ホホエマシイ旅人

備えあれば憂い無し

カトリーナ。ニューオリンズの惨状を見ていると、半分は人災のような気がして来た。
上陸前からテレビやラジオで知事や市長は避難勧告を繰り返していた。
そして、車を持っている富裕層の白人達の多くは難を逃れて、移動手段のない黒人達が街に取り残されてしまった。その結果、3日経っても4日経っても救援物資が届かず、餓死する者も現れたりして、略奪や暴行が頻発して、無法地帯になってしまった。
「日本人だったら、こんな状態にならない。アメリカ人は程度が低い」
と言った人がいた。それにはちょっと違和感を覚えた。とんでもない事だと思った。
日常から生きることで精一杯の貧困層は、常に政府の助けを必要として来たのに、手を伸ばさなかった。それでいざ災害になっても、やはり、助けてくれなかった。水も食べ物もない。目の前のスーパーには沢山の食料がある。生きるか死ぬか。そんな状態だったら、家族のために奪う。生き延びるために奪う。
問題なのは、その後。爆発した感情をどうやってコントロールするか。政府への怒りを何にぶつけるか。今はこのコントロールが効かない状態。あまりにも対応が遅すぎた。

そういえば、この夏、祖母の家の後ろにあるお寺で、興味深い写真を見つけた。
1960年5月の南米チリ地震による三陸の津波。
左端にある藁葺き屋根の家屋が祖母の家。右がお寺。
b0026633_1122367.jpg

形をとどめてはいたけれど、家の中は水浸しだったそう。
備えあれば憂い無し。
はやく被災者が平和な暮らしを手に入れますように。
[PR]



by akaring-sun | 2005-09-05 11:27 | 何となく

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧