ホホエマシイ旅人

カテゴリ:写真の話( 86 )




世界に飛び出す勇気

パリコレ2
 写真を始めた頃は、ただ何となく「いつかは海外で」と思っていた。独立して2年目くらいまでは「300万貯まったらパリへ」なんてことを言っていた。最近は、「旅行で十分」と鞍替え。何なのでしょう。まー、今のところ私には日本が楽しいってことですかね。
 アシスタント時代、マガジンハウスに出入りしてたことも会って、外人モデルに接する機会が多かった。彼女達はブックを片手に各国を3ヶ月ペースでまわり、オーディションを各地で受け、撮影やショーをこなす。休み時間になると、遠く自国で待ち続けている彼の話をしたり、小さい頃からの相棒とばかりに年季の入ったテディベアを見せてくれたり、並々ならぬプロ根性に隠れたピュアな乙女心を見せてくれたものです。
 パリコレ。とっても華やか。別世界。いつかは覗いてみたいものですね。
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-11 18:20 | 写真の話

100本

 今日の撮影、なんとフィルム100本!!! 途中でカメラの電池が無くなりました。合掌..。
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-02-05 23:27 | 写真の話

疲れました。

 オープン前の某ブランドショップでファッション撮影。入出の際には全てのカメラバックの中身を警備員のチェックを受けなくてはならない。それだけでひと労働。館内に入ったら、直にカメラバックを床に置くことを禁じられ、三脚を立てることも出来ず、結局、RZとという重たいカメラを手持ちでシャッターを押すはめに。なぜかモデルと私のコンタクトも小声になり、カメラマンになって以来の厳粛さ。ちょっとの物音で、プレスの方と目が合い、「すみません。」と平謝り。はぁ、疲れた。
 
[PR]



by akaring-sun | 2004-11-29 23:12 | 写真の話

はずかしい手

 今日はViViという雑誌のネイルのモデル撮影。本当にネイルアートは細かいっ!!!! 昔、米粒に字が書けると自慢していたおじいちゃんどころではない。本当にすごい! いつの時代の誰が爪に絵を描こうと考えついたのだろう。
 言うまでもなく、私の指は職人の手と言うべき、ぶっとくて丸ーい色気のない物。たまに呼ばれるブランドの発表会で、ちょっと御めかししたのはいいのだけれど、肝心の名刺交換となると、思わず手を引っ込めてしまう。三脚をたたむ時、カメラのレンズを換える時、カルシウム不足で乾燥し過ぎの私の爪は、潔く割れる。あいたたた。
 早く爪にお金をかけられるだけの余裕のある大人になりたい! いやいや、カメラマンをしているうちは無理なのでは? なんだか、寂しいですのぉぉぉぉ。
[PR]



by akaring-sun | 2004-11-15 23:09 | 写真の話

生きよう!

 今日はPremoという妊婦さんのための雑誌の撮影。最近のマタニティウエアは機能的でとてもオシャレ。モデルさんももちろん本物の妊婦さんです。お腹に詰め物をしている訳ではありません。撮影する側は、身体に無理はさせまいと短時間で終了を心がけ、スタジオの足下につっかえそうなものはないかとか、寒くないかとか、いつも以上に気を配ります。現れたモデルは、なんとしーちゃんでした。約2年ぶりの再会です。しーちゃんは我々スタッフの中でも大人気の癒し系モデル。どんな人にも礼儀正しく挨拶をし、優しくて、かわいくて、モデルの仕事もばっちりする、とっても素敵な女性。結婚したときはみんな旦那様にちょっとばかり嫉妬したものでした。そんな女神のようなしーちゃんがお腹を抱えて、さらに穏やかに笑って立っているのを見ていたら、とても感動してしまいました。久々の再会にとてもうれしくて、家が近い事もあり、一緒に帰って参りました。妊婦を乗せて運転だなんて、大緊張。スピードも抑えめ、ブレーキもゆっくり。和菓子屋さんに立ち寄り、ごま団子をほおばりながらケラケラ笑っているしーちゃんが、またまたかわいくて、こんなきれいなママで子供は幸せだなぁ。と、思ったり。しーちゃんに「つわりで何もやる気がなかったから、すごい気分転換になったよ。ありがとう!!」と言われ、さらに感動。いつでも妊婦の遊び相手になりまするよ! 
 妊婦さんといると幸せな気持ちになれるのは、何でなんでしょう。ああ、今日はとっても生きている気がした。明日も生きよう!
[PR]



by akaring-sun | 2004-11-04 21:57 | 写真の話

Hey,Jude.

今日はなんとジュード・ロウの撮影だった。おぉぉぉぉ、緊張した。ジュード・ロウの私が勝手に描いていたイメージは、隙のない完璧主義者でとっても繊細なイギリス男。いえいえ、実際はとっても気さくで真面目で、すてきなお兄さんでした。マスコミ取材日という事もあって、朝から各媒体のインタビューに答えていたらしく、夕方の私達の頃には少々、お疲れのご様子。それでもひとつひとつ質問には熱心に答え、短い制限時間の中、紳士に応対してくれた。本当にジェントルマン。日本のスターと呼ばれる方々もぜひぜひ見習っていただきたい。
そして撮影。とりあえず、
Did you have a good sleep last night? Jetlag?
と、声をかけた。目をこすりながらにやにやするジュード。
柔らかい夕日が差し込む窓際で撮影していると、東京の空のすごーく遠くを見つめたり。(そうそう、この表情。ものすごいハンサムなんだけど寂しい感じ。)
Make a smile,so that Japanese girls like it.
と言うと、はにかみながらレンズに微笑んでくれた。(いやぁぁぁ、サイコーにすてきです)
 あっと言う間にジュードとの時間は終わってしまったのですが、最後に握手をしてもらい、ただのファンと化していた私。カメラマンで良かったなー。とつくづく思った。
 本当はジュードの写真を載せたかったのだけれど、撮影前に他の掲載禁止という契約書にサインをしたのでそれは無理なのです。アメリカは裁判社会ですから、ちょっとだけなら。という日本的甘えや融通は命取り。てなわけで、ViViの掲載をお楽しみに。
[PR]



by akaring-sun | 2004-10-28 23:40 | 写真の話

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧