ホホエマシイ旅人

銀盤の舞

とろけるステップ。
なんか文字にすると間抜けなのだけど。とろーんとなってしまいます。
グランプリファイナルの高橋大輔のスケーティングはステップが醍醐味。
日本人でこんなにも官能的なスケートをする人、今までいなかったような...。

彼が通り過ぎた後はきっとバラの香りがするに違いない!

と思ったのは私だけ? 
熊川哲也がスケーターだったら、きっとこんな感じなのだろうと、
黒いタイツ姿の高橋大輔を見ていたらダブってしまった。
それくらい、美しくて、甘くて、官能的。
19歳。未成年。
これはやばい。
女子ばっかり目がいってて、おまけに信長の子孫まで出て来ちゃって、純粋にイケメンな高橋大輔が私の目にとまらなかっただなんて、かなりの落ち度。反省。

明日はフリーの演技。
今日のスルツカヤは精彩を欠いてましたね。
藤原紀香がリンゴほっぺになったような彼女。
明日は女王の意地でやってくれるでしょう。

オリンピックで金メダルを取ることが人生の頂点になりがちな他の種目と違って、フィギアスケートは、その後、プロスケーターに転身して、アイスショーなどに出演をして、さらにステップアップして行くことが出来るのですね。
私でも知っているミッシェル・クワンとか、タラ・リピンスキーとか、あのケリガンとか。彼女たちは今でもスター。

「将来は、オリンピックは出れたら出たいですけど、プロスケーターになって世界中を回りたい」
と、ミラクル15歳・浅田真央が言っていた。
あまりにも周りが「オリンピック、オリンピック」と責め立ててしまっているけれど、
天才は「その先」を見据えていたのですね。

さて、どうなりますか。明日、注目ですね。
[PR]



by akaring-sun | 2005-12-17 00:11 | 何となく

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧