ホホエマシイ旅人

Costa Rica uno

ブエナス!

1週間コスタリカにいて、まったく時差ボケが直らないakaringです。
夕方6時くらいに寝て、朝?夜中2時に目が覚める。
なんとか夜明けまで寝ていようと踏ん張ってもせいぜい4時半。
鳥や猿よりも早起きしてますわ。
夕飯の時間まで起きてられないから、当然のごとくスキップミール。
で、痩せたのかと言うと、まったく、そんな感じも無い。
アイスの食べ過ぎ。ジュースの飲み過ぎ。本末転倒。

旅の記録その1。

ユナイテッドで成田からヒューストン。12時間半くらい。パリ、ロンドンと同じくらい。なんでか中国人乗客が多い。この飛行機は上海発なのか? 寝ようとしたら、すぐ横の通路で立ち話するおじさんの声がでかくて、眠れず。これが後を引くことになるなんて!!!
ヒューストンで4時間半トランジット。乗り継ぎだろうと入国審査受けなきゃならないアメリカなので、4時間半くらいあっという間。テキサスだからレンジャーズのグッズでも買おうかと思ったけれど、ここはヒューストン。アストロズの本拠地なので、レンジャーズ見当らず。
ヒューストンからサンホセ。こちらはあっさり4時間弱。機内サービスがスペイン語に変わって、なんだか嬉しい。機内食のホットドックがおかしなくらい焦げていた。なんで???

サンホセ到着。相変わらず、入国審査のおじさん、フレンドリー。
スタンプ押して「アリガトー(空手ポーズ」そして、ウィンク。
もわぁ〜ん。南国の空気。夜の8時半。オフィシャルのオレンジ色のタクシーでサンホセ中心地ではなく、空港近くのアラフェラにあるMaleku Hostelへ向かう。Malekuに泊るのは5回目。Hostelbookerのランキングも常に上位。朝食込み、15$、スペシャルなところは、空港へ送ってくれるサービスがあって、北東方面のバス停が徒歩2分。皆、夜遅い便で到着して、翌朝、各地へ出発というパターンなので、とっても便がいい。相変わらず女性客80%。ラウンジは、これから旅が始まる者と、これで旅を終える者が互いに情報交換。

翌朝7時。宿のおじさんのおんぼろバンで空港まで送ってもらい、8時のSANSA AirでDRAKE BAYへ。大抵のバックパッカーは、コカコーラバスターミナルから、バスで5時間、船に乗り換えて1時間半というルートをとるらしい。30$くらい。ここは、akaring、旅の初めから疲れることをしたくはありまへん。それも、なかなかいい大人なので、115$はたいて飛行機選びます。若かったら迷わずバスだけどね。
 このSANSA、以前タマリンドから乗ったことがあるのだけど、小さいプロペラ機。チェックインカウンターで、まずは預ける荷物を計量、その後、手荷物と人間も計量。私の前に並んでいたアメリカチームが幅がある人が多かったので、係の姉ちゃんは「一応、計りに乗って、はい、ありがとう」と、さくっと終了。

遊覧飛行的にサンホセ近辺の火山を旋回して、ブルーの海を横断。40分ほどで、DRAKE BAY着陸。この空港が、また、ホントに質素で。滑走路が砂利道。そして、滑走路を徒歩で渡って、はい、さようなら。
この必要最低限さが、コスタリカの良いところ!

b0026633_929174.jpg

b0026633_9305352.jpg
b0026633_9285018.jpg

b0026633_9284622.jpg

b0026633_9313197.jpg
b0026633_9321451.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2012-05-08 09:36 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧