ホホエマシイ旅人

カテゴリ:voyage( 157 )




Go to Holland

Hello, How are you?
It is so cold today. I am in a station Liege. We will go beyond border line by train.
[PR]



by akaring-sun | 2004-12-27 19:03 | voyage

Liege

Hello, my friends and blog readers.
I am in Liege where is east Belgium. Liege people speak French. I cannot understand all signals and Menu of restaurant. It was so exciting for me.
Tomorrow we will plan to go to Holland. There are Spa resort. It is so cold 1c°. I wanna to get in Hot Springs.
[PR]



by akaring-sun | 2004-12-27 05:48 | voyage

Brugge

I am in Brugge. Here is so beautiful city like a middle century town. Yesterday we went to Bellfort by bicycle. It was difficult to ride it for us because the seat was so high. Markt, center of city, is very very beautiful. There are so many christmas iruminations. Last night we listened to chiristmas bell. It was so wonderful!!! Today we will go to Damme to see Big windmilles. Bye.
[PR]



by akaring-sun | 2004-12-25 17:50 | voyage

バタバタです。

 zaccのビデオの再編集を未だにしております。明日は7時半には家を出なければならないというのに、まだパッキングに手をつけていない状態。なんなのでしょう...。
 では、次回はベルギーから。
[PR]



by akaring-sun | 2004-12-22 01:45 | voyage

何もないという贅沢

 ロンドン、ニューヨーク。写真を志す者なら一度は足を運ぶべき場所。こんなに旅行に出かけながら、私はその両都市に行ったことがない。全く興味がわかないのだ。
 仕事場であるお化け都市・TOKYOだって、本当は好きではない。コンクリートジャングルでちっとも季節を感じることはないし、せわしない人が多いし、息をするだけでエネルギーを消耗してしまう。だから休みとなると、のんびり異文化に触れることが出来て、空気のきれいな所に飛び立ちたくなる。
 何にもない砂漠。何にもない熱帯雨林。何にもない青い海。「何もない」という文明社会の最大の贅沢。
 下の写真はベトナム北部のサパという村。棚田が一面に広がっているのどかな田園風景。
 ゴールのないサッカー。靴のない少女。
 人間の贅沢とは何なのだろう。
b0026633_004565.jpg



b0026633_05315.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2004-10-14 23:40 | voyage

ベルギー決定

b0026633_176162.jpg

年末の航空券の空き状況を調べていたら、正月3日戻りは全て満席。これはのんびりしていられないと思い、相方のノリちゃんに電話。「予約していいよ。」とのこと。早速、SKYGATEで私の分のチケットをGET。ひとまず安心。ノリちゃんは正月もヨーロッパに残って色々回ってから帰るということなので、彼女は別の航空会社の0PENチケットで行くことになった。つまり、同じ飛行機で席を並べてワイワイ行くのではなく、現地集合ということだ。これは、私達にはよくあることで、貯めているマイレージによったり、他の国もついでに回りたいとか、休みが取れないとか、個々それぞれのわがままを尊重すると、飛行場で合流。または乗り継ぎ便で待ち合わせが一番ということになる。この間のチュニジアの旅も同様、私は日本からまずソウルに飛び、3日間みっちゃんの家にお世話になり、その後パリに飛び、チュニスへの乗り継ぎ便でノリちゃんと合流。ノリちゃんは東京から家族の住むニューヨーク、そしてロンドンを経由してパリに飛んで来た。すんなり会えたから何も問題にも思わなかったけれど、よく考えれば、それ以前の便が遅れたり、欠航だったりしたらどうやって連絡を取っていたのだろう。恐ろしい。
今回、出発日は同じで出発時間も1時間程しか変わらないから、成田で一度顔を合わせ、ブリュッセルの空港でどちらかの到着を数時間待つということになるだろう。旅慣れというか、あっさりとした友情というか、約14時間のフライトぐらい一人で平気という私達。このライトさが仲良しの秘訣かもしれない。ああ、はやくベルギーの牡蠣とムール貝が食べたい。
[PR]



by akaring-sun | 2004-09-28 17:28 | voyage

祝! 開設でござる。

 マッキントッシュを手に入れてから足掛け10年。やっとやっとのことで、サイト開設。
どうも、みずがめ座のO型という奇妙な種は、細かい事を毛嫌いする傾向にあるらしい。
ホームページ立ち上げを何度か目論んでは見たものの、やっぱり面倒。と、早々と退散。
この根性の無さっぷりと言ったら、本当に情けない。

 トウボウグセ。これが私の持病。一つの所に居られないという社会人としては致命的欠陥。
小学生の頃、「兼高かおる・世界の旅」という番組を食い入るように見ていた。
もう20年近く昔の事。彼女は洗練された女性であるにも関わらず、アフリカの大地で少数民族とともにダンスをしたり、狩りをしたり、当時では考えられない体当たり取材をし、かと思えば、素敵なドレスを着て気品漂うパリの社交界で堂々と振る舞っていたり。とにかく、彼女は格好良かった。今でも私のあこがれの人。ああなりたいと思う素敵な女性。
 今年はビンタン島、ロサンゼルス、韓国、チュニジア、そしてティオマン島。行く所すべてで、沢山の人の優しさを感じ、なんとお礼を言ってよいのだか。
 
 本当に不思議なのが、自分がカメラマンという事。
それもなんだか、本屋さんで平置きになっているような、華やかな女性誌の撮影をするという、世間的にちょっとカッコいい仕事。恐ろしい。その一言。これから私はどうなって行くのだろう。本当に自分が不思議でたまらない。

b0026633_1903728.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2004-09-14 19:08 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧