ホホエマシイ旅人

カテゴリ:car( 36 )




撥水コート

お正月以来洗車をしていなかった我が愛車・C3。
昨晩、ピッカピッカになりました。
それも無料で。

4日に1度は満タンにする上客な私。
セルフなのにガソリンスタンドの所長さんはいつもいつもフルサービス。
ありがとうございまーす。
で、昨日、
「洗車お願いしまーす」
と、仕事帰りに立ち寄ったところ、
「いつもありがとうございまーす。サービスしちゃおうかな」
と所長さん。
「やった。今日ねー、私、誕生日なんですよー」
すると、
「まじでー。なんだ、そうなのー。じゃあ、めっちゃサービス。一番いいやつ、サービス」
と、なかなか手が出なかった「撥水コート」をしてもらうことに。
キャーーーー!!
所長さーん、ありがとう!!

撥水コートの威力、今晩発揮。
久しぶりの雨でしたね。
はじく、はじく。
おいらのお肌もこれくらい水をはじいてくれたら良いのに。
あー、怖い。
[PR]



by akaring-sun | 2007-01-26 23:15 | car

C3、冬眠か?

昨日はさわやかなお天気でしたね。
甥っ子の野球観戦がてら、お友達のコンブ様と九十九里に行って参りました。
シーズンオフの大人の九十九里は情緒豊かでございます。
片貝海岸名物の焼き蛤とホタテを食して、さらに南下。
目指すは勝浦漁港で戻りカツオ!
「角煮が食べたい」
と言っていたコンブ様の願いが引き寄せたのか、
勝浦市街を迷っていたC3号は一軒の佃煮屋さんに到着。
ばっちり「カツオ角煮、マグロ角煮」の看板あり。
私達ったら、なんてついているのでしょう。
十分に、というか、ほぼ全種類の試食を終え、
コンブ様は数種類ご自宅とお友達用に購入。

さてと、浜にサンセットでも見に行きますか。とC3に鍵をさしたところ、
未だかつてない、素っ気ない反応。
カツッ.....。そして室内灯がダウン。
あれれれ。エンジンがかからない。これはこれは、もしかして。バッテリーーー!!
何でこんな時に。それも、何の前触れもなしに。
トランクからバッテリーケーブルを取り出して、佃煮屋さんのお車に繋がせてもらい、
エンジンスターーーートーーー!! とはいかず、反応無し。
これは素人では無理と判断。
保険会社のロードサービスが40分ほどで到着。
その間、佃煮屋さんでお茶をいただき、まったり。
若女将も旦那さんも「いいよー、うちは平気だから。ゆっくり待ってて」と、にこやか。
アー、なんて素敵な人達。
勝浦の佃煮「近江」。みなさん、おいしいです。行ってください。
やって来たサービスのお兄さんは悪戦苦闘のご様子。
「外車なんで、設定が難しいんですよ」
と電話でシトロエンのメカニックとやり取り。なんだか時間がかかりそうな御様子。
そういえば、私達の勝浦の目的は「カツオ」のはず。
「カツオ」食べずして帰るわけには行きません。

「あのーー、終わりそうになったら電話いただけますか」
と、お兄さんに携帯番号を渡して、その場を離れ、地元の人でにぎわう定食屋さんにGO!
カツオ定食。まーーーー、なんて、濃厚なのでしょう。うまい!!!
わがC3のため、日も沈んだ佃煮屋の駐車場でたったひとりで車と格闘しているお兄さん。
ごめんなさい。カツオ、めっちゃ美味いです!

「エンジンがかかったんですけど、切るとまたかからないので、
早くバッテリー交換してください。ただ、このバッテリーは珍しいですからね」
とのこと。えーーーっ、千葉までノンストップで帰らなきゃいかんの?
シトロエンのディーラーさんに電話をかけると、
「じゃあ、勝浦に近い車屋さんにバッテリーの在庫があるかどうか調べますねー」
と素敵なご返事。
この時、19時。何としてでも閉店前に到着となければなりませぬ。
297号大多喜街道をいざ北上!
この道、普段はバイクのツーリングロードとして名高い、アップダウンの山道。
電灯無しの真っ暗闇。
「こんなところで止まったらどーするよ」と、アクセル拭かし気味。
「あのー、鴨川にあるらしんですけど」
としばらくしてディーラーさん。
鴨川って、勝浦より奥じゃないの。反対方向よ。
山道越えてしばらく国道を走っていると電飾発見。イエローハット!
おー、神よ。
「あー、特殊なので、うちでは出来ませんねー」
と、あっさり崖に落とされる。

これは気合いで千葉まで走って、仕方ない、明日、レッカーしてもらうか。
あっ、そういえば、いつも行く近所のオートウェーブは21時までやっていたはず。
なんとか爆走すれば間に合うかも。あとは在庫があるかどうか。

「在庫ありますよ。今どこですか?」
「えーと、千葉まで39キロってところです」
「9時過ぎてもかまいませんよ。待ってますから。気をつけていらっしゃってください」
と、素敵なお返事。きゃーーーっ! 助かった!

オートウェーブ到着20時58分。
駐車場の誘導係の人に車を見るなり、
「お待ちしてましたー!!」
とニッコニコで言われ、奥に進むと4、5人の従業員のお出迎え。
パリダカのゴールのような暖かい歓声。
いやーー、涙でそう。はぁ、一安心。

沢山の人に助けられました。
いやー、みんな、とっても親切!
これは全て、愛くるしいC3のおかげ。
こんなトラブルも可愛いのです。

コンブ様、次回はちゃんと落ち着いて参りましょう。
[PR]



by akaring-sun | 2006-10-22 22:12 | car

女豹

今日の雨は激しかったですねー。
撮影先の六本木ヒルズの51階から下を覗いたら、
ただならぬ地上のグレーな世界にびっくり。
昼前にヒルズに入った時はポツポツ雨だったんですけどね。
撮影後にはまぶしいくらいの太陽。
ほんの一時間か二時間の土砂降りだったのですね。

ヒルズの駐車場は、丸ビル同様の可動式。
ガガガッガーーーー。
って轟音を立てながら車がビルに吸い込まれるように収納されて行く最新式。
(たまに車高が下がるという理由でシトロエンの入庫を断られます。C3は下がらないのに)
このタイプの何がいいかというと、出庫する際、
自分の車がローラーに乗って自分の方へ近づいてくる瞬間が、
まるで社会派映画のようで、オーナー魂をくすぐるのです。

我が愛車、シトロエンC3が暗闇から登場。
スローモーションで迫ってくる。

てな感じ。
妄想しすぎですね、相変わらず。

でも、今日は、社会派とはいかず、完全なるB級コメディだったのです。
なんと、ポツポツ雨と、先日の黄砂のおかげで、黒いC3がなんと、

ヒョウ柄。

水玉とか、そんな可愛いものではなく完全なるドット。
黒地にゴールドのドット。
これをヒョウ柄と言わず何と言う。

明日もにわか雨があるらしいので、洗車は断念。
しばらくC3は女豹ということで。
見なかったことに。
[PR]



by akaring-sun | 2006-04-20 23:52 | car

マイナーチェンジ

シトロエン流“ユニバーサルデザイン”?

我が愛車のブログを発見。
もうちょっと日本で売れていいはずの車なんですけどね...。
おかしいな。
[PR]



by akaring-sun | 2006-04-04 23:41 | car

みーつけたっ!

今日は劇的過密スケジュール。
ロケバスさんもアシスタントもいなかったので、撮影、運転、撮影、運転の繰り返し。
一度組み立てた機材をいちいちばらして運ぶから、ちょっとしんどい。
ちょっとへこたれていた私に嬉しいハプニング!
ロケ先の学芸大学のコインパーキングでの出来事。
せっせと機材をトランクに積み、次のスタジオへ移動! という時に、

「あのー、もしかして...」
と、ニコニコ感じの良い青年。
顔に見覚えがなく、一瞬、どこかの編集部の人だったか考える。????。
「私、ぷるだいです」
ぷるだい。えっ!? あの、「ぷるだい」さん!? ぷるだいって、あの「ぷるだい」?
「キャー!!」
と、絶叫の私。

なんと声をかけて来てくれた青年は、「ぷるだい」というネームでブログにコメントを寄せてくれる名古屋在住のシトロエン乗りさん。
おーっ!! びっくり。マジで、ビックリ!!!! そして、納得。
はじめまして。なのに、ちっとも違和感がなかったのですよ。
想像通りのビジュアルと声で。十年くらい前から知っている人みたいで。
「C3が停まっているのを見つけて、もしかしてと思って。やっぱりそうですね」
と、ぷるだいさん。
偶然ってあるものなのですねー。キャー、凄すぎる。それも学大で。
よくぞ声をかけてくれました! 大感謝。

で、結局、驚きのあまり、自己紹介もせず、ちょっと急いでいたこともあり、
「また、書きますねー」
なんて言って別れてしまい、即「しまった」と、反省。
一部始終を助手席に乗っていたライターのイチゴウさんに伝えると、
「それって、運命的よね! ブログってすごいね 」
と、声高らかに興奮気味。

ブログって、繋がってますね。
おほほほほ、シトロエン乗りの魂は世界共通なのです。
[PR]



by akaring-sun | 2005-10-25 00:12 | car

パンクとGTO

ちょっと訳あって、久しぶりに電車に乗りました。
はぁぁぁぁぁ。
なんと、昨日、我が愛車C3が入院してしまいました。
撮影に行く途中に、パンク! (えぇ、またです。それも同じ場所です)
それも運が悪い事に、あれからスペアのタイヤを積んでいなかったのですね...。
即、保険会社に電話。雨の中、30分後にはレッカーされて行きました。
で、私は急いでカメラ機材をタクシーに積み込んで、いざ渋谷のスタジオへ。
「超特急でお願いします! 」
と、頼んだら、運転手さんもやる気満々。
黄色信号は進め。赤信号は気をつけて進め。
5分遅れで、なんとかセーフ!
なんと言っても、この日はタレントの撮影。大遅刻なんて許されません。
それも、GTOのあの鬼塚先生だったので、本当におくれたらシャレにならないと、心臓バクバク。到着後、急いでセッティングをしてオンタイムでシューティング開始。
あー、焦った。あー、参った。
救われたのは、鬼塚先生がとても協力的だったこと。あー、よかった。
二本目の撮影で運良くロケバスが出ていたので、帰りは送ってもらい、一安心。

いつ治るのかな。来週までかかるらしい。
パンクごときになんで時間がかかるのかと言うと、
ナットをガソリンスタンドで折られたんです、以前に(ブログで書きましたが)。
それで外すのにホイールをカチ割らないといけないらしいのです。
あー、ついてない。また大出費!!!

反町君はイメージ通り、男っぽくて、まっすぐで、とても素敵な方でした。
本当にそれだけが救い。
はぁぁぁぁ。
[PR]



by akaring-sun | 2005-10-06 23:09 | car

ついに!!!

この原油高でガソリンが急騰!
ついに我がC3にレギュラーガソリンを入れてしまった...。
 ひと月のガソリン代が2万5千円くらいだったのが、一気に3万円越え。
 さすがにのんきにハイオクを入れてる場合じゃなくなってしまった。
 ディーラーのお兄さんが小声で、
「ブレンドで大丈夫ですよ。いろんな国で売られている車ですから。ちゃんとコンピュータがガソリンの種類を察知して、順応するようにプログラムしてありますから。日本のガソリンなら大丈夫です。」
とのこと。
 なーんだ。飛ばし屋でも、走り屋でもない私にはレギュラーで十分じゃないのぉぉぉ。
 
[PR]



by akaring-sun | 2005-08-25 23:21 | car

短気は損気

あぁぁぁぁちぃぃぃぃぃ。
無事に岩手より生還いたしました。
15時間ドライブっす。恐ろしいでぇぇぇ。パリより遠い。ロンドンより遠い。
なんと言っても、我が家の頑固親父のおかげでとんでもない事件が勃発。
とにかく車検切れのこともそうですが、全てにおいてアバウトで豪快。
 
まずは往路。なんと私には一度たりともハンドルを握らせず!!! 女の運転は信用出来ないらしい。(なんだとぉー!!!) C3を購入して2年半。駐車場での移動以外に他人にハンドルを譲ったことはなし。セミオートマというなんとも厄介なシフトで、坂道は落ちて行くし、クリープ現象がないからアクセルを適度に踏まないと進まないのですよ。それでも私が愛してやまないC3。自動車にちっとも愛を持たないおっさんがハンドルを握ると、やっぱりとんでもない事が起きるのですよ。ヤンキー車を前にしてハイビームで145キロで爆走したり、坂道でエンストしたり、道に迷って民家の庭でUターンで据え切りの連発だったり。とにかく車が心配で私は一睡も出来ず。
 
復路は前日の同窓会の飲み過ぎで完全に二日酔いのため、素直に私にハンドルを譲る。ただし、人間ナビと化して「そこ曲がれ」「ブレーキ」「音楽うるさい」とか、助手席から参戦。12時間走ってようやく茨城県大洗に到着。このまま鹿島に抜けて東関道を目指せば、2時間弱と行ったところ。時間は深夜11時。すると助手席のナビ親父が「ショートカット。そこ曲がれ」と街頭もない細い道を行けと命令。「行けったら」と再度命令。大雨の中、砂利道を走るなんて最悪! 勘弁してよ。と言いたいところだけれど、怖くて出来ず。仕方なく雷雨の中、怪しい一本道に方向転換。あたりは真っ暗。沼なのか田んぼなのか見分けつかず。たまに光る雷であたりが一瞬照らされるだけ。対向車もなし。こんなところで故障したら、アウトだな。と、不吉なことを考えながら、言われる通りに突き進む。30分経過。走れど走れど幹線道路にぶつからず。

「この道、あってんの?」
と私。
「いいから、まっすぐ行けって」
と、やはりイライラ怒りモードのナビ親父。
 しばらく走ると、初めての対向車。少しばかり左に車体を避けると、不可解な音が後方から。プシュー。ボコボコボコ。何の疑う余地もないパンク音。
「パンクした。パンク」
「いいから、走れ」
「は? パンクしてんだよ。走れる訳ないじゃん。」
「走れねぇの?」
「スペアに変えるから。もう!!!!」

公衆電話のあかりを頼りにトランクから工具を出して、雷雨の中、いざタイヤ交換。
実は先代のアウディA3に乗っていた時に、タイヤ交換の経験があるのです。クランプで車体を持ち上げるのもスイスイ。ものの5分でタイヤを外すことに成功。
それまで後部座席で熟睡していた母親と甥っ子はおろおろ。
とりあえずシトロエンのロードサービスに電話をして、アドバイスを聞いている私を余所に、ナビ親父はガンガンと音を立てながら無理矢理力ずくでスペアタイヤをはめようと押し付けてるじゃないですか!! 
キャー!! やめてぇぇぇぇぇぇ。ブレーキディスクに傷がつくぅぅぅぅぅぅぅ。
もう触らないで!!!

本当に最悪。最悪だ。

 今日、時間があったので洗車とタイヤの調整をしにガソリンスタンドへ。
車内がイカ臭い! 誰だ、サキイカを食べたのは!
そして、またまた問題が。タイヤのナットを外していたら、ナットを折ってしまったと、スタンドのお兄さん。なんてこと...。盗難防止用のナットはアダプターを付けて外すのが常識なのに。

どうして先のことを考えて行動出来ないのでしょう。それにしてもひどい...。

今月はひどい。
ハッセルブラッドをスタジオマンに壊されて修理。
愛車・プラネットは盗難未遂とはいえ、鍵穴を壊されてただいまバイク屋さんに入院中。
そしてC3。
どんだけ出費すればいいんだか。
フトコロ、キビシーィ!!!!

 
b0026633_1840337.jpg


b0026633_1845115.jpg


 道中、一度もシトロエンに遭遇せず。
 シートがいいからロングドライブに最高なんだけどな。
[PR]



by akaring-sun | 2005-08-17 18:31 | car

にわかバイカー

 テレビを見ていたら映画・戦国自衛隊の宣伝で嶋大輔が出ていて、主演の江口洋介に「江口君もデビューは湘南爆走族ということで...」と手をグーにしてブンブンとバイクに乗る振りをしていた。その仕草ですっかり忘れていたことを思い出した。
 あっ、私ってば、バイク屋さんに我が愛車を預けっぱなしだった!!!
 嶋大輔のおかげもあり、今日はバイク屋さんに引き取りに。LEONから飛び出してきそうなイタリアン親父のバイク屋オーナーは、「もっと乗ってあげてよぉぉぉ。」と、ピカピカに磨いてある我がプラネットを奥から引っ張ってきてくれた。
 今日はバイク日和。曇りというのがちょうどいい。ご機嫌で稲毛海岸へ走り、そのままマリンスタジアム周辺を行ったり来たり。
 梅雨入り間近。ずぼらなオーナーを許しておくれ。
b0026633_1748856.jpg


 ヘルメットはなかなか頭に合うのがなくて、パリに行った時に見つけて即買いしたイタリアのデニーズというメーカーのXSサイズ。れっきとした大人用。
 海岸を散歩していたら猫に遭遇。追っかけたらにらまれた。
[PR]



by akaring-sun | 2005-06-11 18:00 | car

ずぼらオーナー

 ここ最近、家にばっかりかまけていたせいで、我が愛車・C3はホコリまみれ。そして気がつけば2年4ヶ月にして4万キロ突破。
 今日はちょっと気になっていた左フロントから聞こえるノイズを確かめるために、久しぶりにディーラーへ。
「原因が分からないので、フランス本国に問い合わせてみます」
と、整備士さん。ラテン車にはよく有りがちな返答。こんな曖昧な回答が許容出来る性格を持ち合わせていないと、ラテン者オーナーにはなれないのです。
「わかったら、連絡ください」
と私。ずいぶんと、物わかりの良いオーナー振り。走行に支障がないなら仕方ないし。せっかく来たからと、ショールームで暇つぶし。MAZDAを扱っているこのディーラーはシトロエンよりもアクセラやデミオがバンバン売れているご様子。デミオのスポーツバージョンに腰掛けてみたけれど、んんん...、シトロエンとは全く別の乗り物といった感じ。インテリアもエッジが効いていて、小さい頃、後楽園で乗ったカプセルロケットのよう。

 目を外に向けると、C3のオープンカー、あのプルリエルが展示されてるではありませんか。フランスではとっくの昔にシャンゼリゼ通りを快走しているというのに、日本の安全基準に引っかかるとかで導入が遅れていた、とってもかわいいプルリエル! 4人乗りで270万超。厳しー!
 4万キロ。まだまだ働いてもらわねば。めざせ10万キロ。
「4万キロも走っているのに、全くタイヤもブレーキパッドも減ってませんね」
と嬉しい言葉。毎日、高速道路で一定速度で走り、エンジンブレーキで減速。ストップ&ゴーの街乗りCARより、ずっとずっと車に良いのです。はやくノイズの謎が解けると良いのだけれど。
 労をねぎらって磨いてあげなければ!
b0026633_22223362.jpg


サイドのシルバーの部分も外れるのです! するとフルオープンになるんですよ、フランス人って変な事を考える物ですね。
[PR]



by akaring-sun | 2005-05-29 22:25 | car

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧