ホホエマシイ旅人

カテゴリ:隣のエンタメ( 33 )




くれよんぽっぷ

土曜の夜ですわ。

クレヨンポップの「Saturday Night」が頭から離れません。
YouTubeでたまたま見つけたバージョンがツボ過ぎです!


@フェアリー 森の


渋谷でライブやった時の映像。
制服の下にジャージ。
モー娘。を15%くらい感じさせるこの振り付け。
途中、工藤静香の「嵐の素顔」、最後はジェット浪越で!
ああ、世代って、繰り返すのね〜。
うわっ、古すぎる、このネタ。

音楽番組でこの曲を歌ってたときは、みんなヴィヴィッドなカラーの衣装で、ダンサーさんもガチャガチャしてて、せっかく歌がキャッチーなのに、ヴジュアルコンセプトが勿体ないな〜と思っていたのです。




MVも、悪くないけれど、このテイストはよく見るでしょ。

日本語ver.

それで、日本でも着実にファンを増やしているクレヨンポップさんに提案。


制服にジャージでもう一度MVを取り直すのはいかがでしょう?

学校のグラウンドで、はげ頭の校長の長い朝礼で踊りだすとか。
コンビニの前でジャガリコ食べながら踊りだすとか。
体育館で、卓球部とバレーボール部の間で踊りだすとか。

MV監督には、「ウォーターボーイズ」「SWING GIRLS」の矢口史靖を推薦します。




面白いと思うんだけどな〜。
[PR]



by akaring-sun | 2013-01-27 00:56 | 隣のエンタメ

カラジア

100%仕事上の名目で、

200%ファンの気持ちで、

KARA、東京ドームに行ってきました。


年始早々、一発目の撮影がKARA様とは...。
泣いていいですか。
あ〜、カメラマンやってて本当に良かった!


私、報道系ではないので、記者発表的な現場に行くことはほとんどないのですが、好きだ好きだと言い続け、スタジオでKpopをガンガン流していたのを覚えてくれてた編集様が「KARAの記者発表、行きます?」と誘ってくれたのです。ありがとうございます。


記者会見場、優しい空気に包まれていて。
15分くらい押して「遅くなってすみません〜」と申し訳なさそうに5人登場したけれど、みんな、ニコニコ。誰もそんなの気にしてないよ〜ってな空気。(せっかちなマスコミでは珍しい光景) KARAを前にベテラン記者さん、カメラマンさん、リポーターさん、みんなニコニコ。もちろん、私もニコニコ。
公演直前で緊張していただろうに。集中力を高めたいだろうに。
こんな知らない多くの報道関係者を前に日本語で答えるだけでビクビクするだろうに。
普通だったらピリピリしたり、うつむいたりするけれど。

ずーーーーーーっと、5人ニッコリのKARA


自分が質問を答える番じゃなかったら、普通は下見たり、横見たり。これが一切ない。フォトセッションでもないのに、5人それぞれまんべんなく各社のカメラに向かって視線を送る徹底ぶり。THE プロフェッショナル! それも、営業スマイルだけじゃなくて、いたずらっぽい表情をいろいろして来たり。(いっつも同じ決め顔で誰が撮影したって同じじゃないか。って思う有名人、見習ってほしいよ。)


シャッター押しながら、ここがね、ああ、これが、KARAなんだ。と感じたところ。
愛されますね。KARAさん。


公演スタート。
私、記者席から見させていただきました。
照明が落ちて4万5千のオレンジペンライトが灯っている光景。
吸い込まれそうな美しい銀河でしたね。
カミリアの一体感、本当に素晴らしいです。
Kpopライブで、こんなに男性ファンが多い会場は初めてみましたよ。
ちびっ子、若い子から、中年層まで。
さっきまで会見場でニコニコしてた5人が、この大きな会場の全てを掌握するパワー。
この凄さは何だろう。

単独でドームを満員にするということは、本当にただ事ではない。
本当に夢の世界。


健気で全力なKARA。

KARA、ファイティーン!


追記

うちの大学生男子、カミリア。
バイト代貯めてカラジア参戦。1塁側席に友達と。
「家族と来た人〜」のKARAの問いかけに、記者席で「は〜い」と手を挙げたのは私(笑)。
[PR]



by akaring-sun | 2013-01-07 20:19 | 隣のエンタメ

しすたファンミ

行ってきちゃいましたよ、SISTARのファンミ。
ファンミの前のUstトークショーも見れちゃいました。
9500円を高い。と言ってごめんなさい。

ファンミのライブ、ずばり一言、贅沢。

ステージ近すぎ!


限りなく最前列な2列目下手側。


Sistarまでの距離、50cm!!!


キレイな脚まで眺めたかったけど近過ぎて視界が顔だけ!!!
うわっ。やばっ。
位置取り大正解!!!
両サイドには、たくさんファンサービスに来てくれるからね。

曲がかかった瞬間のヒョリンの表情が、The プロフェッショナルで本当に格好良かった。あのスイッチが入る瞬間がね。空気が静まるあの瞬間。これを間近で見たかった! 照明で浮き上がるヒョリンのフォルム、最高です。
メンバーへの質問コーナーで、左から、ソユ、ボラ、ヒョリン、ダソムの順で座っていたのだけど、ソユが美肌を保つ秘訣を答えている時に、ヒョリンが身を乗り出してソユの話をとても興味深い顔で聞いていて、「緑茶で洗顔」に、普通にコスメのアドバイスを受けた素人みたいな、「へぇ〜。」というような驚いた顔をしてたのが可笑しかった。自分以外のメンバーが答えている間は、会場のファンに笑いかけたり、手を振ったりするものですが。ヒョリンはMCさんにしてもメンバーにしても、とにかく話している人から目をそらさない。ということが判明。私の中のファンミの収穫。ヒョリンらしい集中力の現れ。

可愛い小悪魔ダソムは、やはりファンサも小悪魔ちゃん。そのいじらしさに男性陣、声を失ってたね。歌の立ち位置が上手側のダソムは、何回も下手側に来てくれた。あの色白ちゃんマンネダソム、もう大人の女性! たまに話す日本語の単語の発音がとっても流暢! 英語も上手いから語学センスがあるんだろうな。

いつも元気で明るいボラは、本当にそのまんま。2曲終わって、インタビュー中だというのに、ちょっと後ろに下がってタオルで首の後ろの方をガシガシ汗を拭いてた姿が、甲子園球児みたいでキュンと来た〜。全力って素敵。脚の傷も目立たないほど小さくなってて安心した。ボラはシスターの元気印。

美容番長ソユは、大胆で細やかなファンサに忙しく動き回って、大きな声を上げて楽しんでた。こういう気さくなところがねソユの魅力。ソユだけジャケットの後ろをフィットするようにピンでつまんでた。スタイリストさんの仕業かもしれないけれど、そういうディテールにこだわるところ、好きです。

ああ、生歌、
4人でエンジン組んでちょっと相談して、即興、Ma boyのアカペラ。
はもる瞬間、4人が見合わせて歌いだしたところを見たら、よくデビュー当時に「Super Star」をカバーして歌っていたのを思い出した。

最後は、So Coolで盛り上がって、終了〜。

メンバーとハイタッチしながら退場ということで、ライブが終わっても会場は熱気MAX!!! なかなかドアに近い人も動かず。最後の方が話せるチャンスがあるのかな?
2回公演の2回目のファンミだったので、きっと疲れているだろうから、さっさと早めに行った方が余裕を持って対応してくれると思って、友達とさくっと出ました。
ソユ、ダソム、ヒョリン、ボラの順でお出迎え。
握手会ではないので、本当にメンバーの前を通り過ぎる感じ。
とっさに、「メリー・クリスマス!」って言いながらタッチして行ったら、最後にいたボラがキラキラ笑いながら、

メリー・クリスマスーー!!!


うわっ。コミュニケート出来た!
ボラ、ありがとう!
この上ないクリスマスプレゼントです。


あ〜、幸せな時間。
プロはこういうステージを見せて、お金を頂く。
という、納得のSISTARでした。

Sistar、ファイティーン!


とりあえず、UstのトークショーのSistar。
椅子は45番まで。私、49番目。スタンディング。まぁ、見えるからいいか。
でも、Ustカメラマンやスタッフ、記者さんが壁になって良く見えず。
中継のモニター見る人、多し。
動画じゃなく、写真だったら撮影OKです。とのこと。
おーーーーっ、こんなファン思いのイベント、日本であるなんて。
ええっ、早く言ってよ。
プロとしたことが...不良コンデジしか持ってません。
それでも、なんとか。
カメラマン魂、いきなり火がついたよね(笑)

b0026633_201980.jpg
スタジオはこんな感じ。ガラスの向こうにSISTAR様。

b0026633_242491.jpg
光学ズーム限界。手ぶれ限界。息止めて撮る...。

b0026633_285045.jpg
キムチ名人さんのお話を礼儀正しく聞いてます。

b0026633_29395.jpg
カメラマンが邪魔をしてダソムがあまり見られなかったので、これ奇跡の1枚。

b0026633_212350.jpg
b0026633_2114325.jpg

b0026633_2143156.jpg

ヒョリン、貫禄。

b0026633_2112338.jpg

手を振ってくれたから、ビビって手ぶれしたで〜。鍛錬が足りない。



明日から、カメラマン頑張りますーーー!

ではでは。
[PR]



by akaring-sun | 2012-12-17 02:27 | 隣のエンタメ

心配なシクリ

昨夜のSecretの交通事故のニュース。


@KpopSecretFanClub

深夜オリンピック道路走行中にスリップしてガードレール突き破って転覆。
ジンガーが肋骨にヒビが入って、肺も損傷の重傷。
他のメンバーとマネージャーさんは軽傷。

ああ、なんてこと。
カムバックしたばかりなのに。
ジンガー、大事に至らないと良いのだけど。
焦らずゆっくり治してください。


不幸中の幸い。

ガードレールを乗り越えたこと。
道路に戻されたら玉突きだったでしょう。

メンバーが4人。乗っていた人数が少なめだったこと。
補助席まで使う大人数のグループだったら軽傷では済まなかったでしょう。

しっかり安心して治療に専念できるように、ファンの最大のサポートはCD買うこと。音源買うこと。

iTunesで買えます。
Talk That



@JunJunTeam4


シクリ、ファイティーン

凍結した路面、危ないです。

運転する人はもう一度気を引き締めて。
[PR]



by akaring-sun | 2012-12-12 01:20 | 隣のエンタメ

音楽祭

MAMA in 香港

豪華だったわ〜。
PSYのカンナムスタイルが何冠に輝くか注目されてましたけど。
はっきり言って、MAMAはファン投票とかありますけれど、歌手のスケジュールや所属事務所等の問題で、受賞はおそらく出来レースかな。まっ、いいですよ。それでも。MAMAの見所は、放送コードの緩いケーブル局の音楽祭だからこその大胆なステージ構成なので。

プレゼンターだけでも、地元香港のジャッキー・チェンを筆頭に、韓国俳優陣はハン・ガイン、チェ・ジウ、チョン・ウソン、ソン・スンホン、ソン・ジュンギ、ハン・イェスル...etc.
昨日はソウルで青龍映画賞だったから、授賞式に参加してないトップスターは全て香港に来ちゃいました。といった感じ。やるね〜。

まずはレッドカーペッド。
リムジンから降りてウォーキングして、フォトセッションしてインタビュー。
ハリウッドのアカデミー賞にしろ、レッドカーペットはファッションの集大成。
みんなキラキラしていて、見てるだけで本当に面白いし、勉強になりますよ。

我らガインさんは、ブラックで。もちろん天下一品の脚をお見せして。

b0026633_23304896.jpg
©Newsen.com

JYPと腕でも組んで登場かと思ったら、一人でトコトコと100mくらい。この姿が本当に可愛くて。ガインさんが歩く様子って、空港とかで、いつもブアガルメンバーが先を歩いていて、一番後ろをうつむいて避けるように通り過ぎたり、姫マネージャーさんが横にぴったりくっ付いていたり。こんなに一人放置されて歩く姿、あんまり無いような。
一人でトコトコと。それも鞄も何も持っていないから手のやりどころに困っていそうで、かつ、報道陣やらファンの歓声には微笑みとセクシーに...。単に歩くという動作だけれども、難しそうに見えました。

今回のレッドカーペッドのファッショニスタを選ぶなら、

Sistarのソユ

b0026633_233242.jpg
©Newsen.com

黒いロングドレスに髪を緩くまとめた感じが本当に似合ってたよ。この広いVネックからのデコルテも素敵じゃないですか。ソユちゃんは面長さんなので、こういうバランスに持って行った方がノーブルな英国女優みたいで良いです。


さて、公演はというと、何部構成になってたんだろう?
はじめの方で、なんとなんと、
ガインさん「Bloom」からの、Sistar「alone」、それでヒョナ&JSの「トラブルメーカー」のスペシャル三連弾!
素晴らしすぎます。この3組をくっつける演出陣。スポット照明浴びて上からリボンダンスで登場のガインさん。アレンジもしっとりとしていて、良かったね。Sistarはセクシーにタンゴ。トラブルメーカーは今年はサプライズ演出は無しだけれど、二人が密着して踊っているだけで、ポッ。
これで、わたしが見たかったステージが開始30分でほぼ終了。4時間くらいの放送なのに。

で、あんまりJYPにもSMTにもYGにも、そんなに心が傾かない私はウンジの出番をひたすら待って、待って、はい、終了。ち〜ん。

あれ? 一人で香港にまで行ってウンジ、「応答せよ1997」OSTを歌わないとは。
そしてウンジに限らず、f(x)も、そしてKARA様も。
えーーーっ、歌わないの?!
追っかけて行ったファンを思うと...。
イングク不在だったから仕方ないか。
あのデュエットはもう聞けないのかな〜。

アダム・ランバートは出るし、ロイ・キムのデビューステージ、そして盛り上がったのは、ヒョナ登場のPSYのカンナムスタイル。ジャッキー・チェンが「彼のように1日で人生が変わることがあるんだ。みんな、夢をあきらめちゃいけないよ。ねぇ、PSY!」とお祝いコメント。ジャッキー、フォーエバー!!!

Mnet Asia Music Award で MAMA。一応、アジアの音楽祭ですよ。韓国色95%だけど。
今年、ついに日本アーティストの参加が無くなりました...。
悲しいね。あの大きな会場でライブパフォーマンスするだけで価値はあるのに。



さて、話は変わって、The romantic&idol。
ほんわかしすぎて、面白いーーーーーー。
日本語字幕もつべに上がり始めましたね。
たまに遠巻きで見ているスタッフの顔が画面の奥の方に映るんですけど、みんな優しい笑顔でアイドル達を見ているわけ。これがね〜、またまた、そのほんわかした恋を証明してるようで。ニタニタ。

EP3の萌え所。
バスの中のナムジとヒョンシク。

ナムジ「(昨夜)飲んだせいで、クラクラしちゃって〜」みたいなことを言うと、スンアとJunKに、「酔っぱらいアイドル、ナムジヒョン〜」と茶化され、照れるナムジにみんなニコニコ。
ヒョンシクは隣りに座るナムジの頭を優しく撫で撫で。
しばらくしてナムジがちょっと考えてたのか頭をかしげて、ヒョンシクに問いかけ。


「どうして頭を撫でたの?」


そしたらヒョンシクが、


「可愛かったから」



きゃーーーーーーーーーっああ。
この会話。頭を撫でた理由を聞いてしまうナムジもピュア過ぎますけれど、「可愛かったから」なんて。後ろの席に座ってたFiestarのJeiちゃんも微笑ましく二人を見ていましたよ。

もう、この二人はマイクつけたまま、このまま、そうっとしておいてください。

ああ、続きが気になる。
これからヘジョンちゃんがモテそうな。
スンアが寂しい思いをしないように、誰か〜。


英語字幕はこちら


週末は見るものが多くて困ります〜。
[PR]



by akaring-sun | 2012-12-02 00:48 | 隣のエンタメ

ロマンチックアイドル

「応答せよ1997」のスタッフが送る恋愛リアリティー番組


「The Romantic&Idol」


”2PMのJun. K、MBLAQのミル、JJ ProjectのJB、ZE:Aのパク・ヒョンシク、4Minuteのナム・ジヒョン、RAINBOWのスンア、AOAのHYEJEONG、FIESTARのJeiの8人のアイドルが済州島を3泊4日旅行しながらデートを楽しむ。"


この週末でep2まで見ましたけれど、、、先が気になって、気になって!!!
あわわわ。あわわわ。
どうしてくれるんですか、またまた、どっぷりハマるコンテンツ出現。
いいね、いいね、こういうドキドキと攻防。

が、しかーし、男は単純。

男4人全員が、4minuteのナムジLOVE!!!

オットケーーー!
私がおすすめするのも何ですが、

虹のスンアさん、お姉さんだけあって面倒見も良いし、ちゃんと他人の話に耳を傾けますよ。
Fiestaのジェイさん、デビューしたてだけど、あのビジュアルであの微笑み。そしてきっと内面は大人なので落ち着いて恋が出来ますよ。
AOAのヘジョンさん、恋愛しなくてはいけないの?といった感じ。ただみんなと旅行しているのが楽しそう。そのナチュラルさが魅力です。

さぁ、男子達。この3人に目を向けないつもり?!

そりゃ、ナムジはね、素敵ですよ。見た目も中身も。
礼儀正しく、物腰柔らかですよ、常に。気が強いヨジャでなければ伸し上がれない芸能界で、「怒ったところを見たことが無い」って4minuteメンバーが言うくらい穏やかなリーダー、ナムジ。

まずはじめにナムジとデートをしたのは、長身イケメン御曹司ヒョンシク。
手をつなぎながら、お育ちよろしいヒョンシクの照れながらも喜び隠せない笑顔。年下にはちょっとお姉さんなナムジの「あなた、可愛い。かわいい」連発で、あれあれ? ナムジ、まんざらでもない?

男性メンバーの中で、「包容力」&「優しさ」で攻めているのが、ジュンK。そこは、年齢もキャリアも違いますしね。気さくな兄さんらしく、女性に手をまわすのも躊躇を必要としない。女性との距離が近いのね、何をするにも。ここが吉と出るか...?! 

そして、とにかくマイペースに話し続けるミル。ミルは不思議。初対面のヘジョンちゃんに「君、女子校出身?女子校のトイレって汚いんだろ。」「君のことプラムって呼ぶよ。家の庭のプラムの木の一番上になってる実」もちろんヘジョンちゃんは、困って「あああ」とか「えええ」としか応えられません。ただし、ミルはナムジ一直線。皆の前でナムジに「僕たち運命です」と、ハート炸裂。今のところ、豪快に気持ちを表しているのはミルだけ。

控えめなヒョンシクは、ナムジのこと好きだけど、グイグイ行く大人のジュンKと、ミルの積極アピールに、モヤモヤ。
ただナムジ、出来た女。夕飯作っている時にヒョンシクがミルのパワーに押されそうになって立ちすくんでいたら、お肉を焼いてたナムジが、トングでヒョンシクにこっちに来て一緒に焼いてと指すわけ。こういう気の配りようが、ナムジの優しいところ。

いやぁ、どうなるかな。
ナムジが誰を選ぶのか? ってそんな単純なことにはならなそうな。

注目は、JBくん。
年下だけど、垣根が無く会話が出来る人。
6つ上のスンアとデートしているときも、敬語だけれども、サクサク話していたし、手をつなぐときは、ガシッと腕を不意に掴んで男らしく。
期待しています、JB君。


ちなみに済州島旅行中は、
マネージャー、スタイリスト、ヘアメイク、接近禁止!


まぁ、楽しそうですわ、みなさん。
次回、ヒョンシクの思いが伝わりますように。

ちなみにナムジのコメント、ミルは「重い」。
ミル、けんちゃな〜。





英語字幕版はこちら
[PR]



by akaring-sun | 2012-11-21 23:34 | 隣のエンタメ

どや顔しすた

別格

好き嫌いの個人的な趣向は関係なく、無条件に納得させられる才能。

SISTAR ヒョリン

ヴォーカル最高。
ダンス最高。
どや顔最高。

昔の歌をアレンジして競う「不朽の名曲」で、頭角をあらわしたヒョリン。
一番、彼女らしいパフォーマンス「ミニスカート」





歌がうまいのはもちろんのこと、ステージでの見せ方。
ヒョリンは、本当に「角度」を知っている。
どこのラインが一番かっこ良くて、どこを見せるのが一番きれいか。
最後の決めポーズのゆっくり腕を余韻を持たせながらもっていくところ。
これは、宝塚トップスター並みですよ。





おぉーーーー!なんだ、この、ドヤドヤドヤFACE。
めっちゃ、カッコイイーーー! 1stコンサート、行きたかったよーー。
わたくし、3回ほど合同ライブでSistarのステージを生で見たことがありますけんど、うわぁうわぁ、この気合い、いいなー。

って、ヒョリンをべた褒めしてますけれど、Sistarは4人。miss AやSecret、4人ガールズグループは数多くある中で、Sistarは4人並んだ時のバランスが絶妙。立ち姿が美しい。色白ダソムが大人になってきて気品漂わせてるし、ヒョリンと比べられてばかりだったソユは、最近、自信もって自分をアピールするようになったし、健康美とセクシーを兼ね備えた無敵のボラは、相変わらず、幸せな笑い声。

こんな素敵なSistar御一行様が、なんと、なんと、

12/16 ファンミ&ライブ in 新大久保


え? 新大久保?
Zeppとかじゃなくて???
箱が小さい。
ずばり、それは、「近い」ということを意味します。
オットケーーーー!!
どや顔、拝みたい。

ファンミで9500円。
強気だ....。





最近のヘビロテ。
ヒョリンがカバーしたI Choose To Love You(널 사랑하겠어)
こういう優しい歌声も良い。そして、ハン・ヒョジュとイ・ジェフンのCFシリーズを見すぎて、サムソンのカメラ買ってしまった(爆)

追記

Sistarと除隊間近のヒョンビン!
4人の目がハートになってるよ。
キャー、ヒョンビン!


b0026633_103014100.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2012-11-16 00:42 | 隣のエンタメ

ファンタジー終了

朝から、アイユのtwi爆弾投下で。

酔っぱらってたんか? アイユさん?
寂しかったのか? アイユさん?

今のアイユさんと同じ年の頃。
今のアイユさんと同じくらい人気絶頂で。
我が日本では、アムロちゃんというスーパースターが出来ちゃった結婚しました。
本人が幸せならいいのよ。
ファンとしては、アイユの歌声が聞ければ、それでいい。

アイユが家族を語っている番組(日本語字幕)

アイユがどこか達観していて大人びている感性の理由がわかった気がする。目に涙はうっすら浮かべているけれど、決してこぼさない凜々しさ。大の大人を前に、整然と正直な感想を語るアイユ。これを見て、きっと、多くの人は、アイユはしっかりしていて強いから大丈夫。と思うかもしれない。

でもね、貧しさに耐えてきた強さとか、夢を追い続けた強さとか、生きるために幼くして身に付いてしまった強さは、恋愛には効かないんだよね。別のパワーが必要。
いくら強いと言われている人でも、本気のLOVEの問題には弱い。

コンサートで、「ファンタジーはもう終わり」と発言したり、恋愛の話をしたり、「みんなが思っているほど子供じゃない」と吐き出したそうな胸の内。

アイユを幸せに。
見守ろう。
みんな、アイユが大好きだ。




[PR]



by akaring-sun | 2012-11-11 01:05 | 隣のエンタメ

ベーグルさん

とある人気テレビ番組の「女の子を可愛く撮って」というオーダー。
男性Dさんは、しきりに「上目から、上目から」と私に耳打ち。
「グラビアっぽく、上目遣いが好きなんでしょ、男は。」チッ。
撮影の後、「あの童顔に、あのボリュームがたまらないんだよね」とDさん。
「もう顔だけだったら中学生ですよ。ああ、日本総人口、ロリコン気質...」嘆く私。
男性目線、女性目線。
常に現場は葛藤なのです。ぼやき。


K-POPで童顔でグラマーと言えば、ベーグル女代表、

Secretのヒョソン

ベビーフェイス+グラマー=ベーグル 
ヒョソンは23歳だったかな。アイライン強めに入っていると、そんなに童顔という感じでもないのだけど、胸と太ももは大人の魅力たっぷり。武器ですよ。きっと今までこの魅力を隠していたわけじゃないのだろうけれど、「POISON」で全面に出してきたから、おぉっ、Secret、まだまだ秘密の引き出しがあるな〜と関心しました。


「POISON」


Japan liveのヒョソンsolo。


このヒョソン、えらいカッコイイなーー!
ガッツリやってくれるところが、気持ちいい。
LIVE、いいな。

K-POP合同コンサートでは、他のグループのファンにも手を振ってニコニコといつもテンションにムラが無いSecretさん。毎度、毎度、好印象。





ベーグルね。
種類も格もクオリティも違うよね。
ああ、羨ましい。
[PR]



by akaring-sun | 2012-11-04 23:18 | 隣のエンタメ

年末に1997

「応答せよ1997」の日本放送が決定しましたーーー!!!

Mnetさん、仕事早いね。
わーい、わーい。
年末、旅行に行くのやーめた。

我が家は、auひかりTVに入っているので、見られますー!
楽しみ。楽しみ。楽しみ。

Mnet
本放送 : 12月29日(土)~2013年1月4日(金) 午後11:00~深夜1:15
※12月30日、31日、1月1日、2日は午後11:00~深夜1:00
再放送 : 2013年予定
[PR]



by akaring-sun | 2012-10-19 23:00 | 隣のエンタメ

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧