ホホエマシイ旅人

グアテマラ 3日目

O型の私、わりとあっさりした性格。
(関係ないけれど、グアテマラ人の98%はO型。ちなみにABはいないらしい)
シャトルに乗ったら数分で朝のバトルは忘れ、
それとは逆に、ぼったくりアホ坊主に勝ったという優越感で、ニンマリ。
三十路女をなめちゃ、あかんぜよ。

これから向かうチチカステナンゴは、マヤの原住民の方々がカラフルな民族衣装を着て開く市場が有名なところ。ベトナムのサパの花モン族を思いだします。サパは生活密着型でしたが、こちらはいささか観光向けになって来ているような。まぁ、それでも、彩り豊かな物を見ると幸せな気持ちになります。

到着したら、寄って来るわ来るわ、物売りの民が。
2時間あまり、ずっと後ろを付け回され、初め、700ケツァール(約8500円)と言っていたのに、最後は300ケツァール(約3700円)に値切った。
たぶん、それでも高いんだろうけど、作るのに3ヶ月掛かって言うから、まぁ、仕方なし。
私ってば非情だわ。
見てよ、この刺繍。めちゃめちゃハートフル。
(追いかけ回されて迷惑してたくせに、本当は、めっちゃ、欲しかったのさー)

b0026633_1223166.jpg


歩き疲れて、再びシャトルに乗って、今度は湖の街・パナハッチェルへ。
グアテマラは火山の国でして、わりと標高が高いところに街があるので、気温がグッと下がります。
ぶるぶる車内で震えながら、隣りに座っているオランダ人カメラマンと談笑。

「マヤの人に写真を撮らせてもらうために、毎回毎回、チップを渡してたら、お金がなくなっちゃったよ」と彼。

しっかり、グアテマラ少年を機材運搬アシスタントとして雇っていた。
本物の撮影旅行なのね。
私はホリデイ99%、おまけにコンパクトデジカメ大活躍のゆるすぎるカメラマン。反省。

パナの宿は湖を見渡せる静かな場所に佇むCasa Ramos。
トイレ・シャワー付き、シングルで16ドル。かなりお勧めな宿でございます。
パナの街は、地元グアテマラ上流階級人のバカンスでとってもにぎやか。
湖の近くはとっても呼吸が楽しい。
これってマイナスイオン効果なのかしら?
グアテマラに来て、やっと落ち着けた日でありました。

b0026633_1414881.jpg


b0026633_142126.jpg


マンゴー、美味い!!!
1個、15円ほど。旅の間の貴重なビタミン補給。
さー、これでやる気が出て来た。グアテマラを楽しもう!
[PR]



by akaring-sun | 2009-05-10 01:43 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧