらの旧UFJ銀行の外貨普通預金通帳からは引き出せないんです。大手町の店舗をご案内しますので...」

えっ?! 何言っているの、お姉さん! そっちが勝手に合併したんじゃないのぉぉぉ。
プンプン。(さとう珠緒のような可愛い怒り方ではない)
車を走らせていざ大手町へ。
そしたら、待たされる、待たされる。

あー、面倒。
銀行ってどうしていつも融通がきかないんでしょう。

まぁ、いいや。
遅い冬休み。
行って来まーす!!
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-15 23:09 | voyage

明日は確定申告

毎度毎度の駆け込み最終日申告。
郵送すればいいのに。
と言われることも多々。
けれど、税務署に持って行って係のおじさんと話しているだけでかなり勉強になるし、
納税者の誇りも増して、今年も頑張ろうという気持ちにもなるのです。
減価償却の耐用年数ってどうにかならないのかな。

カメラ 5年。

これってデジタルも? 5年も保たないって。納得いかない。
まー、こんな不平不満を係のおじさんにぶつけると、にこやかに、
「今年も胸を張って頑張りましょう」
なんて言われたりするのです。なんだかなー。と思いつつ、
「はい、がんばります」
と素直に応じる私。

最終日は混むからなー。朝一番に行かなくては。
今日は喰いタンさんの撮影でした。
背筋正しく、礼儀正しく、「正しい人間」とはこういうものなのだと、
圧倒的存在感で教わりました。
[PR]



by akaring-sun | 2006-03-15 00:36 | 何となく

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧