ホホエマシイ旅人

さすがジャッキー・チェン!

1日に香港のビクトリアパークで行われた震災チャリティイベント。

愛心無國界 311 燭光晩會 
Artistes 311 Love Beyond Borders


ジャッキーが「日本のために協力しよう!」と呼びかけたら、アジアの大スターがすぐに集結。
イベントのタイトル通り、「愛に国境は無い」。
これだけの大スターとスタッフが時間と労力を割いて、震災からこの短時間でイベントを実行するのは相当な「愛」の塊。
真のスーパースターは、個々の求心力の使い道をちゃんと知っている。
ああ、被災国の民として何とお礼を言ったら良いのかしら。ただただ、脱帽。

このイベントをネット中継で見てつくづく思ったのが、

日本のリーダー不在

政界だけでなく、こういったエンターテイナー界も。
例えばハリウッドなら、ジョージ・クルーニーやクリント・イーストウッドが立ち上がれば、オールスターズ大集結する。ハイチの救済活動は彼らのリーダーシップの賜物。

日本の各レコード会社が、震災のために所属アーティストのコンピレーションCDを発売しているけれど、「ひとつになる」という意味の次元がまったく違うように感じるのです。

こういうときだからこそ、事務所やレーベルの枠を越えて一つの作品が作れる。

チャリティを抜きに考えても、クリエイターなら、普段は組めない才能ある人々と一緒に作業が出来る夢のような機会であることは間違いないわけで。
今も世界で愛されている歌「We are the world」が、証明しているでしょ。
個々には「やりたい」という気持ちはすごくある。だけれども、結局は、
今の日本エンターテイメント界は、「交渉が面倒」とか「時間がない」とか「誰が金を出すんだ」とか、「何か番組とくっつけよう」とか、取り巻きがウダウダ言っている状態。

さぁ、やろう! って、先頭引っ張って全てを動かすジャッキーのような、多くの人から愛され、尊敬されるスターがいないわけです。


宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を原詩とした応援ソング。
各アーティストが頑張って日本語で歌っているのが、彼らのホスピタリティ精神の深さを知ることが出来るし、なんといっても、冒頭のアーティストが一礼するシーン。
どこへ行っても、どんな時でも「礼儀正しい日本人」への敬意のあらわれ。

ああ、ジャッキー! 
涙が出るわ。





四川大地震の時、
ジャッキーの呼びかけに集結した中国、韓国のスターが歌っている
「Smile Again I love Asia」。
ワンダーガールズ、神話、我らがBrown Eyed Girlsなど実力派歌手だけでなく、日本でも馴染みのある顔がずらり。故パク・ヨンハ、女優キム・テヒ、最後はフィギアスケーターのキム・ヨナ!





世界はひとつ。
いろんな垣根を越えて、希望を届けよう!
[PR]



by akaring-sun | 2011-04-03 15:11 | がんばれ東北

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧