ホホエマシイ旅人

<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧




ケロイドの秘密

右の足首から甲にかけて。
ケロイドの傷がある。
「大きくなったら、消えるからね」
ってたしか、周りの大人は口を揃えていたけれど、20年経って、その傷が消えた事は一度もなかったし、縮んだ事もなかったし、むしろ成長とともに膨張している気さえする。

うちの父はこの傷を今も昔も「海で転んだ傷」と思っている。
でも実際は、「車に轢かれた傷」だったりする。

小学二年生の夏休み。母方の田舎に帰っていた時の出来事。
従兄弟の兄ちゃんと花火を買いに行く途中、信号のないところを渡った私達は、乗用車に巻き込まれてしまった。
正確に言うと、自動車に接触したのは私だけ。私の右足にはくっきりと黒いタイヤの跡。
そしてその摩擦に耐えられなかった皮膚がはがれて赤い血が流れていた。
従兄弟の兄ちゃんは放心状態でしゃがみ込んでいて、私は知らないおじさんにだっこされて、駆けつけた母親と救急車に乗って、病院へ。
今でも時々、ふと思い出す走り寄って来る母の姿は、スローモーションで、音がしない。なんか声を上げていたような。でも音は覚えてない。
病院から戻ると、その間、大人達はいろいろ話し合っていたようで、
今日の事故は「転んだ事にしなさい」と。
これはなぜか...。

この夏の半年前。私は一ヶ月入院していた。母と母の勤め先の人とボウリングに行った帰りに交通事故で。鎖骨複雑骨折。父方の祖母はすぐに岩手から千葉まですっ飛んできた(まぁ、この時点で母の立場はないのだけれど)。鎖骨が治ったのも束の間、またまた交通事故である。またまた大混乱になる事、間違いなし。
で、「転んだ事にしなさい」ということになった。

父は酔うと「お前は海で転ぶくらいだから、バカだよなー」と言うけれど、
私は心の中で「どんな海で転んだら、こんな傷になるんじゃー! 」と叫んでいたり。

この嘘は墓場まで。いやここで告白してしまった。
どうか父方の親戚の目に触れぬよう...。
というか、「転んだ」ことに疑問を持たない父よ、傷の大きさ、分かってる?!
まぁ、いいや。もう、時効でしょ。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-29 23:21 | 何となく

まさよしってば

あー、胸が熱くなってしまった。まさよしに。
「8月のクリスマス」観に行ってきました。
この作品は韓国の名優ハン・ソッキュが沈黙で愛を語っていた名作「八月のクリスマス」のリメイク。 (今公開中のヨン様の「四月の雪」を監督しているホ・ジノという人のデビュー作です。)
ハン・ソッキュも良かったけど、いやー、やっぱり、まさよし。
エンドロールの彼の歌声に号泣です!

えー、それから今週の3冊。
「青空のゆくえ」は映画版も気になるところ。3時間で読破。出来るなら、こんな本に14歳で出会いたかった。
「ナラタージュ」はじわりじわり。あまり装丁の写真が好きじゃないのが難点。
「ベイビーシャワー」はずばり10年後の私がそこにいる感じ。

b0026633_20264550.jpg


そうそう、とっても感動する大事件が!
「ベイビーシャワー」の作者の山田あかねさんからこのブログにコメントがありました!
おぉぉぉぉっっっ!!! とビックリしていたら、さらにびっくり。
山田あかねさんのブログにて、このブログが紹介されていました!!!
なんたる奇跡。ネットってすごい!
山田さんのブログはこちら。
http://yaplog.jp/akane-y-dairy/
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-28 20:31 | movie

パーマネントあてました

人生二度目のパーマ!
性格同様、頑固、直球、真っ向勝負の三拍子の髪質。
てなわけで、くせ毛で悩む事もなく、ドライヤーもブラシもなくても生きて行ける、とってもリーズナブルな髪とともに約30年。
それが突然、秋の空を眺めていて、「ウェーブ」というものにひかれてしまいました!
二度目。そう、ヴァージンではないのですよ。
独立してすぐに、「大人に見られない」コンプレックス(多少、今もありますが)で、かけた事があるのです。サロンを出た時にはちゃんとうねっていたんですけどね・・・。24時間後には落ちてました。まぁ、そんなわけで、それ以降はストレート勝負。

さて、私の髪に挑むのはzaccの奇才・加藤君。
なんか嬉しそう。私の髪にパーマをかけたかったらしい。
「メグじゃなくて、パリって感じだね」と、加藤語録に申請したくなる発言。
おそらく、メグライアンではなくパリジェンヌみたいに。と言いたかったと思われる。

b0026633_91557.jpg


黒いシャツが加藤君。
右のぽっちゃりお兄さんは雑誌でもおなじみの山木さん。

b0026633_9163342.jpg


将来有望アシスタントチーム。

完成が見たい? 撮るの忘れた。何かの機会に...。
もちろん大満足! ブーツ買いたい! コート買いたい!
めずらしくオシャレ根性倍増。加藤君、ありがとうね。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-27 09:20 | 何となく

壁に耳有り障子に目有り

連休の最終日。
柴田淳のCDをかけながら、一人ドライブ。
というか、いつも仕事に一人で運転して行くから、特別な事ではないのだけど、
なんとなく、トランクに機材が乗っていないというだけで、何かに解放された感じ。

b0026633_10325912.jpg


そんな心地よさを堪能していた夕方、急遽、アシスタント時代からの戦友・売れっ子ヘアメイクのアブちゃんとご飯をする事になり、いざ中目黒の宮崎料理屋さんへ。
あいかわらず、よくしゃべる。とにかく私達二人はよくしゃべり、よく笑い、よく怒り、そしてお互いの話を聞いていないのか、話題が一貫しない。( このナイスコンビーネーションにはきっと檀ふみと阿川佐知子も面を食らうと思う)
 お店のイケメンお兄さんが厨房で聞き耳立てて、私達の爆裂トークに背中を揺すって笑いを堪えていたのを見逃さず! 私達は日々、いろいろな人と仕事をするわけで、日々、これでもかこれでもかと常識外の珍プレー事件が起きるのです。おまけにこんな不思議な人達の中にいると、不思議な恋話も多いわけで、お腹を抱えてそんな話していたら、隣の席の素敵な家族が退席モード。「うるさくてすみませーん」的な思いを込めて、ちょっと頭を下げたら、なんと、なんと、我が業界ではなく子も黙る大御所カメラマンN氏一家だったのです!
ゲーーーーッッッ!
急に背筋が正しくなる私達。
にこやかにお店を出られて行くご一家。おおおおおお・・・・。なんで緊張してるんだ?
何も悪い事をしていないのに、ばったり街で担任の先生に会ってしまった感じ。
「最近の若いモンは・・・」と巨匠の背中は語っておられました。合掌・・・。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-26 10:38 | 何となく

あとがきの本音

時差ボケも徐々に解消。
夜中に目が覚めて、急に部屋の掃除を始める事も無くなりました。
お天気がすっきりしませんね。
こんなときは、妄想クイーンの私にパワーを与える「読書」に没頭!!!
ロサンゼルスの旅の友として成田空港で購入した「ベイビーシャワー」を読破。
未婚の39歳、女性二人の話。
この主人公の片割れの職業が女性カメラマン。
日々の労働での職病ともいえる体の歪みとか、男性社会に飛び込む勇気とか・・・。
いやー、わかるわかる。と頷きながら、ちっと寂しく思えたり。
それで、いつもは読み飛ばす「あとがき」を眺めていたら、本編以上に私を揺さぶる言葉の羅列。本当に参りました。
この作者の山田あかね氏の生業はテレビのディレクター。
ここで「本業」ではなく「生業」としているのが彼女の本音。
ディレクターとして番組を作り、スタッフに恵まれ、達成感も報酬も得たけれど、やはり心の奥にずっとある「小説を書く」という願望があって、徐々によそ者のように感じるようになった。と。

なんて素直な人なのだろう。
こんな本音をぶちまけてしまって大丈夫? と心配になってしまった。
ディレクターを目指している人、それと今まで沢山現場で共に仕事をしてきた人が読んだら、「おい、本気じゃないのかー! 」と、叱られてしまいそうなもの。それを分かっていながら、
「生業」と言い切る山田氏。ちょっとかっこいい。

私? 
本業は「雑誌のカメラマン」です。
以上。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-25 12:16 | 何となく

Do it myself

相変わらず時差ボケが治らないakaringです。
今日も五時に目が覚めてしまいました。
まあ、来週は朝一ロケウィークの予感がするので、このまま健康体朝型人間でいようと思います。(夜中にお腹がすいて、ピザを食べてしまった!!! 腹時計も時差ボケ)
今日は頑張ってロサンゼルスから持って帰って来たIKEAのファニチャーズを組み立て。
なんと4時間もかかってしまった!!!

b0026633_18515619.jpg


体育館のようなIKEA。店内にはSHOW ROOMやFOOD COURTもあります。

b0026633_18463483.jpg


Flagileで運搬。中身は大丈夫かしら?

b0026633_1848458.jpg


北欧らしいイラスト付きの組み立て説明書と全てのねじが一緒に入った袋。

b0026633_18492147.jpg


ちゃんと部品が足りているのか心配。

b0026633_18493052.jpg


さてと頑張りますか。意外と力が必要。

b0026633_18484182.jpg


だんだん形になってきました。

b0026633_1850133.jpg


ジャーン!!! 完成!! パソコン周りの書類とディスクをこのワゴンに収納。

b0026633_18501623.jpg


ワゴンと、一目惚れをした跳び箱のような赤い椅子。すっかり日も暮れてしまいました。
私ってば、男子の力を借りずに、こんな物まで組み立てられてしまうのね...。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-22 19:01 | 夢のSOHO

時差ボケパンチ

あー、またまた飛行機で眠れなかった。
というか、シンガポール航空のオンデマンド映画にやられてしまった。
60タイトルの映画を自分の好きな時に見られるすごいシステム。
ついにエコノミーもこんな時代になったのですね!
で、ずっと見たかった「The sisterfood of travering pants」にはじまり、
「HINOKIO」「スクールウォーズ」の日本映画(決して自分ではお金を払ってみないタイトルをあえてセレクト)、「About Love」の日中合作オムニバス、それであっという間の太平洋横断。

今日は朝四時に目が覚めてしまった。これはいつまで続くのかな・・・。

b0026633_1337751.jpg


イタリアのアマルフィを彷彿させるラグナビーチ

b0026633_13375710.jpg


チェロ弾きKUMIKO&ERI。潮の音とチェロの音で通行人はうっとり。

b0026633_13375261.jpg


ただの観光客化している私。

b0026633_13403812.jpg


San diegoのAmutrack station. ヨーロッパみたいでしょ。

b0026633_13414875.jpg


Amutrackからの車窓。

b0026633_13435450.jpg


Mission(スペイン人が建てた古い教会)の蓮。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-21 13:44 | voyage

ゲリラライブ

チェロ弾きKUMIKO&ERIさんの2人は、夕日に照らされたラグナビーチのベンチで、ゲリラライブを決行! この上ないロケーション。
音楽の授業の前には必ず腹痛を起こして、いかにサボろうかそればかり考えていたという音楽アレルギー持ちの私。あー、うらやましい。楽器が出来るって、本当にうらやましい。

パッキング。またまた見つけてしまいました。カワイイ椅子。
IKEAというSWEDENの家具屋さんで一目ぼれ。
頑張って持って帰ります!
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-19 13:35 | voyage

アムトッラック

念願のアムトラックに乗って、一人でふらりと日帰りでSan Diegoに行って来ました。
どちらかと言うと、San Diegoに行くことより、Amutrackに乗ることが本望。
車社会のアメリカで電車はなかなかの贅沢CHOICE! 車両は二階建てで、私のように景色を楽しみにしている人は、もちろん太陽がさんさんと輝く二階の海側。ビーチがすれすれになる時は、スピードを落として観衆を裏切らない演出もあったり。(危ないからゆっくりになってるのは、承知してるけど)。
で、どんな心地かと言うと、ボサノバが流れてきそうな滑らかな時。
石丸謙二郎のナレーターが聞こえてきそうな車窓の素晴らしさ!
南カリフォルニアの海岸線を撫でるように突き進む爽快感は、なんていったらいいかしら。
えええええーっと、速くて、距離の長い江ノ電な感じ。それも、鵠沼と七里ガ浜の間。
とっても平和なのですよ。サーファーもいるし、日焼けを楽しむ娘もいるし、砂遊びする子供もいるし、とてもとても戦争をやってる国ではないのですよ。

そんな中、考えていたのは、
「あー、仕事したいな」「あー、写真撮りたいな」
って。こんな日に限って、一眼レフを置いて出てきていて...。(自分でもびっくり)
やっぱり私はファインダーを覗くのが好きなのです。ははは。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-18 16:08 | voyage

気になる

メッセージ第2弾

ただいまLAにいます。今日はラグナビーチの絶景を眺めながら、ブランチしました。
三度目のLAでやっと好きになれた場所を見つけた感じです。
(ご存知の通り、私はアメリカが好きではないのです)

『タッチ』は渡米前にちゃーんと見に行きました。
高校生って、さわやかですね。戻りたくても、あーっ、戻れないのねー。
女子高育ちの私には、学校内でキュンなんて事は無縁。
やっぱり共学はうらやましい!

ちょっと次なる映画。本屋で小説版を見かけたことがあって、気になってたのです。
中学生のお話。
あー、だんだん、記憶を掘り起こすのが難しくなってきた。
でも、こんな職業につきたいと決めたのは、中二の時だったから、
わりと実りの有る中学時代だったのかも。

初めてLAに来たのは十五歳のとき。
衝撃だったカリフォルニアの太陽は、やっぱり今も高い。
では。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-16 10:31 | movie

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧