ホホエマシイ旅人

コスタリカ part 1.

中南米は遠いな~。

成田ーアトランタが約14時間。
予約の時に「絶対に通路側」と、エリートメンバーの権力を行使したのに、
成田のチェックインカウンターで「窓側しか空いてません」とあしらわれる。
むむむむ。

アトランターサンホセはマイルを使ってビジネスに乗ることになってたので、
まぁ、仕方ない。こんな所で怒ってエネルギーを使うのはもったいない。
さっさと切り替えて、出国済ませて、リニューアルしたNWのラウンジへ。

いつもお世話になっているAF&KLMラウンジのお隣。
エッジの効いたヨーロピアンデザインのAF&KLMさんとは、180度趣が違って、
善くも悪くも、まさにアメリカ。
ビックチェーンホテル(ホリデイインとか)のロビーと言った感じ。
フィンガーフードが充実しているので、お腹が空いている方はこちらへ。

窓側の席。更に貧乏くじ。お隣はハネムーンの若いカップル。
ずーっと手を握って、見つめ合って甘ーい感じでしたわ。
「すいません」とトイレに行くのも気がひけます。

一睡もせず、アトランタ到着。
巨大空港の割に、ショッピング&フードが全くいけてない。
4時間近くのトランジット。結局、デルタのラウンジへ。
これがまた、ベストウエスタンのロビーみたいで、雑多で落ち着かない。
早めにゲートに行って椅子で居眠り。

定刻通りのサンホセ行き。
ビジネスシートに座った途端、ウエルカムドリンクもパスして、爆睡。
美味しい臭いにちらっと目を開けたら、スペイン語訛りの英語で、
「あなた、ビーフでいいわね」
とティナ・ターナーにそっくりなCAさんが確認。
というか、ビーフしかないんでしょ。アップグレードには冷たいなぁ...。

b0026633_227127.jpg


暇なので、機内食の写真。(あ~、まずそうに撮れてしまった...)
その後、ウトウトしていたら、あっさりサンホセ到着。
税関では何も聞かれず、無言でスタンプ押されて、祝・コスタリカ入国!
空港出口横にあるオフィシャルタクシーの窓口で行き先を伝えて、チケットを購入。
空港近くの古都・アラフェラまでは一律4ドル。
前払いチケット制というのは、ちょっと割高でも、ぼったくられる心配もなく、
深夜の近距離に堂々と乗れるので、女ひとり旅行者にはとってもありがたい。

家を出てからちょうど24時間。
MALEKU HOSTEL到着。
ホステルブッカーの評判通り、ホステルというよりはB&Bのような心地良さ。
空港近くの住宅街の一角にあり、各方面へのバスターミナルへも徒歩3分。
これからコスタリカの旅をはじめる人、終える人には、ぴったりの場所。
夜な夜なお酒飲んでリビングを占拠するスチューデントバックパッカーは見当たらず。
ソファーでコーヒー飲みながら本読んでる大人の旅行者が多い。
コスタリカに行く方、本当におススメです!
ドミトリーは12ドル、プライベートルームは25ドルから。
http://www.malekuhostel.com/index.htm
ちなみに、MALEKUから空港へ向かうタクシー料金は宿が出してくれます。
ぼったくりタクシー防止。素敵なサービス。

朝イチのフォルトゥーナ行きのバスに乗るため、就寝。

長ーい一日目、終了。
[PR]



by akaring-sun | 2008-12-09 03:02 | voyage

職業・写真を撮る人。  余った時間日本にいない人。
by akaring-sun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

世界の呼ばれるスポット

1、コスタリカの森
2、サハラ砂漠
3、中禅寺湖
4、石垣島あかいし
5、サパ(VEN)
6、アントワープ(BER)
7、ジェルバ島(TUN)
8、ナザレ(POR)
9、メテオラ(GRE)
10 千葉・鵜原守屋海岸

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧