ホホエマシイ旅人

妊婦はつらい

我が親友のタエちゃんは臨月。
予定日は来週。
「早く出て来てーー」
と、はち切れそうなお腹をスリスリ。
第二子という事もあって、どこか余裕が感じられ、
いつ陣痛が来ても大丈夫。というようなどっしりとした心持ち。
やはり母は強いのぉ。
すっかり感心し切っていたら、
「ちょっと聞いてよー」
と、妊婦の貯まっていたストレスが爆発。

大きなお腹を抱え、4才のやんちゃの息子の手を引き、
タエちゃんは役所へ保育園の空きを訪ねに行った。
ニュースにもなっているように、ただいま過密状態。
おまけに、収入に応じるとはいえ、公立、私立ともかなりの負担を強いられる。
英会話のレッスンを個人で教えているタエちゃんは自営業。
もちろん私も自営業なので、イレギュラーな収入で、産休も無いし、有給もない。
公立の保育園に入れるには、週に何日働いて、一日何時間以上、そして収入。と、
明らかにお役所的な証明が必要になるのです。
そして、対応したおばさん職員。

「別に、保育園に預けなくても、生まれて2、3ヶ月の赤ちゃんを抱っこしながら、
レッスン出来ますよね」
と、のうのうと言い放ったとの事。

妊婦、激怒。
するさ、そりゃあ。
お金を頂いているというのに、ギャアギャア泣き出して、ちょっと授乳します。なんて、
生徒さんに言えるかって。

少子化。
産んでください、産んでください。
って言っているくせに、ちっともシステムが整ってない。
ひどいなー。

フィリピン人ナースが認められましたね。
老人介護にあてるくらいなら、未来ある子供のために、
フィリピン人保育士も考えてもいいんじゃないかなー。
政治家は何してんだろうか。

ともあれ、タエちゃんには元気な赤ちゃんを。
甥っ子で実践済みのおむつ替えとミルク作り。
親友はなかなか役に立ちますぞよ。
[PR]



by akaring-sun | 2007-03-11 21:39 | 何となく

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧