ホホエマシイ旅人

未来のために

震災当初、福島原発の津波想定が低かったことに、
「忠告もあったのに、どうして最悪の想定をしなかったのか? 」
と言ったコメンテーターがいた。
まったくもってその通りだと皆が思ったはずだ。

現在、ひたすら冷却すること以外に爆発を避けられない福島第一の状態であるのに、
「現状では、直ちに健康に害はありません。」
と言うコメントばかり。

じゃあ、爆発してしまったら、国民は、
どのように対処して、どのように避難して、何を備えておくべきか。
「最悪の想定」を乗り切るシュミレーションを強く発しない。
国が滅ぶか耐えうるか、国民の命、地球人すべての問題であるのは確かであるのに、
可能性100%ない「もしもの話」はしないのだ。
だから、いつでも、「想定外」。


結局、レベル7。
チェルノブイリと同レベルと。
それ以上になる可能性もあるとか言い出した。

チェルノブイリは1基だ。25年経っても制限区域は未だに700km。


福島第一は何基かって。

4基。30km。

おまけに3号機はmox燃料だから、長崎の原爆と同じプルトニウムだ。
100km、200kmと段階的に子供さん、妊婦さんだけでもすぐに避難命令を出すべきだ。
爆発しなかったら「こんなヒドい命令、迷惑だ」と文句を言うことでしょう。
でも、文句で済むということだ。爆発しなくてよかったとホッとすれば良いことだ。
全ては起きてからでは遅いのだ。


日本は被爆国。
原子力の怖さを知っているのに。
自分の無知さが悔しくて情けない。

1、原子力発電は、科学が証明した平和的安全なクリーンエネルギー。
2、燃料棒は再利用されます。エコです。

原発が生活圏に存在しなかったし、ああ、そうなんだ。と深く考えることもなかった。
放射性物質をドラム缶に詰めて投棄してるとか、再利用の一部は、核兵器に利用されているとか。マイナスな疑問を持つと、「じゃぁ、電気のない暮らしが出来るのか?」と、責め立てられているような気持ちになり、そこで疑問は無かったことにしていた。

だから、東電や政府だけを簡単に非難できない。
今、もう同じ船に乗っかっているのだから。

とにかく、今を乗り切り、少しでも明日に繋げなければいけない。

冷却が上手く行き、廃炉とする段階が整ったとしても、今後、十何年間も冷却し続け、放射能を含む物質の除去や投棄(考えたくもないけれど)等で、結局30年は要するということだ。それが4基。

ついでに日本に原発といわれるものが54基。
この狭い国土に54基。
原発なんていらないと54基廃炉にするには、事故が起きていない炉であっても約20年掛かるそうだ。

もちろん廃炉にするために高濃度の放射線と戦いながら作業することになる。
じゃぁ、それを、「原発を作れ、作れ」と言った大人達が責任もってやり遂げてくれるかというと、とんでもない。

今の若者達にまわって来るということ。

稼働し続けても、廃炉にしても、負担は子供達に。
一度作ってしまったら、原発は後戻りは出来ないのだ。

未来のために。
今出来る全ての「想定」を!


余震の中、冷却作業を行っている福島第一の作業員の皆様に敬意をこめて。
[PR]



by akaring-sun | 2011-04-13 01:49 | がんばれ東北

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧