ホホエマシイ旅人

神のみぞ知る

「ネットで借りて自宅に届きポストに返却」利用者のakaringです。

マンマ・ミーアを観て以来、メリル・ストリープ波が押し寄せているので、
注文したのは、「母の眠り」という10年前の作品。
と、ずっと観られてなかった「JUNOジュノ」。
2つとも命を題材とした作品です。
前者は、メリル演じる末期ガンの専業主婦とレネー・ゼルヴィガー演じるキャリアウーマンの娘の心の距離を。
後者は、不本意で妊娠してしまった子を養子に出す高校生の話。

考えさせられますね。死も生も。
先日の不妊治療のニュースもありますし。

キリスト教社会では、命は神様にいただいたもの。というような意識があるので、
養子縁組も臓器移植も、受け入れやすい環境にあると思うのです。
高校生の時、ホームステイしていた家の隣には、白人の両親にアジア系、アフリカ系の子供達がいました。
マドンナやブランジェリーナに限ったセレブの話ではなく、一般的な事なのです。
個人主義の欧米社会が、こういう命のリレーに積極的なのは、
「命は神様の贈り物」という共通認識が後押ししてるのではないでしょうか?

日本は、命は親に与えられたもの。と表現される事が多いです。間違いではありません。
でも、少しその概念を解く必要があると思うのです。
各国の改定により海外臓器移植がさらに困難になったのです。
はっきり言えば、自分の国の患者は自分の国で面倒を見なさい。という事になったのです。
今まで、法律という盾を利用して他国に甘えて来たわけで、皆がじっくり考えるときなのでは。

定額給付金出るんだったら、こんな活動しているところに何割か寄付かな。

それが私のプライド。
(今井美樹風)

麻生さん、聞いてる?
[PR]



by akaring-sun | 2009-02-22 23:54 | movie

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧