ホホエマシイ旅人

<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧




夏・夏・夏・ココナッツ

 ロケバスの中で機嫌良く「二人のアイランド」を鼻歌。昨日は稲村ケ崎でロケ。
 夏っす。やっぱり。チャリンコで浜に向かうローカルサーファーがチラホラ。
 この地でのステータスは、品川ナンバーの高級車ではなく、チャリンコ。
 チャリンコこそ、地元の証。
 最近、スタッフやモデルの間でサーフィンが大流行。
 海に行くために超ど級の夜型人間が早朝に起きて、いざ波へ。
 「人生変わるよ」とか、「健康になるよ」とか。
 いやいや、これ以上、趣味を増やされても。
 負けず嫌いの性分、やり始めたらきっと、チャリンコサーファーを目指すだろうし、
 おそらく、世界の波を求めて放浪し出すこと間違いなし。
 ないでしょう。絶対。
 
 あっつい。熱射病に注意。
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-29 09:06 | 何となく

いろいろでございます。

今週に入って友人二人から「結婚」の報告。
 おっと、これは余震の一種なのかしらん?
めでたい、めでたい。
 「マンションの更新が近づいててね...なんとなく」
と、まあ、決意のきっかけはいろいろでございます。
 
 今日は高校時代の友人が子供二人を連れて、台風の中、遊びに来てくれました。
 カメラマンなんか目指してなくて、22歳でお嫁に行って子供なんかもうけてたら、あり得ない話ではないな。と、元気に走り回る子供を必死に静止させる友人のママっぷりを見ていたら、いろんな想像が頭をグルグル。おいおい。
 22歳の私は残念ながら穴の開いた靴下を履いていたような状態で、人に心をゆだねる余裕なんてなかったのねん。(今もないけど。)
同じ高校を出ても、みんないろいろでございます。

 台風はもう大丈夫かな? 撮影なんだけどな。
 私の最近の心配事は、お天気と為替。
 色気がないのでございます。
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-26 23:40 | 何となく

帰宅難民

 昨日の地震。ちょうどスタジオで撮影していて、ファインダーをのぞいていた時にグラグラ。あわてて三脚を握りしめてしまいました。ドーンと落ちるというよりはユーラユラ。撮影後、渋谷辺りを運転していると、歩道は携帯片手に歩く人で大渋滞。何事なのかしら? と思っていたら、電車が止まっているとのこと。フフフ。私は車だから大丈夫。と御満悦で首都高に乗ろうとしたら、なんと千葉への湾岸&京葉道路は通行止めの表示! なんてことなの! 帰れないじゃん。
 小腹も空いて来て、中目黒で飲んでいた友達と合流。
「車のくせに帰れないってどういうことなのぉぉぉ。」
返す言葉、見つからず。

 家に帰って、倒れている物は一つもなく一安心。また大きいのが来るのかしら。

 
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-24 21:16 | 何となく

ファイト

 朝ドラの「ファイト」。朝からゲラゲラ笑って、涙して、「てるてる家族」以来のハマりっぷり。買ったばかりのDVDレコーダーが大活躍。なんで夜に再放送してくれないんだろう...。
 脚本は草彅君の「僕の生きる道」シリーズを書いていた、私の大大大好きな橋部敦子さんです!
橋部さんの作品には「悪人」が登場しないのです。台詞の一つ一つにとっても気遣いが見られて、優しくて、朝から心地よい気分にさせてくれます。「鬼ばかり」に出て来る、自分の文句ばかり言っているような人達は一切登場しません。
 そうそう、ハマった原因がもう一つ。主人公の「優」とだぶることが多いのですよ。15年以上前の私と。(こんな昔になってしまいましたか...)
 ソフトボールをやるために私立の女子校に行ったこと。今思えば、何をそんなに夢中になってボールに食らいついていたんだか、光化学スモッグが発生してもグランドを走っていましたね。水も飲まずに。高校と同時に部活を辞めて、普通の生活を楽しもうと思ったら、女子校特有の派閥とか、友達との距離とか、「優」みたいに疑問に思うことが沢山ありました。15、6歳の時って意外と脳がパンクしそうなほど、いろんなことを真剣に考えていたのですね。
 さぁ、この夏も「ファイト!」
 15歳の時の方が大人だったのでは?と思うakaringでした。

 ついでにまたまたVietnam Picturesを載っけまーす。Flower Mong People.
b0026633_136311.jpg


おっ美少女発見! 追っかけてパチり。

b0026633_1364960.jpg


豚を売ってます。

b0026633_1363998.jpg


前を向いてくれませんでした。残念。

b0026633_1365478.jpg


バイクに乗ってお家に帰ります。パパは普通の服装です。

b0026633_1373754.jpg


モン族もPHOを食べます。

b0026633_13132039.jpg


この日は38度。あっついからアイス。
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-21 13:14 | voyage

サムライガールズ

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u30B9%u30DD%u30FC%u30C4%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

終わってしまった。ああ、残念。もっともっと彼女達を観ていたかった。
何の話かと言うと、バレーボール。
今日は強い強い中国。13億人の代表。これがどうして、やはり同じホモサピエンス。人間だからミスをするのですよ。完璧なコンビネーションも連戦の疲れで微妙にズレが出たり。ストレート負けとはいえ、今大会では本当に気持ちがいい、好ゲームでした。
負けが決まった後、選手達がそれぞれにストレッチに入ろうとした瞬間、会場のファンから熱い「ニッポン」コールが。しばらくして高橋や竹下が立ち上がって声援を噛み締めるようにスタンドを見渡す姿がありました。この二人の見つめる先。今ではとっても近くにある。シドニー予選の時にはとてつもなく大きくて遠い物だったのに。
がんばれ日本。勇気をありがとう。
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-18 23:01 | 何となく

ひねくれ番長

 今日は学生時代の友人の結婚式の二次会があるとのこと。
 でもパスした。私がひねくれたからだ。
 
 何でひねくれたか。
 そもそも彼女とは、学生時代も卒業後も、特別に連絡を取り合う仲でもなくて、同期というだけで共通の友人が多いといった感じ。最後に彼女と話したのはいつだったかな? と記憶をたどってしまうほど。
 それである日突然の幹事からの二次会のお知らせメールですよ。
 ちょうどめでたい事が重なる年齢なもので、今年はたくさんのハッピーに参加出来て本当に嬉しい限り。みんなそれぞれ、本人が前もって電話やメールで断りを入れて、丁寧に案内のハガキをよこしてくれた。まぁ、それが当たり前じゃないですか。大事な友人の時間やお金を費やしてしまうのだから。
 
 今回は、本人からの連絡もなければ、案内は幹事のメール。
 人数稼ぎの合コンじゃないんだから。寂しいな、こういうの。
 
 てなわけで、自分でもばかばかしくなるほどのひねくれっぷりだった訳です。きっと、そんなお祝い事なんて関係無しに、旧友との再会を楽しめばいい事なのにね。
 私ってば、本当にひねくれ番長。

関係ないけれど、シンガポールの友人のリクエストでベトナムの写真を追加します。
 
b0026633_23381425.jpg
b0026633_23383398.jpg
b0026633_23391318.jpg
b0026633_2339683.jpg
b0026633_2344351.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2005-07-17 23:44 | 何となく

CEBU

ただいまですー。またまた南国帰りのakaringです。

b0026633_191124.jpg


 フィリピン政府観光局の仕事だったので、こんな素敵なリゾートに滞在出来ましたよ!
 最終日は時間に余裕があったので、ビーチでひと泳ぎ。 ラッキー!!!
フィリピン政府としては、もっともっと観光に力を入れて、日本でのフィリピンに対するイメージアップを計りたいとのこと。実際、セブ島を知っていても、それがフィリピンだと知っている人は多くいないらしい。
 
 アジアの国では珍しく70%以上がカトリック教徒。ホスピタリィ精神溢れるフィリピン女性は得意の言語習得術を生かして、世界中で家政婦や看護士として活躍している。
 国に資源がないならば、外貨獲得はマンパワー。ということだ。海外からの送金の50%は日本からによるもの。第二次大戦中、レイテ海戦などフィリピンは激戦地であって、本当ならば中国以上に反日精神になってもおかしくないといのに、彼らはきちんと、「この橋は日本の戦争賠償金で作られました」と、ODAやその他の日本の援助協力をきちんと国民にアナウンスしてきた。そのおかげで、とっても好意を持って接してくれる。これはとってもありがたいこと。
 これからのフィリピンに期待。
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-13 19:07 | voyage

Treasure Coming

負けてしまいましたね、バレーボール。ああ、悔しい!
バレーボール観戦オタクの私。古くは佐藤一子(今で言う高橋みゆきのような器用な選手でしたね)の応援にはじまり、ロシアの大砲・スミルノーワとオギエンコ。キューバのルイスはもちろん、アメリカにはレシーバーで日系のサトウという選手がいました。
 メグ・カナを欠く新生全日本でとっても注目したい選手。
Treasure Coming。宝来選手です。「宝が来る」と書くとてもおめでたい名の持ち主。
 昨年、大フィーバーを起こしたワールドカップで活躍しながら、アテネオリンピックには選出されなかったと言う苦い経験を持つ彼女。今回は顔つきが違います。ワンポイントブロッカーからセンターのレギュラーポジションに大成長です。
 そう言えば、日本の選手はノーメイクですね。汗も隠し、そんな余裕が無いというのが実情でしょう。眉の細さから、普段はオシャレを楽しんでいるのだろうと、伺い知れますが。
 今日の相手、ポーランド。みんな美人でした。これはヤバい。顔小さい。そしてアイメイクバッチリ。体型もごっついわけでなく、しなやかで、適度な日焼けがまたまた美しい。まぁ、憎らしいほどの完成美のチームワークだったのです。
 明日はアメリカ。2mのハニーフのスパイクを宝来で撃破! がんばれ、日本!
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-09 00:50

ライブ8

 アフリカの救済。小学校の頃にこのテーマで新聞を作った覚えがある。
たしか、エチオピアの飢餓問題。あれから20年近くになるというのに、何も変わっていないどころか、HIVとか、内戦とか、問題は増すばかり。
 何でこんな状況になったのか。日本は敗戦後、とてつもないスピードで復活した。それはまぎれもない日本人の頑張りと、それに朝鮮戦争の特需が重なったことが大きな要因。それで、今もなお貧困の続くアフリカの人々に対して、「頑張りが足りない」とか、「怠けてる」とか、「他国を頼り過ぎてる」とか思ってしまう人がいる。生まれた時には既に平和で全てが整っていた私達が言えることでもないのに。

 まず、アフリカの歴史。船でやって来た西欧人が労働力として働き盛りの若い男達を連れ去ってしまったことからはじまる。貴重な労働力を失ったアフリカは老人と子供だけになり、それまで耕していた肥沃な大地を守る人材がいなくなった。そしてやって来た西欧人はその大地で穀物ではなく、輸出用のコーヒー豆や砂糖を作らせた。その後、奴隷制度の廃止であっさりと西欧人がいなくなると、今度はアフリカ人の中で西欧人の見方をしていた者と、そうでない者の内戦が至る所で起き出した。それが今でも続いている状態。

 奴隷制度を認めていた国こそ、立ち上がるべき。
 みんなが立ち上がるべき。
 アフリカ人は怠け者じゃないし、頑張りが足りない訳じゃない。
 安心して家族でご飯が食べられる状況。
 ここまでみんなで導いてあげよう。

 世界中を旅して、いろんな愛をもらったakaring-sunは思うのです。
 何事も、関心を持つことからはじまる。
 
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-06 01:22 | 何となく

脱皮

 小学生以来の日焼けの脱皮。恐ろしやぁぁぁ。肩の皮膚がペロリ。ダサダサ。
今週末からロケでセブ島に行くというのに、こんな状態ではノースリーブなんて着れたもんじゃない。やばいっ!
 今日は雨の中、鵠沼でロケ。あー、梅雨ってカメラマン泣かせだわぁぁぁ。
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-07-04 22:17 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧