ホホエマシイ旅人

カテゴリ:movie( 23 )




ヒューさん

朝の情報番組を見ていたら、
ヒュー・グラントが映画のPRで来日していて、劇中のダンスを披露していた。
そして、映像にはこんなナレーションつき。

「情けないイケメンをやらせたら世界No.1」

あれれれれれ。ヒューさんって、いつからこんな扱いになってしまったの。
こんなに私生活も役者人生もコメディな人はいないから、納得なのだけれど。
ヒュー・グラントとコリン・ファースは、本当にダメ男が上手い。
いつの日か、ジュード・ロウとユアン・マクレガーもこの二人のようになって行くの?
イギリス人俳優は先が読めないなぁ。

もし、ラブアクチュアリーを日本でリメイクするなら、
阿部寛かな。ヒューの役は。
福山雅治でもいいか。

なんでこの二人が思い浮かんだんだろ...。
あっ、ふたりとも、日本が誇る貴重なイケメンの独身でしたね。
この二人、なんで結婚しないのかなぁ。
 
[PR]



by akaring-sun | 2007-04-23 23:01 | movie

花とアリスはここだ!

羽田空港の近くのとあるハウススタジオ。
今日も快晴!
写真の神様が味方してくれてる。
大感謝!
こんな日はのびのびと、おおらかに、現場の雰囲気作りに精を出す。
暇を持て余したモデルの子供達と、空き時間に靴下を丸めてキャッチボール。
広ーいスタジオを元気よく走り回る彼らを見ていたら、
ある映画のシーンがフラッシュバック!
私が大好きな岩井俊二監督の「花とアリス」のワンシーン。
蒼井優が紙コップを丸めてバレエを踊るシーン。
覚えてる?
大沢たかおがカメラマンの役で、編集者が広末涼子。
もしや、もしや。
あの名シーンはここなのでは?!
やっぱりここだ!
きゃーーーーーっ、感激っす。


b0026633_2333564.jpg


ブタカンちゃんに蒼井優の真似をしてもらいました。ちょっと後ろにある機材が邪魔だけど。

b0026633_23331837.jpg


広末涼子が電話をしているのはこの階段。

おーーーっ!
映画を見ていない人は是非!!
[PR]



by akaring-sun | 2007-01-30 23:35 | movie

東京フレンズ

買ってしまった!
瑛太見たさに「東京フレンズ movie」のDVD。
このシリーズ、本当にナイスキャスティング!

とくに、小林真央のぶきっちょな演技と、何かと上手く滑り込む中村俊太。
この二人が日常の現実感を軽快に醸し出していて、
「NANA」のような浮世離れな音楽ドラマとは、全く違った味付け。
大塚愛の歌声も心地よさ満点!
脚本がどうの、映像がどうの、セリフがどうの、って論じる作品ではないけれど、
なーんか見ていて安心する。

寝ればいいのに、夜中にDVD。
ずーっとロケ続きで5時起き月間。
今日こそは...。
[PR]



by akaring-sun | 2007-01-23 23:11 | movie

夜ピクとゴーイング

新幹線移動の必需品。
iPodと本。
新幹線の密閉された空気が本当に苦手で、(匂いもダメ)
長時間高速エレベーターに乗っているかのような感覚を回避するために、
まずは耳栓代わりにiPod。
最近のお気に入りはゴーイング・アンダー・グラウンド。

今週の本は、本屋大賞をとった恩田陸の「夜のピクニック」。
(仙台に行く旅路で、仙台出身の作家の本を手にするなんて、いい感じー!)
この本が、本当にさわやかで良いのですよ。まったく毒がない。
24時間、80キロを歩くという高校の行事の中で、
友人同士で少しずつ心のうちを語り始めたり、すれ違いを埋めたり、
卒業までにやっておかなくてはならないことを、ひとつずつクリアして行く男女。
ただ歩くだけなのに、何か特別。
イメージ的には、キャンプファイヤーの後の語らい。

そんな、生き生きとした文章を目で追っていたら、もう、胸がいっぱい。
小説に夢中になって耳に音楽が流れていることをすっかり忘れていたのに、
歩行祭のゴールに近づいた時に、名曲、
ゴーイングの「同じ月を見てた」が流れ出して、
さらに感極まって、最高のクライマックスに大号泣!
ああ、なんてシンクロ! 素敵すぎる。

この本、映画化されてただいま上映中です。
今日は空き時間があり、レディスデーだったので、
「フラガール」を見たい気持ちを抑えて、
「夜のピクニック」を見て参りました。

キャストはイメージ通りの100点満点。
もう少し、スタンダード演出してほしかったなぁ。と長澤監督に不満。
音楽はゴーイングではなくて、モンキーマジック。
絶対にゴーイングのほうがあってるのにーーーぃ。

b0026633_2184489.jpg


この二人の役者に注目してくださいな。
多部未華子と石田卓也。
なかなか良いです。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-11 21:14 | movie

ダヴィンチ・コード観たでー

さっきふらっと近所の映画館のレイトショーに駆け込んで観てまいりました。
ダヴィンチ・コード。
あー、ずばり、謎解きは難解なり。

これから観る方には以下のことをお薦めします。
1、原作本を読む。
2、世界史を勉強する。
3、日本語吹き替え版で観るべし。

絶対に読まずして映画の理解は100パーセント無理ですね。
私の両隣に座っていたカップルが終了と同時に彼女の方が、
「ねぇ、それで、誰が犯人だったの?」
って、彼氏の方を揺すっていたけれど、
「さぁ、あの人じゃない?」
と曖昧な返答。

それには謎解きにダヴィンチだけでなく、ローマ帝国や十字軍、王家、そして一番大事なキリスト教の根源というものが頭で整理されてないと、ちっとも展開が早過ぎて付いて行けないのですね。

そして、そんな謎解き難解用語が、しつこいほどの漢字の羅列で、
字幕となって現れるのだから、読んでいるだけで映像に集中出来ないのです。
でも、吹き替えはなぁー。というアレルギーをお持ちの方。
この映画に関してしは、そんなに母国語に固執すること無いような気がしますよ。
フランス語を母国語をしている俳優が英語のセリフを話す場面がとても多く、
なんか不思議なのですよ。チェ・ジウの日本語みたいです。

さぁ、みなさん。
予習してから謎解きに参加してくださいな。
ちょっとエグイ映像が多いので、デート向きではないです。

 
[PR]



by akaring-sun | 2006-05-25 01:18 | movie

チルソクの夏

日本列島、大丈夫かな。
雪が降ってないのは、関東だけ?

お休み最後の日。
寒そうなので一歩も出ることなく、家でDVD三昧。
今日の優秀作品は、

「チルソクの夏」

下関の女子高生と韓国の釜山の男子高生の恋の話。
舞台は1977年。私が生まれた次の年の話。劇中歌にピンクレディーと山口百恵。
登場する女の子たちの髪の毛はもちろん黒くて、まっすぐで、制服のスカートもちょい長めで、携帯もメールもないからやり取りは文通(国際郵便)。
いちいちもどかしいのですよ。
まず手紙書いてポストに入れるまでドキドキ。
相手の返事がいつくるかいつくるかでドキドキドキ。
なんなのでしょう。このもどかしさ。懐かしすぎます。

携帯電話を持つようになったのは大学生になってからだから、私もぎりぎり高校時代はこの「もどかし」恋愛でドキドキしていたのですよ。今思えば。
第一関門は家の電話の子機をさりげなく自分の部屋に持って行くことに始まり、8時ぴったりの彼からの電話をワンコールで取る。
ああ、こんな時代もありましたね。待つのが楽しいというか。
今じゃ、携帯出ないだけでムッとして、メール返信遅くてカリカリして、
無駄にイライラしてる人、多くなったような。

さて、新年。
私は今年もハートフルに、穏やかに、楽しんでまいります!!
[PR]



by akaring-sun | 2006-01-05 23:44 | movie

真剣なのです

昨日の夜中の2時に無事に撮影が終わりました!!
さて、これから一番根気のいる編集が始まります。
あと、ひと頑張り。

b0026633_12433521.jpg
b0026633_12434822.jpg
b0026633_12435917.jpg


みんな、やる気満々。私も真剣にやらなくては。
それにしても、毎年毎年、彼らのチームワークにはほっとさせられる。
うらやましい。私にもこんな仲間がいればなぁ。
個人事業主の小さな願望。
[PR]



by akaring-sun | 2005-12-26 12:45 | movie

勝手に賞レース

やっとやっと、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました!
いやー、泣かされました。やっぱり。
ストーリーは、一度どこかで観たような、別に大した展開でもないし(寅さんと菊次郎を足して2で割った感じ)、話題になっている画像合成も、まー、完全に違和感がない訳でもなく、何がこの映画をここまでしてしまったのか...。

ずばり、役者。

堤真一の歯切れの良さ。薬師丸ひろ子の柔らかさ。吉岡秀隆の鈍臭さ。

さすがなのですよ、この三人が。

でもなー、作品賞は「パッチギ!」にあげたいんだよなー。
どうなるかな、今年のアカデミーは。

あまりのもいい人キャラが定着している吉岡秀隆の「殺人犯」なんぞを観てみたい。
彼の狂気に満ちた顔も、なかなか迫力あるのでは。来年に期待しましょう。
[PR]



by akaring-sun | 2005-12-12 22:17 | movie

マギー・チャンはかっこいい!

今日も5時起き。
ぐずつくお天気の中、ロケは快調に終了。
さっさと寝ればいいのに、ちょっと知りたい北京語と広東語のフレーズがあって、
「ラブソング」という香港映画のDVDを見始めてしまった。おそらく20回目以上。
そのくらい大好きな作品。
主演はマギー・チャンとレオン・ライ。
そして映画のテーマになっている歌はあのテレサ・テン。
やっぱりこのマギー・チャンはサイコーに素敵!!! さすが香港の大女優。
昔の男の結婚式で肉まんをモリモリ食べるマギーの顔が、とにかくいい。
内容は内緒。秋にぴったりな映画だから、見てくださーい。

北京語と広東語。ちょっとしたマイブーム。
今日、表参道で撮影していたら、北京語を話す爽やかカップルが、我が撮影隊を遠目に見ながら通り過ぎて行きました。最近、何処へ出かけても中国の方を見掛けるようになりましたね。
このブログにコメントを寄せてくれるSingaporeのミン君も北京語の達人。

清完!

これで「おやすみなさい」という意味らしい。
では、Good night!
[PR]



by akaring-sun | 2005-10-05 00:00 | movie

まさよしってば

あー、胸が熱くなってしまった。まさよしに。
「8月のクリスマス」観に行ってきました。
この作品は韓国の名優ハン・ソッキュが沈黙で愛を語っていた名作「八月のクリスマス」のリメイク。 (今公開中のヨン様の「四月の雪」を監督しているホ・ジノという人のデビュー作です。)
ハン・ソッキュも良かったけど、いやー、やっぱり、まさよし。
エンドロールの彼の歌声に号泣です!

えー、それから今週の3冊。
「青空のゆくえ」は映画版も気になるところ。3時間で読破。出来るなら、こんな本に14歳で出会いたかった。
「ナラタージュ」はじわりじわり。あまり装丁の写真が好きじゃないのが難点。
「ベイビーシャワー」はずばり10年後の私がそこにいる感じ。

b0026633_20264550.jpg


そうそう、とっても感動する大事件が!
「ベイビーシャワー」の作者の山田あかねさんからこのブログにコメントがありました!
おぉぉぉぉっっっ!!! とビックリしていたら、さらにびっくり。
山田あかねさんのブログにて、このブログが紹介されていました!!!
なんたる奇跡。ネットってすごい!
山田さんのブログはこちら。
http://yaplog.jp/akane-y-dairy/
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-28 20:31 | movie

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧