ホホエマシイ旅人

マスクと帽子を忘れずに

原発問題に関しての最近の日課。

1、USTREAM(動画をライブ配信するサイト)で近所の放射線量をチェック。

個人の方が自宅の一階でガイガーカウンターを中継してくださっているのですが、だいたい0.08から0.13μSv/hくらい。屋内でこの値とは、少々、驚きますね。
テレビニュースだとこの半分か三分の一程度の値ですかね。放射性物質は地表に落下するので、なるべく地面に近いところで計るべきなのですが、テレビニュースなどの発表は計測に基準が無く、多くはビルの屋上など高所で計ったものだそうです(そりゃ、低く出るわ)。
風向きによりますが、一応、変化に目敏く、経過を把握できます。


2、小出裕章助教の言動をチェック。

ついに月曜日(23日)、小出先生が国会に!
参議院行政監視委員会に参考人として招致されました。
ズバズバ言いたいことを言って来てください!
ネット中継されるので、お見逃しの無いように。


3、中部大学の武田邦彦教授のサイトをチェック。

興味深かった記事は、「柏、松戸、流山、三郷のホットスポット」
柏はUSTREAMでも中継されていて値が高くて、機械の故障を疑ってみたりしましたが、事実なようです。

b0026633_2334552.jpg


b0026633_2334556.jpg


以下引用。
測定値を見ますと、3月末に1時間に0.6マイクロシーベルトぐらいで、現在でも1メートルの高さでも、1時間に0.4マイクロシーベルト近くあります。大人での被曝量は、1年に3.5ミリシーベルトになり、校庭で運動したり、地面の近くで遊ぶ子供達は、読者からの情報では2倍から4倍のデータもあり、1年に10ミリシーベルトぐらいの被曝になる可能性があります。

福島だけの話ではないことを、自覚しましょう。
マスクと帽子。最低限の防護を。


反原発を訴えるとメディアから追い出される昨今...。
コメンテーター、歌手、俳優、タレント、いろいろ。
圧力。圧力。圧力。
ああ、この国には言論、表現の自由があるはずなのに。

わりと勇気を持って疑問を投げかけて来た東京新聞は経産省から出入り禁止だって。
都合の良いことを書かないメディアは、取材も出来ない。
震災直後、記者クラブ向けの会見には、フリーのジャーナリスト、インターネットメディアは入れてもらえず、大手メディアは東電、政府の発表をそっくりそのまま記事にするだけ。「そこはおかしい。どうしてだ?」と質問する記者は会見場に1人もおらず。

一応、メディアで食べている身の私。
こんなことを公に言うのは少々、腰が引けますが、

情報は自分で探し出してください。


雨予報ですね、明日。
雨に当たらないように。
放射性物質は髪の毛から浸透しやすいので、帽子を!
吸い込まないようにマスクを!

なんでこんなことを、ここで言わなきゃいけないんだか。

圧力なんて、冗談じゃない。
[PR]



by akaring-sun | 2011-05-21 23:48 | がんばれ東北

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧