ホホエマシイ旅人

<   2005年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧




喪中なり

 十年以上、顔を見ていない祖父が他界した。海軍上がりで、三陸で漁師をやっていただけあって心臓が強かったのか、お正月に倒れてからこの2月の末まで踏ん張った。よく頑張った。
祖父には孫、ひ孫あわせて20人以上いるものだから、誰が誰だか区別がつかない様子だった。だから私を呼ぶ時には、「えっと。」が必ずついていた。
 岩手県宮古市というところは本当に交通の便が悪い。盛岡まで2時間半。盛岡から太平洋岸の宮古までも2時間半。とにかく遠い。こんなに旅慣れていて、アフリカ大陸まで身軽に行く女なのに、本当に岩手は遠く感じるのだ。行かなくては。お葬式に。
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-26 03:40 | 何となく

ピアノマン

 有楽町にある韓国外換銀行で現金を受け取り、そのままホクホクの財布を抱えて斜向いのビックカメラにGO。目指すはデジタルチューナー内蔵のテレビ。テレビッ子の私としては、新居にはまずテレビ。とにかくテレビ。テレビなしでは生きて行けないかも。とりあえずは価格と色調調査。カメラマンという職業柄、テレビの色身はとっても気になる。友人宅でカラーバランスの取れていないテレビを見つけると、勝手に色補正をして、肌色がきれいに写るようにしてしまう。現状で言うと、液晶はまだまだ。黒濃度はつぶれているし、輝度が足りないので、モヤモヤして見えてしまう。それを考えるとプラズマの映像は言う事無し。各メーカー撤退傾向にあるらしいけれど...。はっきり言って、スペースさえ確保すれば、今まで通りのブラウン管が一番良いのです。私がひいきにしているのは東芝。他のメーカーよりちょっと高いのも納得。地上アナログ放送でも色馴染みなし。本当ならば、ワールドカップを大画面で見たさに買った我が家の東芝の32型を持って行きたいところだけれど、あっさりと断られてしまった。ん...。
 先月、韓国内で薄型ブラウン管テレビが発売されたとのこと。やるなー、サムスン。液晶の三分の一のコストで作れるらしい。日本導入はいつなのかな。それまでドンキとかで2万くらいで売ってる、14型のフナイのテレビデオで済ましてしまおうかな。ヤバいけど。
 そうそう、ビックカメラの電子ピアノ売り場にいつもいるおじさん(失礼だけれど、ホームレス風)。いつも自動演奏をかけながら、あたかもリチャード・クレイダーマンのように心酔して指を動かしている名物おじさんが、今日もやっぱりそこにいて、何人かのお客さんが足を止めて彼の演奏に耳を傾けていたのです。で、私は自動演奏なのに...と思って通り過ぎようとしたら、なんと、本当に弾いていたの!!!! びっくり。あのおじさん、何者なんだろう。
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-25 00:50 | 何となく

アジアマーケット

 7年2ヶ月ぶりに韓国ウォンが高値を記録。ついに来ました! またまたド素人のカンが的中! これで、マンションの管理費の一年分を払えそう。フフフフ。やった!
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-24 00:35 | 何となく

集中!

請求書を一気に書き終えた。沖縄へ行く飛行機の中でやろうとのんびり構えていたものが、やっぱりというか、機内で爆睡してしまった為、そのまま帰還。書類一式を持って駅前の知り合いのカフェに缶詰。集中すれば、けっこう出来るものだと自画自賛。このペースで確定申告も出来れば良いのだけれど。
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-23 03:01 | 何となく

未成年の主張

 とくに深く考えず、流行りのお受験なんてものをしてしまった私は、中学、高校と私立の女子高で過ごしている。本当に何もリサーチせずに入学してしまったので、7時40分登校であることや、指定の学校鞄の持ち方( 肩掛けは禁止)まで決まっている厳しい校則がぎっしりあることも知らず。あんなにあった校則は社会に出るととっても矛盾しているものばかり。結局のところ、生徒を管理しやすくする為の「飼育プログラム」みたいなもの。前髪検査、持ち物検査、ピアス検査。毎日毎日、検査ばっかり。限りなく刑務所に近い感じ。
 中学三年の夏休み。同級生が「笑っていいとも」の日焼けコンテストに出た。すると、新学期にはあっさり退学処分になっていた。こんなにウイットに富んだ、ひと夏の少女の思い出作りは認められず。もし私が教師だったら、拍手で誉めてあげるのに!
 ダルビッシュが喫煙で処分だそうな。大物と騒がれて、もはや一般人でないという自覚が足りなかった。キャンプに参加し、ユニホーム姿に見慣れてしまったから、彼がまだ東北高校に在籍していることをすっかり忘れていた。まだ高校生なのだ。それで、球団は謹慎処分を発表したけれど、学校は退学処分もあり得ると言う厳しい態度。当たり前だ。これは校則破りではなく、法律破り。犯罪だからだ。おまけに一度目ではなく二度目。情け無い。野球のプロを抱える球団が生活指導もしなければならないと言う屈辱。契約金を返納してもらった方が良いのでは。
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-22 02:01 | 何となく

嫁入り記念

 はじめに言っておくけれど、私が嫁入りするわけではないです。最近、29という年齢もあり、毎月毎月結婚式にお呼ばれ。お祝儀だけの出費で済めば良いのだけど、自分の衣装で大出費。普段は撮影の為に作業着に近いラフな服装でいることが多いから、まず、ヒールも履かないし、アクセも付けない。スカートなんてとんでもない。だから、二次会ならまだしも、披露宴から出席となると顔面蒼白。大ピンチ。
 母と買い物の途中で、アンティークの着物屋を発見。「着物で行くのも悪くないか...」とオレンジ色の花がちらりと入った訪問着に釘付け。すると母は、押入れを探せば着物の何着かあると言うのだ。それは初耳。和装の母の姿なんて見たことがない。よく聞けば、嫁入りの際に何着か作ったという、もう30年前の話。そんな昔の物が押入れで眠っているというの? 我が家は父の転勤で幾度と転居を繰り返している。帰って半信半疑のまま捜索すると、母の言うとおり、開かずの扉ならぬ、開かずの衣装ケースから着物二着と帯(それもオレンジ色!)が無傷で出て来た。ブラボー! 背丈もほぼ一緒のおかげで、寸法もばっちり。これでいいじゃないー。と、私も母も大はしゃぎ。本来ならば、自分のお嫁入りに着ていきたいところだけど、それは当分なし。母もそれには触れず。
 今年は和装で。意外と似合うんだよねー。
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-21 00:53 | 何となく

メンソーレ。イケメンさー。

撮影で沖縄に行ってきました。いやいや、これは神の天罰か、まじで最悪のお天気。大地に恵みを与えている雨とはいえ、なんで今なのでしょう。こんな時には、Think Differentと言うことで、旨いご飯といい男に視点を変換。
 まず、沖縄そば。これは絶品!!! 特におすすめは、那覇西高校横にある「うるかそば」。前回の沖縄の旅で発見した名店。今回もあの味にそそられて、空港から直行。うますぎる! 
 そしてホテルで出会ったイケメンの面々。たまたまプロ野球キャンプシーズンということもあり、滞在先にはバット片手に外へ出て行く青年がチラホラ。野球好きの私としては、これはなんて千載一遇の奇跡と心を躍らせて後を追っかけたら、彼らはなんとサムソンライオンズの選手。そう、アニョハセヨーな人達。夜、駐車場の街灯の下で黙々と一人でバットを振る姿は芸術そのもの。なんて素敵なのでしょう。韓国ではプロ野球選手はエリート。日本はどこの高校にも野球部があるけれど、韓国では数校に絞られているのです。限られた才能のある子供しか野球が出来ないらしいです。そんなことを前に新聞で読んだことがあって、感極まりまくり。この人は韓国ではきっとスターなんだろうなと、しばらくバットスイングを鑑賞。がんばれー。と言いたくなってしまった。とはいえ、私はがたいの良い男の人はタイプではない。コンパクトで機敏なにっこり笑顔さんが好み。たまたまブセナで私の重い機材を運んでくれた青年が、That's 沖縄スマイルで、なおかつコンパクトで迅速。明らかに10歳くらい年下な気がするのだけど、とってもハートフルな気分になってしまった。ライターのカナちゃんには、「絶対、タイプでしょー。」といち早く見抜かれ、なぜか照れ照れの私。あー、こんなことで喜んでいてよいのかしら。ハハハン。
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-19 23:45 | voyage

はいさいー

 沖縄におりまする。本島だけの撮影のはずが急遽、島へも行くことになり、大あわてで西表と石垣を日帰りで巡ってきました。なんと運が悪いことに大雨。西表はジャングルに暑い黒い雲に覆われて、ちっとも南国気分なし。残念。今はサミットを行った本島のブセナホテルでむくんだ足と格闘中です。明日は晴れますように
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-17 23:37 | voyage

うちなんちゅー

 明日から沖縄へ行ってきます! なーんか天気が怪しいみたいだけど、そんなものはパワースポット巡りで吹っ飛ばしてみせるよん! 今年の恵方は西南西。正月に行ってしまった青森は鬼門だったから、沖縄へ行ってリセット! さー、行って来るさーぁぁぁぁ。
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-15 23:06 | voyage

ワイは猿や。

  b0026633_23502092.jpgあのサングラスの奥の瞳が見たかった。誰の? 宮里藍の。もがき苦しむ北田の困った顔の横で、平然と堂々とプレイをする恐るべき19歳。ギャラリー、メディアを前に笑顔で英語でスピーチする余裕。青木功もニンマリのはずだ。
 小学生の頃、父に連れられてゴルフの試合を観に行った。その頃のスター選手と言えば、もちろん、岡本綾子とト阿玉。父と私が追いかけていたのは当時、美人プレーヤーで有名だった生駒佳代子。(彼女は今、教育テレビで先生をしています) 千葉ということもあり、車を飛ばせば数多くのゴルフ場があり、日曜日ともなれば、クラブを何本かもってお遊び半分でショートコースをまわったりした。今思えば、父は私を「岡本綾子のように。」と勝手に壮大な夢を持っていたのかもしれない。残念ながら、岡本綾子と同じようにソフトボールをやり始めた中学の頃に、私のとっても理屈っぽく、飽き性の性格は勝負事には不向きだと分かってしまった。
 たまに打ちっぱなしへ行く。100を切りたいとか、藍ちゃんのようにとか、そんな願望は一切無い。ドライバーを振り回すだけで、気分はすっきり。ただ、その快感を味わいたいが為に3パコも打つ。それも3番ウッドのみ。だから「コースに行きましょう。」と誘われても困る。なぜなら、私はアイアンが打てないから。まさに、背中に一本ドライバーのプロゴルファー猿。
 宮里、北田、横峰、古閑の若い衆に女王の不動。今年も目が離せませんね。
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-14 22:02 | 何となく

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧