ホホエマシイ旅人

高学歴な旅人達

昨日のゴージャスなバスは夢のごとし。
ACなし、窓全開でアトラスを黒煙はいて突き進む25年落ちのバン。
2泊3日サハラ砂漠ツアー(120ユーロ、約14000円。ランチ代だけ含まず)。
集まった旅人は、
フランスボルドーから、元気娘二人。
ドライバーさんがアラビックとフレンチしか話さないために、この二人の英語への通訳が命綱。
フランス人でこんなに英語が出来る子に初めて会った。
オーストラリアメルボルンから、自営でコンサルトをしているマシューさん。
奥さんも自営で何かのコーディネーターしていて、好きな時に一人で旅に行っているらしい。日本では考えられない、夫婦の形! その信頼関係がうらやましい。
彼はオックスフォード卒。「ケンブリッジのほうが楽しそうだったけど」とのこと。

b0026633_2114786.jpg
フレンチ娘二人とマシューさん。

スペインマドリッドの英語学校で働いている二人組。
イギリスバーミンガム出身、ケンブリッジ卒のエリと、アメリカサンディエゴ出身でバークリー校卒のマーサ。経済学を専攻していたエリは、夕食時に現在のユーロ危機と、イギリスの選挙で与党が2政党になったことを熱く説明してくれた。落ち着いていて、探究心あふれるマーサは、政府のプログラムでマドリッドに8ヶ月派遣されていて、終わった後の仕事を考え中とのこと。
「akaring、フリーランスってどう? 」
「アップサイドダウンだけど、自分のことは自分で決められるから楽しいよ」
何て言ってみた。
賢いマーサならどこでも生きて行けるよ。働く場所はアメリカにこだわらないと言ってたし。

b0026633_21263859.jpg
ブルーのターバン巻いたエリと、ちょっとアジアンな雰囲気を持つマーサ。

ポルトガルのポルトから大学院生イザベル&ノノのナイスカップル。
二人は高校時代から付き合っているそう。
イザベルは生態学で人口増減の研究、ノノは考古学。
エリが、「イザベルは未来を勉強して、ノノは過去を勉強するのね。いいコンビ!」
と、うまいことを言っていた。

b0026633_21322865.jpg
ちょっとの日陰を見つけて休むイザベルとノノ。

私を含め7人で二泊三日。
とにかく何が心地よいかと言うと、異文化をリスペクトする心をみんなが持っていること。
日本人にありがちな、「こんなこと日本ではありえない」と愚痴ることも無し。
あー、素敵なメンバーで良かった!

b0026633_2140870.jpg

[PR]



by akaring-sun | 2010-06-10 21:40 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧